時は下剋上と裏切りが蔓延し、血で血を洗う戦国時代。
山賊に身を落としながらも、殺された仲間たちの復讐の機会をうかがう男は、ある時立ち寄った山で、守神の座を追われた山犬の化身に出会います。

恨みの炎に身を焦がす人間の男と、全てを諦観している人外の女。
根本的に相容れないはずの二人は、なぜか共に旅をすることになりますが・・・。

戦国ピカレスクファンタジー『ねじけもの』の初単行本が6月9日より発売中です!

舞台は戦国時代の九州・日向国。
物心つくころから共に戦ってきた武士仲間を、蜥蜴の紋を掲げる男に皆殺しにされた若武者カガシ。
彼は死体あさりや野伏狩りといった山賊まがいの事をして生き延びながら、復讐の炎を絶やすことなく「蜥蜴」の男を追い続けてきました。

ある日、行きがかりで妖怪退治を引き受けたカガシは山中で山犬に襲われ、あやまって谷底に足を滑らせてしまいます。

気がついた彼を介抱していたのは、超然とした雰囲気を持つ大柄な女。
山犬の化身だと称する女は、元は山神として里の人間に崇められていたそうですが、その後災いをもたらす存在として忌み嫌われるようになり、祠ごと谷底に落とされて百年近くそこで暮らしているのだといいます。

そこまでされていながら人を恨むことがない・・・それどころか一切激情らしいものを感じられない山犬の女に、カガシは激しい違和感を覚えるのですが、山犬の女の方はカガシに興味を持ったらしく、彼についてくるようになります。

山犬と山賊という、相容れない者同士の復讐行が始まるのでした、、、

※ ※ ※

ビジュアル的には、山犬の女・縣(あがた)の方がカガシよりもかなり大柄である点が目を惹きます。
格闘物の敵の女格闘家などにたまに見られるキャラクターですが、主人公側で登場するのは珍しいかも。
あと温和そうな外見・性格でありながら、人外だけあって人の命をなんとも思っていないらしい描写がされているのが巧いです。

※ ※ ※

獣妖怪としては縣のほかにも、彼女と因縁があるらしい雌狐の妖怪も登場します。縣も雌狐も頭に獣耳っぽいものが付いているのですが、髪の毛なのか本物の獣耳なのかは分かりません。
photo_1045







『ねじけもの』1巻P39(肋家竹一/新潮社)










「自分が狐だと忘れないように」あえて髪に狐の耳の形をつくっている『戦国妖狐』のたまがそうですが、あまり萌えを意識していない伝奇・妖怪作品だと、獣妖怪の獣耳はあくまで「元が獣である者」の象徴であって、本物の耳としての機能はないことが多いです。
『ねじけもの』もそのパターンなのかもしれませんね。
戦国妖狐 16 (コミックブレイド)
水上悟志
マッグガーデン
2016-02-17


※ ※ ※

昔の日本における「山犬」という呼称が結構色々な獣を指すので、縣がなんの獣であるのか少し悩みましたが、作中で「友」と呼んでいる獣が狼のようなので、とりあえず狼耳にカテゴライズしました。

妖怪モノで時々でてくる「貉(ムジナ)」も悩む時があるんですよね、、、



萌え ブログランキングへ