王国創造箱庭ゲームに中学三年間を費やして、ついにケモミミ種族だけが住む理想の王国を完成させたハジメ少年。
さらにその理想の王国の中に異世界転移するという素晴らしい幸運に恵まれたわけですが、転移したケモミミ王国は、ゲーム上存在するはずのない“敵”に脅かされていたのでした!
王国の「創造主(クラフトマスター)」としてハジメ少年にできることは・・・?

ケモミミ好きにダイレクトアタックする異世界転移モノ『箱庭王国の創造主サマ(クラフトマスター)』の2巻目が2月27日より発売中です!

『クラフトキングダム』という某マインクラフトに似た王国創造箱庭ゲームに中学三年間のすべてを費やして、理想のけもみみ王国「アリアンロッド王国」を完成させた阿形ハジメ少年・15歳。

完成直後にゲームの中へと転移してしまったハジメは、ケモミミ住人しかいない理想の王国を堪能する間もなく、正体不明の“敵”――クローズドの箱庭ゲームにはありえない存在――との戦いに巻き込まれてしまいます。

ハジメのことを「パパ」と慕う天然狼っ子の騎士クゥに、スコティッシュ猫系のツンデレ王女様アリアンロッド、そしてクゥが大好きすぎて変態的になっている兎耳魔法使いマギ・マビノギオンといったケモミミ娘たちの力を借りながら、自ら創造した王国を守るために戦うことを決意したハジメ。

異世界に来たことで建築物造成や地形変化を起こす能力(ゲームでやっていたことと全く同じ能力)を得たハジメは、もともと全く戦争向けでは無いアリアンロッド王国を城塞に造り替え、今後の戦いに備えます。

そんな中、“敵”の最強の刺客ともいえる存在が王国に単騎斬り込んでくるという事態が発生し、ハジメたちは窮地に陥ることになりますが・・・!

※ ※ ※

「もともと戦争の無い世界として造られていた」という点が、なかなか興味深い形で物語に絡んできて、先が気になる展開になってきました。

中世ファンタジーっぽい世界を舞台とする物語では、つい創作者が「騎士」という役職のキャラを作ってしまいがちなのですが(ハジメも良く考えずに「創って」しまった)、そもそも戦いの無い世界における「騎士」の役目とは・・・?という点を掘り下げていっているのが面白いです。

こういう視点から見ると、アリアンロッド姫をはじめ魅力的なケモミミ娘が多く登場する作品ですが、メインヒロインとして想定されているのは「騎士」の狼っ子クゥなのかなとも思います。
1巻の表紙もクゥでしたしね。

※ ※ ※

今回気になったコマ。
クゥは刺客との後半戦で、ほぼ頭からマントをかぶった格好で戦います。
photo_1002








(『箱庭王国の創造主サマ』2巻P122(七桃りお/アスキー・メディアワークス)
















こういう「せっかく魅力的な獣耳が生えているのにわざと隠してしまう」ような服装をするキャラ(『ダンまち』のリリルカ・アーデなど)を、近年ときどき見かけます。

少し前だと『狼と香辛料』のホロもそうですね。
狼と香辛料 (12) (電撃コミックス)
小梅けいと
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-08-27


物語上の仕掛けとは別に、わざと隠すことで読者の想像を膨らませて、フードを脱いだ時に見える獣耳をより魅力的に感じさせる、という効果も発生しているのかもしれません。



萌え ブログランキングへ