季節が何度巡ってもなぜか年をとらない電波少女・市松こひなと、彼女を何年も見守り続ける低級狐妖怪・コックリさん。
今、この漫画の謎が明らかになる・・・・・・!

『繰繰れ!コックリさん』の最終巻・12巻目が1月21日より発売中!

今回のラインナップは・・・
「語弊餅を食べたコックリさんが放送事故的な話」
「コックリさんがカプメン食を見直してみる話」
「妖怪三身合体の話」
「こひな、地獄めぐりの話」
「プロストーカー・狗神の日常の話」
「こどもの日の話」
「借金返済のため猫耳娘クラブ「朝やけにゃんにゃん」で働かされるの話」
「ターミネーター狐、登場の話」
「カプメン映画を見に行く話」
「コックリさんだけどハロウィーンもお祝いする話」
「すべての謎が明らかになる最終話!」
の以上11編です。

これまで通り、初夏(こどもの日)・夏・秋(ハロウィーン)と順番に季節が巡っていくわけですが・・・最終話ではこの構成自体に強烈なツッコミ・・・もとい、大掛かりなどんでん返しが展開されます。

最終話は予想外の感動があったり。一読の価値ありです。

ちなみに、本作の舞台が鎌倉市(神奈川県)であることに今更ながら気づいたり。
(もしかしたらどこかで語られてたけど、忘れていただけかも)
実はご当地モノ漫画の要素があったのかー!と発見の多い最終巻です。

 ※ ※ ※

第113憑目『ぐるぐるーぷハロウィーン』から最終話まで、こひなは猫耳コスプレの姿で通します。
photo_695


『繰繰れ!コックリさん』12巻P160(遠藤ミドリ/スクウェアエニックス)



 
普段から狐耳パーカー姿が多くて、ある意味いつもケモミミコスプレしている彼女ですが、猫耳コスプレもかなり似合っています。
こひなのキャラクター的には、もともと狐より猫っぽい感じがしますし。

・・・実のところ、普段の狐耳パーカー姿を最終話で外してあえて猫耳にしたのは、後半のシーンでコックリさんとの対比を強く出すため(互いに相容れないものであることを強調するため)なのかなと考えています。

付け耳を物語上の重要な小道具として使っている一例、といえるかもしれません。



萌え ブログランキングへ