映像集団・白組とコンテンツ制作会社タブリエ・コミュニケーションズが展開する干支娘アニメ『えとたま』のコミカライズ版もついに完結! 最後の3巻目が1月26日より発売中です!

 干支の動物神・「干支神」になることを狙う、猫属の娘・にゃ~たん。
 秋葉原のメイド喫茶に勤めるかたわら、人間から萌えと感謝のパワー・萌力(ソルラル)を集めて、現干支神たちを打倒する!・・・・・・はずだったにゃ~たんですが、あまりにもダラけていたことと、あとパートナー(?)のタケルが全然萌えに興味が無いせいで、干支神打倒どころか、通常の変身をする萌力さえも無くしてしまいます。

 それを見かねた寅の干支神・シマたんが、にゃ~たんを鍛えなおすため、自分のバトルステージににゃ~たんを連れていきますが・・・・・・。

※ ※ ※

 怒涛のナンセンス&シュールギャグが展開される本作。

 これまで常識人は唯一ウリたんだけ、といった感じだったのですが、今回だいぶまともな性格をしているシマたんが加わったことで、少しは落ち着いた雰囲気に・・・・・・。
 と、言いたいところですが、新たに登場した酉の干支神・ピヨたんや、前回から登場のキーたん(申)とイヌたん(戌)がかなりボケに加わっているので、カオスが収まるどころかさらに加速する状況になっています。

 どうやって収束するのか見物だったのですが、なかなかの力業で本作らしく素敵にまとまっているので、『えとたま』ファンの方は一読をオススメしますよ。

※ ※ ※

 第1話からさんざんネタにされてきた、タケルの妄想の中にいるアルパカのえと娘「パカたん」ですが、今回、ついに立ち絵や設定まで付いてきて、さらには最終エピソードにまで登場しています。パカたんの設定を見たい人は単行本のカバーをめくってみるとよいかと。

phot_552





『えとたま』3巻表紙カバー下(氷野広真/吠士隆&是空とおる/白組&タブリエ・コミュニケーションズ/KADOKAWA)











 アルパカっ娘をネタにしたのは本作がさきがけだと思うのですが(2014年~)、その後、アプリゲームの『けものフレンズ』(2015年~)でもアルパカっ娘が登場するようになり、何気に注目の獣っ娘属性なのかもしれません。



萌え ブログランキングへ