ある日突然、動物たちが人間の女の子に変身!するようになった世界。
そんな元・動物の女の子たちは、人間と共存できるように、しっかり学校で人間のことをお勉強します。

漫画史上最多種!の獣耳娘が登場する、もふもふで百合百合でちょっとえっちぃケモミミ漫画『DNAは教えてくれない』の2巻目(完結)が3月9日より発売中です!

急激な地球環境の変化により、動物の一部が人間の少女(!)の姿に変身するようになった世界。

「アーコイド」と名付けられた人間でも動物でもない彼女たちは、無限の可能性を秘めた「新しい生命体」として、四国に作られた「アニマリウム」と呼ばれる学校兼研究施設で、人間社会に適応するための訓練を受けています。

北アメリカ北西部の山岳地帯でアーコイドに変身した野生羊(ビッグホーン)の「ようこ」は、それまで育ててくれた「ご主人」に送り出されて、このアニマリウムにやってきました。

自分と同じ羊(オーストラリア・メリノ)の女の子「ふわこ」と紆余曲折あって意気投合し、友達になったようこ。

アニマリウムの生活にもだいぶ慣れてきたところで、この施設にあるもう一つのクラス「野生動物(ワイルド)コース」の生徒との交流が始まります。

ふわこのような飼育動物出身の「飼育(ハウス)コース」のアーコイドたちにとって、野生を残したワイルドコースの子たちとの交流はかなり刺激的!で・・・特に半分野生で半分飼育された存在であるようこは、ありえたかもしれない別の選択肢のこと(野生動物コースに行っていたら・・・)を考えてしまいます。

そんな中、アニマリウムを揺るがすような大事件が・・・!

※ ※ ※

多種多様な動物の擬人化モノ、という作品群が一ジャンル作れるくらいに出揃ってきた感があります。

今、大ヒット中の『けものフレンズ』に加えて、『けもっ娘ど~ぶつえん!』、『ケモノキングダムZOO』、さらに『キリングバイツ』がこのジャンルに加わるでしょうか。




各作品で動物のどの能力に着目しているかが違うため、同じ動物でも作品によって結構違う描写がされたりするのが面白いところ。

例えば『けもっ娘ど~ぶつえん!』が動物の性愛に注目しているのに対して、『けものフレンズ』は性愛関係のネタはどちらかというと外す傾向があり、『キリングバイツ』は動物の戦闘能力に特化した擬人化をしている、など・・・。

本作『DNAは教えてくれない』の場合は、動物のコミュニケーション方法に注目している感があります。群れをつくらない神経質なロバ娘のドニーと、他者が縄張りに入ってくることにあまり頓着しないシロサイ娘・ライニーのエピソードは、動物同士の関係性がすごく上手く描かれているかと。

※ ※ ※

今回、気になったのは下のコマ。
ヒト科ヒト属ヒトの女の子(2歳)に付け耳ならぬ「付け角」を作ってあげるようこ。
photo_1004







『DNAは教えてくれない』2巻P110(みんたろう/講談社)














「付け角」というアクセサリーはかなり新しいと思うのですが、近年、竜娘orドラゴン娘の登場する作品が増えてきているので、将来的に「付け角」も一つの表現法として定着するかもしれませんね。



萌え ブログランキングへ