冒険者たちの間でひそかに噂される「泊まると死なない宿屋」。
その秘密は・・・セーブ&ロードができること!

どんな新人冒険者もトライ&エラーの「稼ぎ」によって、わずか数日で大レベルアップ!
しかし最近は、レベルアップだけでは解決しない問題も多いようで・・・。

大作長編Web小説が多い中では珍しい、連作ファンタジー『セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~』の3巻目が3月24日より発売中です!(Kindle版は4月25日配信予定!)

大通りから一本裏通りに入った場所にある二階建ての質素な宿屋「銀の狐亭」。
どう見ても元・冒険者には見えない奇妙な宿の主人と、どう見ても少女にしか見えない愛らしい獣人の婦人によって切り盛りされているその宿は、冒険者たちの間で「そこに宿泊すれば死なない」と噂されるいわくつきの宿です。

そんな宿屋に、今回も思い詰めた末にやってきた二人の女性の物語と、
「銀の狐亭」の由来に関する過去の逸話が描かれます。

ひとりは、伝説の聖剣を求め、それに比肩するような剣を鍛えたいと考えているドワーフ娘の鍛冶師コリー。
もうひとりは、奴隷仲間を解放するための資金を欲している元・剣闘奴隷の猫獣人オッタ。

今回のふたりの問題は、単に戦闘技能を高める(=レベルアップする)だけでは解決しない複雑な内容なのですが、「銀の狐亭」の面々はいかにして解決するのか・・・?

※ ※ ※

3巻の表紙は宿屋の主人アレクの若い頃の「師匠」である、魔族の「はいいろ」(中央)と、狐獣人の「狐」(右)と「輝き」(左)です。

この三人が、[ なぜ「銀の狐亭」は銀色の狐がいないのに「銀の狐亭」と呼ばれるのか ]の鍵を握っています。

3巻は登場人物がケモミミだらけといった感じで、第6章の『ヨミの回顧録』でも「狐」と「輝き」が話に大きく絡んできますし、第8章ではオッタがそのまま猫耳娘ですし、彼女との関係で宿のウェイトレスをしている双子の猫獣人の姉・ブランの話も出てきます。

さらに本作の世界ではドワーフも犬耳っぽい種族になっていて、ドワーフ娘のコリーもロップイヤー型の耳を持っています。
ドワーフが犬系種族になるのは、『ウィザードリィXTH』が起点となり、『ととモノ。』が広めた「ドワーフ」の設定の影響が大きいんでしょうね。




萌え ブログランキングへ