人口減と高齢化のために消滅しかけている限界集落「神山村」を舞台に、村の唯一の10代・・・・女子高生・朱音(あかね)が、村に住む「幻獣」たちと一緒に、村おこしに奔走する!
 現代日本の問題点を衝く!? 人外&少女&村おこしストーリー『ようこそ幻界集落へ!』が4月11日より発売中です!
ようこそ幻界集落へ! (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
ようこそ幻界集落へ! (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 マジメで心優しいけどイジられやすい少女・朱音は、祖父の言いつけに従って、神山村の人口を増やすために「神山村振興委員会」の世話役として活動を開始します。

 この神山村にはとある秘密があって・・・・・・それは、サイクロプスやセイレーン、ミノタウロスといった伝説の幻獣が住んでいること!

 子供の頃から幻獣たちと仲良しだった朱音は、村が消滅すると幻獣たちの拠り所である「信仰」が無くなる――つまり幻獣たちが現世から消滅してしまう、という祖父の話を聞いて、より一層、村おこしに奮起するのですが・・・。

※ ※ ※

 「人外&村おこし」というテーマだと、少し前に完結した『【急募】村長さん』と似ている部分があります。



 異なるのは、『【急募】村長さん』が純和風な妖怪モノだったのに対して、『ようこそ幻界集落へ!』はフェニックスやペガサスといった西欧神話の幻獣たちが、日本の村に住んでいる、という設定になっている点。
 西欧の幻獣なのに、服装やデザインが和風、という和洋折衷な雰囲気が不思議な魅力を感じさせます。

※ ※ ※

 ケモミミキャラとしては、牛耳ミノタウロスの箕守イツキ(みのすいつき)が登場します。
 小柄な体ながら、力自慢のデストロイヤーで、いつも自分の身長より長い金棒を持ち歩いている娘です。
 
 第2話の時点では、普通の人間に正体がバレないようにネコミミのようなフードをかぶることを朱音から厳重にお願いされているイツキですが・・・・・・。
photo_438


『ようこそ幻界集落へ!』1巻P37(コト/芳文社)



 第4話で「ご当地グルメコンテスト」の神山村ブースを手伝う時には、思いっきり獣耳・ツノを見せてしまいます。
 でも、周囲の人間からはコスプレだと思われて、それほど問題にはならないという・・・。
photo_439






『ようこそ幻界集落へ!』1巻P111(コト/芳文社)
















 2010年以降のケモミミ漫画でしばしば見られる、「人が大勢いる場所で正体がばれても、『コスプレ?』とツッコまれるくらいの反応しかない」という描写が、本作でも使われています。



萌え ブログランキングへ