名作ゲーム『ダンジョンキーパー』のような、ダンジョン経営シミュレーション風の異世界コメディ『闇堕ち騎士がダンジョン始めました!!』が4月26日より発売中!
闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! (角川スニーカー文庫)
闇堕ち騎士がダンジョン始めました!! (角川スニーカー文庫)

 魔王と人類の壮絶な戦いの末、人類が勝利して二十年が経った異世界・ガリステリア。
 世界は平和になったかに見えましたが、魔王の残党がいまだに各地のダンジョンを根城にして反撃の機会をうかがっている状況。
 冒険者たちは今日も、命がけでダンジョンに潜り、そこに巣食う魔物を殲滅すべく戦っているのです!

 ・・・・・・というのは表向きの話。
 実は、魔王との戦争により空前の好景気を甘受していた人類社会が、魔王よりも恐ろしい「戦後不況」を回避するために、魔族に「人類の敵」として存在し続けるように取引を交わしたのでした。
 魔族たちは冒険者をお客とした「ダンジョン」という娯楽施設を提供することで、武具や食糧その他もろもろの消費を促し、世界経済を刺激し続けているのです!

 そんな八百長なファンタジー世界で、魔剣の呪いを受けたことで魔族に転生してしまった元・弱小冒険者のナオハルは、お金を貯めて人間に戻るために、ネコミミ頭の魔族・フェリスとともに新規ダンジョン《獅子竜迷宮》の経営に着手するわけですが・・・・

 さて、表紙にもなっているフェリスはドラゴンの化身なのですが、作中の大部分ではネコミミ的に描写されています。
 鳴き声は「うにゃーーー!」ですし(ドラゴンの姿の時も)、グールのタニヤからは「ネコちゃん」と呼ばれています。セイレーン(人魚)のセレナを見てよだれを垂らす場面も・・・。

 実は、フェリスはドラゴンはドラゴンでも××××なので、ネコミミとして描写されるのは結構正しいことが分かります。迷宮の名前が、ちょっとしたヒントになっていますね。

 とりあえず、わりときちんと経営ビジネスネタが入ってくる終盤と、天然暴走系なネコミミドラゴン娘・フェリスに注目の作品ですね!



萌え ブログランキングへ