「学校で一番の変な人」の許嫁になってしまった女子高生。
さらにその彼はキツネだったりして!

彼の周囲にいる人も獣耳が生えていたりして、なんだかみんな変な人ばかり・・・・・・と思っていたら、自分が一番「変な人」だったかも!?

放課後もふもふラブコメディ『星姫と孤高のきつねくん』の完結編2巻が10月22日より発売中です!

東山星姫(ひがしやまほしひめ)はごく普通(自称)の高校二年生。

ある日、彼女は祖母から、実はずっと前から決められていた許婚がいることを教えられ、その許婚が「宇宙人」と呼ばれているような学校一の不思議男子である藪之内真王(やぶのうちまお)であることを知りビックリします。

成績も良く、運動能力も抜群で、外見もまあまあ良い真王。
能力面だけ見るとなかなか魅力的な相手ではあるのですが、雨に濡れると大きなキツネの耳と尻尾が生えてくる!という彼の正体を知って、星姫は二度ビックリ。

実は星姫の家は、古より聖獣を従えて魔を討つことを使命としてきた巫女の家系であり、真王は巫女に従った獣の末裔だというのです。

自分は普通だと思っていたのに、突然わけの分からない運命に翻弄されることになった星姫は、真王とどういう風に関係を結んでいけばよいか思い悩むことになりますが・・・・・・。

※ ※ ※

不器用な真王と星姫のカップルも良いのですが、個人的には真王をライバル視している兎耳の因幡騎士彦、そして星姫が気になっている熊耳の旭川姫百合の二人組が良い味を出していると思います。この二人で別に外伝を作ってほしいかも。

※ ※ ※

本作のケモミミ描写の特徴として、真王と姫百合がケモノに変身すると髪の色が大幅に変化する、という点があります。
真王は黒髪からキツネっぽい金髪に、姫百合は薄い髪色からクマっぽい濃い髪色に変化します。
ウサギになる騎士彦は髪色の変化はないのですが、兎になるとやたら恥ずかしがってドギマギして、強面の不良っぽい表情が崩れるのが大きな変化かもしれません。

【変身前】
photo_649




『星姫と孤高のきつねくん』1巻P123(東ジュン/スクウェアエニックス)











【変身後】
photo_648





『星姫と孤高のきつねくん』2巻P61(東ジュン/スクウェアエニックス)














萌え ブログランキングへ