猫神・猫又・化け猫が集う猫耳カフェ『幸運猫(ラッキーキャット)』を舞台に、猫大好き(猫耳娘はそうでもない)な人間の店員・鍋島君と、『幸運猫』の猫娘たち(+α)が繰り広げるネコ四コマの2巻目(完結)が3月7日より発売中です!

 ちなみに表紙は猫娘コスプレをした鍋島君。
 女装時の源氏名(?)は「マナちゃん」。(店で人気ナンバーワン)
 作中では女装するのをすごく嫌がっているはずなのに、この表紙のにこやかさ加減があざとい。
幸運猫(2)<完> (KCデラックス) 
幸運猫(2)<完> (KCデラックス)

 猫娘も大勢登場する本作ですが、やっぱり印象的なのは、オスの三毛猫で女装して働いているミケたん。女装することに全く躊躇の無い、生粋の男の娘です。
photo_177


『幸運猫』2巻P79(駒井悠/講談社)


















 このミケたんと同じく、女の子っぽい「稀少な三毛猫のオス」といえば、先日紹介した『ぬこづけ!』のケイもそうでした。


 近年見られるこういった「三毛猫の男の娘」は、「ネコミミ」が「男の娘」属性と出会った末に生まれた、新種の萌え属性なのではないか、とも考察できそうですが・・・・・・もっと昔に似たようなキャラがいたような気がするので、もう少し調査してみる必要がありそうです。
(猫耳の古典・『綿の国星』にも、オスなのにメスみたいな雰囲気のキャラがいたしなあ)



萌え ブログランキングへ