オスばかりに不幸が続いて、メスばかりが残ってしまった動物園。
園長さんによる謎の研究によって日が沈むと人間の姿に変身するようになった動物のメスたちは、オスを求めて人間(男)の飼育員に襲い掛かります!

動物ガールと健全に(!)コミュニケートする、かなりえっちぃケモミミ漫画『けもっ娘ど~ぶつえん!』の2巻目が5月19日より発売中です!

とある地方にある「極楽島動物園」は、オスばかりに不幸が続いて動物が激減してしまったため、お客さんも減少し、存亡の危機に陥っていました。

そんな中、園長の怪しい研究が功(?)を奏して、夜になると動物たちは人間の女の子の姿に変身できるようになりました!

当初は女の子になった動物たちが動物園にいる数少ないオス・・・飼育員の種田君を頻繁に襲っていましたが、最近は逆に種田君が女の子をたぶらかしているとして彼を敵視するけもっ娘も出始めて、なんだかんだで種田君は苦労することになるのですが・・・・。

※ ※ ※

本作の帯が『けものフレンズ』を思わせるものになっているんですが、まさかこの作品よりも『けもフレ』の方が有名になって、その宣伝効果を利用するようになるとは1巻の時点(昨年11月)には思いもよらなかった事態です、、、

もともと2015年くらいから、本作も含めた動物擬人化作品が流行り始めていたので(例:『キリングバイツ』『DNAは教えてくれない』)、その中で頭一つとびぬけたのが『けもフレ』ということなんでしょうね。

『キリングバイツ』が動物の戦闘能力、『DNAは教えてくれない』が動物のコミュニケーション方法、『けものフレンズ』が(子供向けになることも意識した)動物全般のウンチクを中心に擬人化しているところで、本作は(大人向けの)動物の恋愛や性に関わるウンチクを中心にかなりえっちぃ漫画に仕上げている点が特徴です。

登場する主なケモミミ娘は次のとおり。
●母性あふれる砂漠の女神、ラクダのファティマ。
●家族が欲しくて脱走する!フェネックのフェネ。
●メスだけどメスのハーレムを作る!ブチハイエナの女王様・ブチ。
●初めての発情期に戸惑うアナウサギのイナバ。
●超恥ずかしがり屋のトナカイのコメット。
●種田君に恋するハシブトカラスのクロ。
●動物園のために搾乳を頑張りたいホルスタインの育美。

個人的にはフェネが狐というより犬っぽくてカワユイのと、『お父さんココに穴掘ろう!穴!』という、けもフレのフェネックにはなかった穴堀りネタが出てくるのが良かったかな~

ちなみに全員、けもフレでも登場する動物なので、吉崎観音デザインと比較してみると面白いかも。

※ ※ ※

下のコマは種田君に対してかなり反発しているアナウサギのイナバが抵抗するシーンですが、彼女のウサ耳の描き方には特徴があります。両耳の根元の間隔がかなり狭い。
photo_1033







『けもっ娘ど~ぶつえん!』2巻P73(めぷちん☆/秋田書店)











このタイプのウサ耳の描き方は2010年ごろから時々見かけるようになったもので、他の漫画では『らびっとアリス』の兎アリスがこのタイプのウサ耳を持っています。



確かにこのタイプのウサ耳はウサギっ娘がより本物のウサギっぽいフォルムになるので、工夫されている感じがします。
誰が最初に描き始めたのかが気になるデザインです。



萌え ブログランキングへ