微妙な田舎町・福猫町に引っ越してきた女子中学生のもとに、どう見ても女の子にしか見えない不思議な猫がやってきます!
ほっこり幸せ猫耳漫画『ふくねこ』の初単行本が3月11日より発売中です!

東京から「都内から電車で一本」という微妙な田舎・福猫町に引っ越してきた中学二年生の海子。

両親のいない海子ら3人姉弟にとって、家賃無しで住める「亡くなったひいお婆ちゃんの家」に引っ越すことは、家計の上で大きなメリットのある選択ではあったのですが・・・・・・海子は友達のいない町に引っ越すことが不満で、引っ越した後もずっとゴネていました。

そんな海子の前に突然現れた、おかっぱ頭で猫の耳が生えた女の子。

近所の子が家に入り込んできたのかと思って慌ててお姉ちゃんを呼び出すのですが、お姉ちゃんはなぜかその子を見て「カワイイにゃんこ」と言い出します。

どうやら、お姉ちゃんにはその子が猫に見える・・・いや、そうではなくて・・・海子にはその猫が女の子に見えるようなのです!

福猫町の学校に通い始めた海子は、他にも「猫が人に見える」同級生と出会うことになり、福猫町の不思議な伝説の一端に触れることになりますが・・・!

※ ※ ※

猫の擬人化?のようでありながら、実際に人型のようでもある、という点から見ると最近のケモミミ作品では『ねこのこはな』『にゃんこデイズ』の系統に属する作品といえそうです。


にゃんこデイズ (1) (MFC キューンシリーズ)
たらばがに
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-12-26


本作のフクは、実際のところ小さな女の子としてより、猫として扱われている度合いが強いです。
その点は、海子がフクを抱いている下の扉絵でもわかります。
海子の抱き方が、フクの前足(手)の下に腕を入れて、お尻を下の方から支える「猫を抱くやり方」になっているんですよね。
photo_1005








『ふくねこ』1巻P6(松沢まり/双葉社)













漫画における「猫の抱き方」は、最近わりとこだわっている作品が多くて、猫耳漫画では『猫神じゃらし』でも、そのあたりがさりげなく表現されていたりします。

要チェックです!




萌え ブログランキングへ