ある時エサをやって以来、大学生・和久井悠の元に通って来るになった野良猫「ましろ」。
 悠には、ましろが「女子高生」に見えてしまうという、大変な秘密があるのですが・・・・・・周囲の人間にはなんとかごまかして、ましろを飼えるペット可物件に引っ越すためにアルバイトに精を出す日々。
 そんな中、次第に「のら女子高生」の秘密が明らかになっていきます・・・。

 ネコとヒトの不器用なラブストーリー、第二部をまとめた単行本が11月29日より発売中!
のら女子高生 2 (ジェッツコミックス) 
のら女子高生 2 (ジェッツコミックス)


  第二部の後半部分は、ましろの発情期の話になっているわけですが、萌え系の作品でありながらお色気の方向にはいかず、切ない純愛ストーリーを展開している所が、稀有な猫耳作品だと思います。発情中の猫耳っ娘を、こんな表情で描く作品はなかなか無いのではないかと。
 奈良一平『ネコあね。』もそうですけど、最近の猫耳ラブコメは萌えを突き抜けた所で一周廻って、80年代前半あたりの純愛路線に回帰しているのかもしれませんね。

 カバー裏のあとがきで、第三部を描きたいという作者の決意が述べられていますので、今後の展開を愉しみにしたいです。
photo_84



『のら女子高生』2巻P154(秋吉イナリ/白泉社)




















萌え ブログランキングへ