ひきこもりの少女がオンラインゲームの最中に、ゲームにそっくりな異世界に転生してしまう!・・・・・・・というのは、古今東西よくある(?)話。
 でも、熊の着ぐるみ姿で転生させられてしまうのは、この小説だけ!
 WEB発の熊っ娘系MMORPGラノベ『くまクマ熊ベアー』は、5月29日より発売中です!
くま クマ 熊 ベアー (PASH!ブックス)
くま クマ 熊 ベアー (PASH!ブックス)

 学校にも行かず、3年間引きこもり生活をしている15歳の少女・ユナ。
 毎日ゲームばかりしているわけですが、現実逃避している・・・・・・というのとはちょっと違って、強運か天才か、株取引で生涯賃金レベルの金をこの歳で稼いでしまったせいで、普通の学生生活を送るのが馬鹿らしくなってしまったという事情があります。

 ユナは家事等も一通りこなせて自活能力は高く、よくある自堕落な引きこもりキャラとはちょっと違ったタイプ。とにかく、人間嫌いでゲーム好きらしく、オンラインゲームはやるものの作中の描写を見る限り、パーティプレイよりソロプレイの方が多かったようです。

 そんな彼女の最近のお気に入りは、世界初のVRMMO(ヴァーチャル・リアリティー・マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン)ファンタジーRPGをプレイすること。
 ある日のアップデートの後、彼女がゲームにログインしてみると・・・・・・クマになっていました。

 ゲームに似た異世界に転生させられ、奇妙なクマのキグルミを着ていないと能力が発動しない「職業:クマ」になってしまった彼女は、街中の好奇の目を浴びながら、冒険者として見知らぬ世界で生きてゆくくことになるのでした、、、

※ ※ ※

 見た目がヘンで奇異の目で見られるけど、最強の熊キグルミ装備でひきこもり少女が無双する話・・・・・・という風に宣伝されている本作。

 でも実は、異世界で無双してカタルシスを得るヒロイックファンタジーというより、異世界で出会った10歳の女の子フィナとの関係を通して、ユナの人間嫌いがちょっとだけ改善する様を描いた、どことなくホームドラマちっくなほっこりした雰囲気の作品です。

 常に淡々としていて、何事にも動じないユナは、なんというか結構クマらしい風格にあふれているような感じがします。



萌え ブログランキングへ