一風変わった切り口で展開される、異世界転移モノのような純・異世界ファンタジー『マイバイブルは『異世界召喚物語』』の2巻目が7月3日より発売中です!

田舎貴族・ヴィオネッティー伯爵家の末子・エルネスト少年は、財産や権威をほとんど上の兄たちに取られてしまい引き継ぐものが無いため、家を出て冒険者になることを決意しました。

いろいろあってギルド「銀花の紋章団」に所属することになったエルネストは、獣人の許嫁・リオナと一緒に、新天地での冒険を開始します!

剣技も魔法も二流な彼が頼りにするのは、伯爵家の秘蔵書『異世界召喚物語』。

その書に記された異世界の勇者に関する知識を元に、エルネストは様々な困難を切り抜けていくわけですが・・・・・・今回は人のことを軽視している強力な聖獣ユニコーンと出会い、彼らをめぐる陰謀に巻き込まれることになります!

 ※ ※ ※


異世界の勇者の知識を使ったネタは今回は薄めなのですが、猫耳妹的許婚・リオナの可愛らしさが前巻よりもパワーアップしているので、ケモミミ作品としてはマルです。

リオナは「~なのです。」「~なのです。」と丁寧な口調で喋るのですが、なんか妙にクールというか、時々突き放したような態度を見せるのがなんとも猫っぽいです。

リオナが変な自作の歌を歌いまくるオマケの掌編『暇話 リオナノウタナノデス』が可愛らしさ全開で、一見の価値アリ。



萌え ブログランキングへ