霊的災害「霊災」におびえる現代東京を舞台に、陰陽師(レイヴン)の少年少女たちの活躍を描いた、人気の伝奇ライトノベル『東京レイヴンズ』。
 その短編集『EX』の第三弾が9月19日より発売中!

 表紙を見ると、うしろにさりげなく狐っ子コンがいます。
 最近、本編でやや出番が少なめであることを考慮してか、この短編集では全編にわたってコンがよく出てきますし、短編の一つはまるまるコンの話になっていて、このごろ不足がちだったコン分(?)を十分に補充できる一冊となっています。

 今回の収録は、春虎たちの陰陽塾での普通の学生生活を描いた『ドラゴンマガジン』掲載分の四短編と、本編よりずっと大昔、夜光と飛車丸が活躍していた時代を描く書き下ろし中編一編となっています。

●大連寺鈴鹿にこき使われていた時期。鈴鹿の式神の目を盗んでなんとかデート?しようとする春虎と夏目の話・・・・・『渋谷ランナウェイ』
●ソーシャルゲームを勧めたら、凝り性の夏目がハマりすぎてしまった挙句・・・・・『夏目忍法帳』
●夜の陰陽塾に忘れ物を取りにいったら大変な目に・・・・・・『式神行進曲』
●百一匹コン大行進!・・・・・・『コン!コン!コン!』
●若き頃の天才陰陽師・夜光と狐憑き少女・飛車丸が、千年を生きる伝説の鬼・茨木童子と対決した話・・・・・・『ザ・ナイト・ビフォー・トライアングル』


 かつての夜光と飛車丸がどのようなやり取りをしていたかが垣間見れる『ザ・ナイト・ビフォー・トライアングル』も良い感じですが、全てがコンになる短編『コン!コン!コン!』がかなり愉しいです。
 コンの偽物?が秋葉原に出現するらしいという噂からはじまり、幼女先輩もとい早乙女先輩がコンの姿をコピーした式神を勝手に造り出して愛でていたことが判明して、話はさらに混沌とした方向へ・・・・・・。コンちゃんファンの人は一読の価値ありです!

 ※ ※ ※

 この短編集で一番の衝撃は、巻頭折り込みイラストに描かれている塾生メンバーの狐耳メイドコスプレ喫茶ではないかと(夏目がお盆にのせているのが蕎麦なので、狐耳メイド蕎麦屋なのかもしれませんが)。
 ラノベのコスプレネタとして猫耳メイド喫茶というネタはしばしばありましたが、時代はついに狐耳メイド喫茶に到達したんだな、としみじみ感じたり・・・・・。



萌え ブログランキングへ