宇宙人(?)同士の戦争に巻き込まれてしまった福岡県立織峰高等学校の女子生徒たち。
現代戦の戦場を模したFPSゲームのような異世界で、謎のゾンビ兵士との戦闘を強いられることになりますが・・・・・・。

銃と狐と魔法少女!に彩られた新感覚ミリタリー・ファンタジー『放課後アサルト×ガールズ』の2巻目が9月9日より発売中です!

教室に突然現れた狐耳少女によって、地球の平行世界「中空地球」にクラス丸ごと転送させられた織峰高校の女子生徒たち。

そこはさらに別の平行世界である「第5太陽地球」の二大勢力「イズナ」と「フタナ」が争う戦争地帯なのでした。

「イズナ」の士官(陸軍少尉)だという狐耳少女・・・・・・諏訪原サキは、女子生徒たちを巻き込んでしまったことを詫びつつも、元の世界に戻るため、敵勢力「フタナ」の人形兵士(ゾンビ兵士)の排除および転送装置「テレターミナル」の復旧に力を貸してほしいと話すのですが・・・・・・。

イズナ軍の「徴募」に応じた人間に一瞬で戦闘技術・知識を身につけさせてしまう不思議な道具「インパクト」の力に魅せられた、魔法少女に憧れる女子高生・アヤコは、「みんなを守るため」「平穏な日常を取り戻すため」という想いを胸に、突撃兵(アサルト)として不条理な戦いに身を投じます。

今回、サキの徴募に応じずに別行動をしてフタナの人形兵士に囲まれて絶対絶命になってしまったクラスメートを助けるため、三人の仲間(工兵のハルカ、偵察兵のマチ、衛生兵のキヨミ)とともに、敵地への果敢な突撃を試みるアヤコですが・・・・・・・。

※ ※ ※

普通っぽい女の子たちが頑張って戦う、萌えミリタリー物の文脈をとりつつも、少し不穏な雰囲気が漂う作品です。

謎の異世界でクラス全体でサバイバルをしなければいけないというのは『漂流教室』に近いですが、わけが分からないまま女の子たちが軍隊組織に無理矢理組み込まれてしまうというのは『ブリッツ・ロワイアル』と似たノリを感じます(本作はコレほど過酷じゃないですが)。


本作を不穏にしているのは、勢い余って危うい感じのあるアヤコの性格もあるのですが、もうひとつは事件の発端となったイズナ軍の士官である諏訪原サキが真実を話していない・・・というより、彼女も自分の世界の戦争のことがよく分かっていないのでは?と感じさせる言動にあります。

指揮官っぽく振る舞っているサキですが、実際はアヤコたちとあまり変わらない立場なのかもしれません。

※ ※ ※

サキは狐耳の生えた宇宙人(?)です。
猫耳、兎耳キャラは宇宙人が比較的多いのですが(猫はSF小説由来、兎は月世界人として)、狐耳キャラが宇宙人というのはかなり珍しいです。他に狐耳宇宙人の出てくる作品としては、『おきつね日和』くらいしかないのではないかと。


ただ、サキは正確には外宇宙ではなく平行世界からやってきているようなので、狐人間というのもある意味納得の設定かもしれません(異世界人=オカルト的な存在と考えると、ミステリアスな狐はわりと合っている気がする)。

サキは狐耳は生えていますが、尻尾は生えていないようです。
いつも丈の長い軍用コートを羽織っているので、尻尾が見えていないだけかとも思ったのですが、最初の登場シーンや、2巻の風呂に入るシーンで裸になっている時も尻尾が描かれていないので、やはり尻尾は無いみたい。
漫画で狐耳キャラを出す最大の動機が「もふもふ尻尾の生えた女の子を描きたかったから」だったりする中、あえて尻尾のない狐耳娘を登場させている点で、本作は(ケモミミファン的にも)異色の作品といえそうです。

彼女を含めたイズナ人の謎は、また後々描かれるのかな?
photo_636







『放課後アサルト×ガールズ』2巻P70(高田慎一郎/フレックスコミックス株式会社)















萌え ブログランキングへ