おさらい
  その1はこちら  その2はこちら  その3はこちら
  その4はこちら  その5はこちら  その6はこちら
  その7はこちら  その8はこちら  その9はこちら
  その10はこちら

※メインストーリー全10章のうちの第1章です。

------

アニメ版『けものフレンズ』の考察に役立つかもしれない、アプリ版のストーリーのダイジェストを順次まとめていきたいと思います。

アプリ版プレイヤーから見て、アニメ版『けものフレンズ』の考察が捗る理由のひとつとして、アプリ版のプロローグで呼びかけてくる謎の声が何だったのかが、ゲーム中でははっきりと解明されなかった、という点があります。
語られざるメインストーリー第2部の伏線になっていそうだった)

メインストーリー第2部=アニメ版という可能性も含めて、今こそアプリ版に注目すべきではないかと思うのです。

※ ※ ※

ちなみにアプリ版ストーリーの魅力は、フレンズたちの軽妙なノリツッコミに満ちた掛け合いにあるので、当方のまとめでは本来の魅力の1000分の1も伝えきれないと思います。

ぜひ実際にアプリ版をプレイして・・・・・と言いたいところなのですが、すでにサービス終了しているので、ここはせいいっぱいアニメを盛り上げて、アプリ版復活もしくはオフライン版ソフト発売につながるようにしたいところですね!



【プロローグ】プレイヤーに呼びかける謎の声

 あなたは忘れてしまうでしょう

 ともに過ごした日々と私のことを・・・・・・

 私は忘れない。
 あなたの声、ぬくもり、笑顔・・・・・・その優しく純粋な心

 どれほどの時が経っても・・・・・・
 あなたが全てを忘れてしまっても・・・・・・
 私は決して忘れない

 本当に、ありがとう

 いつかまた、きっと私たちは出会えるから・・・・・・

 今は、さよなら・・・・・・
 〇〇〇(プレイヤー名)・・・・・・

【プロローグ】サーバル登場
パークガイド(ミライ)さんに呼びかけられて、目を覚ますプレイヤー。
ガイドさんの話によると、プレイヤーは特別招待を受けて限定開放中の超巨大動物園「ジャパリパーク」にやってきたというのだが、それまでの経緯は全く思い出せない

まだ事情がのみこめずサファリバスから降りてぼんやりしているところで、モンスターに追われている猫耳尻尾の生えた女の子サーバルを発見する。
photo_696













助けなければと思っていると、突然、プレイヤーの胸元が光り出す!
なぜか持っているお守り(ルーペ型のペンダント)が激しい光を放っていて・・・その光を浴びたサーバルは「力が湧いてきた」と言ってモンスターに反撃を試みる。
サーバルの悲鳴を聞いて駆け付けたヒグマの助太刀もあり、プレイヤー&サーバルたちは見事にモンスター(=セルリアン)を撃退する。

フレンズ単体でも元の動物としての力は出せるが、プレイヤーの「お守り」の力が加わることで、フレンズはセルリアンを圧倒するほどの戦闘力を発揮するようになるらしい。

ガイドさんは戦闘の様子を見て、プレイヤーがジャパリパークに招待されたのは「お守り」を持っているためかもしれない、と語る。
ちなみに、ガイドさんもプレイヤーが招待された理由は知らないらしい。(管理センターからパークを案内するようにという指示を受けただけ)



【第1章】偽サーバル登場
サーバルとともにジャパリパークを巡ることになったプレイヤー。
セルリアンも断続的に襲いかかってくるのだが、ガイドさんによると今、パークのあちこちにセルリアンが出現していて困っている状況なのだという。

そんな折、セルリアンの群れの中に見慣れない姿のモンスターが混じっているのを見つける。
photo_697













サーバルにそっくりな姿をしたモンスターは、ガイドさんが解析を試みる間もなく、姿を消してしまう。(ちなみに、ガイドさんの眼鏡にはパーク管理センターのデータベースと連動した解析機能が付いている

その後、偽サーバルはアフリカゾウカラカルの前に姿をあらわし、偽サーバルを見たフレンズたちは彼女?をサーバルと勘違いしてしまう。
特に、おやつのジャパリまんじゅうを偽サーバルに奪われてしまったカラカルは、サーバルと絶交する勢いで激怒する。
photo_698













photo_700













サーバルとプレイヤーはカラカルの誤解を解くべく、偽サーバルを追ってジャパリパーク草原エリア(通称「キュウシュウチホー」)の奥深くへと入り込んでいく。

・・・そして、ようやく見つけた偽サーバル。
何かの目的をもってどこかへ向かおうとしているようで、捕まえようとすると多数のセルリアンとともに襲い掛かってくる!
photo_699













なんとかセルリアンの群れを撃退したものの、偽サーバルはそのまま森林エリアへと消えて行ってしまう。

このままだと偽サーバルがあちこちで事件を起こして、それが全部サーバルのせい、ということになってしまうかもしれない!

サーバル&プレイヤーたちは、誤解が解けて仲直りをしたカラカルを仲間に加え、偽サーバルを追って次の森林エリアに向かうのであった、、、



【第1章のポイント】「ジャパリパーク」「サンドスター」
「ジャパリパーク」は世界中の様々な動物が集められた超巨大総合動物園。
世界各地の気候と植生を再現した8つの「チホー」エリアと、玄関口となる[ 遊園地・ホテル・レストラン・ショッピング ]のエリア「パーク・セントラル」から構成される。

パークにはよく見かける動物だけでなく、稀少種や、絶滅してしまったといわれる動物まで集められており、世界でもここだけでしか見られない動物も数多い。
photo_701













(※絶滅種までいるのは、パークに絶滅動物専門の研究スタッフがいることが関係していると思われる。後のストーリーでキーパーソンとなるガイド(ミライ)さんの先輩「カコ」さんが絶滅動物の研究スタッフの一人。某ジュラシックパークように何らかの生物工学的手段で復活させたのだろうか?)

パークに集められた動物が女の子の姿になったのは突然のこと。
「砂の星(サンドスター)」と呼ばれるものが原因と思われるが、詳しいことは何もわかっていないらしい。

「アニマルガール」や「フレンズ」という風に呼ばれる元・動物の女の子たちは、普通の動物だった頃のことも記憶しているようで、サーバルも時折、動物だった頃があることを匂わせる発言をする。
photo_702
















 萌え ブログランキングへ