地方(第13話の地図を見る限り、どうも新潟らしい)に住む、アニメ好きな男子高校生・柴田陽一の元にやってきた、ロリ・セーラー服・スク水、そして猫耳と萌え属性をてんこ盛りにした変な女の子。
 彼女こそ、地球の「萌え文化」を文化侵略兵器として転用するべく遠い宇宙から来訪した、エイリアン製の人型兵器AI――キャラなのでした!

 トラブルばかり起こすキャラとの不本意な共同生活にも慣れ始めた陽一。
 一方、キャラは逆に陽一に対する態度がギクシャクしてきて・・・・・。
 物語が急展開(!?)する完結編! 『恋愛☆SLG(スター・ライト・ガール)』2巻が1月27日より発売中です!
恋愛☆SLG 02 (IDコミックス REXコミックス) 
恋愛☆SLG 02 (IDコミックス REXコミックス)

 今回も極秘作戦「エム計画」完遂に向けて!

 陽一と一緒にアニメ観賞をしてみたり、
 商店街で福引をしてみたり、
 海に行ってみたり、
 温泉に行ってみたり、
 風邪で寝込んで気遣いされてみたり(兵器AIなのに)、と
 戦略的行動に余念がないキャラです。

 基本的にキャラが狙ってやっている萌え属性は、狙いすぎでイマイチ萌えない娘になる一方で、狙わない仕草がドキリとするほど可愛い、というコンセプトは前巻から変わっていません。
 2巻では、このエプロンに三角巾という格好が個人的にツボです。
 横顔も描かれているのですが、三角巾の形って、うまくするとちょうどネコミミを出せるようにできそうだなー、と感じたり。
(でも、現実にやろうとすると、こめかみ部分の布がネコミミを圧迫しそうなので難しいかも?)
photo_402












『恋愛☆SLG』2巻P8(高津ケイタ/一迅社)














 ねこみみ三角巾属性は、『まりあ†ほりっく』の寮長先生が先駆けですかね。


 ここから先はちょっとネタバレ感想なので、ネタバレOKな人は『続きを読む』をクリックのこと。

 第14話クライマックスの告白シーンとなる場面、キャラがアニメ・漫画の台詞を引用して喋り、陽一が何の作品かを当てていく過程で、キャラが徐々に陽一との(心の)距離を詰めていくところ。コレ、もしかしたら前例があるのかもしれませんが、私は初めて見る方式で、凄いと驚嘆する展開でした。
 そして最後の台詞が、引用じゃなくて「キャラ自身の言葉」になる所は、テンポといいキャラの表情といい、巧すぎですね!

※ ※ ※

 告白の後、キャラはスク水とかツインテールとかの中途半端な萌え要素(兵器AIとしての機能)を失ってしまいますが、唯一「猫耳」属性だけが残る!という点で、本作は究極的には「猫耳萌え漫画」であった、といえるのかもしれません、、、

 

萌え ブログランキングへ