今季注目している猫耳(?)アニメの感想です。
一気にまとめて、、、

●『にゃんこデイズ』第5話・・・「はじめての寄り道」
猫耳アニメなのに猫が出ないという衝撃!
とはいえ、漫画原作もわりと「友子と友人関係」を描く作品だったりするので、5分尺だと猫が出てこない場面があって不思議ではないのかも。



●『にゃんこデイズ』第6話・・・「あづみとエルザ」
あづみが友子の話をしている時、エルザが尻尾を大きく振っているのが気になります。
漫画原作には無い(というより、コマ内に尻尾が入っていない)描写なんですよね。
エルザは若干友子に嫉妬している様子があるので、尻尾の動きは「不愉快」を示しているんですかね。



●『にゃんこデイズ』第7話・・・「ネコたちの日常1」
にゃんこマジ天使!
ろーが手をなめているシーンを見ると、やっぱり猫だなあとしみじみと感じたり。
漫画だとHOTATEの場面の後に、しーがお腹をなめるシーンもあったり。



●『にゃんこデイズ』第8話・・・「ネコたちの日常2」
しーがかわゆすぎる回。
ネコ用トンネルは本当にリアル猫が興味を持つのか謎。



●『にゃんこデイズ』第9話・・・「その名は、嵐」
猫耳アニメなのに猫が出ないという衝撃その2!
原作通りに行くと、次の話もギリギリ猫が出るか出ないかになりそう。
嵐はもう少し話が進んで、ろーとの絡みが出てきてからが面白いんですが・・・。



 萌え ブログランキングへ