過労死したアラフォー社畜が異世界のエルフに転生!
でも、社畜生活が長くてなかなか前世の感覚から抜け出せませんが・・・。
今度こそホワイトな人生を送ることができるのか!?
『小説家になろう』発の『アラフォー社畜のゴーレムマスター』、単行本版1巻が5月29日より発売中です!

アラフォー世代の松田毅はブラックな警備会社の名ばかり支社長として、サビ残休日出勤当たり前、三年間ほぼ無休で働き続けた結果、心不全を起こして死んでしまいます。

彼は死後の世界で、豪華絢爛で贅沢が鼻につくショーン・コネリー似の自称「神」と取引した結果、神を「楽しませる」代わりに、チート能力を与えられて異世界に転生することになりました。

魔法種族エルフとしての肉体と、イメージをするだけで様々な魔法人形・・・「ゴーレム」を創造し、操ることのできる土魔法のチート能力を手に入れた松田。
彼は右も左も分からない異世界で、意思を持った怪しい杖「終末の杖・ディアナ」と、野盗に囚われていた人狼族の少女ステラに出会い、理想のホワイト生活を求めて旅立ちます!

理不尽な上司が、理不尽な「神」に代わっただけの異世界で、果たして松田は新しい人生を切り開けるのか?

※ ※ ※

異世界に転生してチートな能力を持っても、主人公・松田の社畜視点(日本的平社員の考え方)が貫かれているのが他の異世界転生ものとの大きな違いです。

こちらの現実世界では平凡な人間という設定でも、異世界でチートな能力を身につけることで思考・態度がリーダー風になっていくキャラは結構いるんですが、松田は『走れメロス』のメロス的な「難しいことはよく分からないが、人を虐げる奴はとにかく許せない」といった激情が行動基準になっています。

あと松田の年齢が(こういう設定の小説としては)高めなので、ヒロインの一人である人狼少女のステラを恋人でも妹でもなく「自分の娘」として見てしまっているのも独特です。

※ ※ ※

はぐれ人狼少女ステラはいつも無邪気に「わふわふ」言って松田になついている、狼というよりワンコな少女です。
かなり好戦的で、向こうみずに敵に襲い掛かろうとするところを松田に止められることもしばしば。

少し変わっているのが、人狼族は通常の食事以外に魔力を摂取する必要があり、魔力を摂取するには「血肉」を直接食べるのが(他に供給魔法などの手段が無い場合は)一番、という設定。その結果、松田の高濃度の魔力を宿した「血」がステラの強力なエネルギー源となるので、ステラが松田から血をすするような場面が見られます。

このあたりはどちらかといえば吸血鬼モノによく見られる設定なのですが、人狼と吸血鬼は言い伝えによっては同族とみなされる魔物なので、人狼娘が血をすするのもアリといえばアリなんですね。



萌え ブログランキングへ