どんなことがあろうとくじけない超ポジティブ女子高生兼土地神の奈々生と、超自信家だけど最近ちょっと謙虚になってきた、狐妖怪・巴衛の恋愛模様を描く人気作!
 『神様はじめました』の最新21巻が4月20日より発売中!

 寿命の短い人間の奈々生と同じ時間を歩むため、人間になることを決意した巴衛。
 秘法を使って無理矢理人間になろうとした結果、巴衛は人の姿を失って、獣の狐の姿になってしまいます。

 出雲の大神・大国主が人の姿に戻してくれるとのことで、ひとり出雲へと向かう巴衛。
 最初は留守番するつもりでいた奈々生も、どうにも不穏な胸騒ぎを感じて居ても立っても居られなくなり、ワープゾーンもとい神の道を通って、自分も出雲へ向かうことにします。

 順調に神の道を進んでいる最中、奈々生はあり得ないものの姿を見てしまいます。
 それは悪羅王の転生体・霧仁のしもべである「夜鳥」!
 神しか入れないはずの空間で出会った突然の敵に、困惑しながらも、持てる力のすべてをもって迎え撃つ奈々生ですが・・・。

※ ※ ※

 21巻は心底から忠実に悪羅王に従いながらも、その真意に触れることが叶わない夜鳥と、人間と交わるうちに変わりつつある霧仁=悪羅王のエピソードが中心に描かれます。
 巴衛が変わったように、霧仁も変わってゆくのか注目ですね!

※ ※ ※

 女性向けジャンルでは、ケモミミキャラが本物の獣の姿になる(そしてその姿もカッコイイ、惚れる)、という展開が比較的よく描かれますが、本作の百二十話以降も、まさにそのパターンになっています。

 でもって、狐巴衛のもふもふな尻尾につい触ろうとして、拒絶される奈々生。
photo_445


『神様はじめました』21巻P186(鈴木ジュリエッタ/白泉社)


 
 もふもふ尻尾が目の前にあったら、つい触りたくなるのが人間のサガですが、獣にとっては尻尾に予告なく触られるのは、かなり失礼なことなんでしょうね~。



萌え ブログランキングへ