今まで人生でいいことなかった薄幸少女・宝生みおが、大財閥の御曹司にして九尾の妖狐の化身・黒狐院御咲に見初められて、夢のような共同生活をスタート!・・・・・・だけど、様々な波乱が見え隠れします。
 物語が動き始めた、狐耳ラブストーリーの2巻目が11月1日より発売中!

 この巻から、黒狐の前妻と噂される女妖怪・白狐(華)が本格的に動き始めます。
 転生?して、みおとほぼ同じ年格好になった姿で、黒狐に意味ありげに近づいていきますが・・・・・。
 黒狐は内心動揺しつつも、白狐が特に悪意ある行為をするわけでもないので、どう対応するべきかを決めかねます。
 むしろ内心の動揺をみおに悟られたことが気になって、その点を紛らわせるために、あることを企画することになりますが、、、

 ケモミミ恋愛モノだと、異種のケモミミと人の間で三角関係になることが時々ありますが(犬と猫と飼い主、というパターンが多い)、狐耳に関しては、同族間で狐-狐-人のような三角関係ができることがあるのが特徴です。
 去年発表された春奈真美『狐に嫁入り!?』でも、狐の彼氏と人間の少女の仲を、狐の少女が嫉妬するような三角関係が描かれたりしました。


 狐キャラは人間(狐間?)関係が複雑になる傾向があるようで、本作の白狐も、黒狐の元嫁?であると同時に、黒狐の養子の幸乃丞(コマ左の狐耳少年)の母親?であったりして、黒狐との関係が切れているのか繋がっているのか不明確な、謎めいた立ち位置にいるキャラとなっています。

 白狐が母親的なイメージを持っているのは、やっぱり有名な「葛の葉狐」からきているんでしょうかねー
photo_352




『妖狐+LOVE×KISS!』2巻P70(赤羽チカ/宙出版)













萌え ブログランキングへ