ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

2019年05月

「猫耳っ娘」重視の成り上がりストーリー!『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』

“力不足”として勇者パーティーから追放されたビーストテイマー(獣使い)の青年が、猫耳少女の姿をした最強種との出会いにより、最強への道を突き進んでいきます!

「小説家になろう」発の成り上がりストーリー『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』が5月2日より発売中です!
ビーストテイマーのレインは、物語の冒頭でいきなり勇者パーティーを追放されます。
理由は「戦闘で全然役に立っていない」から。
探索・索敵や荷物運びでは動物を使役して十分に役に立っていると思っていたレインは、勇者たちからの冷たい扱いにショックを受けますが、気持ちを切り替えて一人で冒険者としてやっていく道を探し始めます。

そんな折に助けた、行き倒れの猫耳少女カナデ。
実は最強種の「猫霊族」であることが判明します。
腹をすかして全く力を失っていたのですが、レインが食糧を渡してやると、本来の「素手で大地を割る」「雲の上まで跳び上がる」といわれる超能力の片鱗を見せるようになります。

好奇心旺盛で人懐っこく、命を救ってくれたレインと一緒に旅をしたいと言うカナデ。
彼女との出会いをきっかけにして、レインの逆転劇が始まるのでした――!

 ※ ※ ※

書籍版はWeb版のおおむね37話までが大幅加筆されて収録されています。

主人公のレイン、勇者パーティー、二人目の仲間になる竜娘のタニア、そして猫霊種カナデのそれぞれの一人称視点を切り替えながら描いていく構成になっています。

カナデとタニアはレインにベタ惚れなので、そういった雰囲気が好みの人にはおススメですね!

 ※ ※ ※

カナデは「~にゃ」「~にゃあ」と語尾につけるような、物凄く人懐っこい猫耳少女です。

作者あとがきでも触れられていますが、本作は「成り上がりストーリー」以上に、カワイイ猫耳少女=カナデを描くことを重視した作品らしく、そのあたりの意図は十分に伝わってきます。

作品の方向性としては『チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。』と同系統になるのでしょうね。


著者の次作も猫耳少女が出てくるようなので、やっぱり相当に猫耳がお好きなんでしょうね、、、

キツネミミアニメの感想。『世話やきキツネの仙狐さん』第3話・第4話

モフモフとツヤツヤの暴力!
2週分をまとめて!



●第3話 おぬしが幸せならそれで良い
「稲荷少女ヨーコちゃん」がわりと文字通りの“モフモフの暴力”なキャラクターで笑ってしまったり。
漫画ではあまり気にならなかったけど、結構服装がきわどいんだね。特に側面に布地が無いから、ちょっとえっちぃ感じ。
アニメだと横から見る構図も多いので、そのあたりが目立つんですよね。

仙狐さんが買い物に行く途中、犬に吠えられているシーンが気になりました。
原作には無いシーンなのですが、「狐耳キャラと犬は仲が悪い」というのは、わりと最近のトレンドなのかなと思ったり。『狐のお嫁ちゃん』のお嫁ちゃんも犬嫌いですしね。
妖怪モノで「化け狐と化け猫の仲が悪い」というのはよく描かれるんですが、犬と狐の関係はリアル動物における「狩る側の犬(猟犬)と狩られる側の狐」の関係が反映されているんですかね。

もう少し色々な作品を比較して調べてみたいところ。

※ ※ ※
●第4話 なぜ休日に仕事をせねばならんのじゃ!?
この話、ゴールデンウィークのタイミングに合わせて放映しているのがとても巧みだなあと思ったり。

とりあえずシロが出てきたよ!
喋った! 可愛い!
・・・という感じで、4話はそれだけでもう満足してしまったり。

アニメ1回で原作2話分が進んでいるので、次はシロの話のはずですね!
「スーパー仙狐さんタイム」のシロver.が見られることを愉しみにしています、、、

とにかく狐っ娘とキャッキャウフフしまくる異世界転生ノベル!『時魔導師のゆるふわスローライフ』

片想いが破れてショック死、という世にも稀な死因の女子高生が異世界転生!

「時魔法」という素晴らしい能力を得た彼女ですが、それで無双するようなことは一切考えず、異世界で出会った理想的な狐っ娘とキャッキャウフフすることのみに特化した人生を送ろうとしますが・・・!

アホの子がアホな方面で無双(?)しまくる異世界コメディノベル『時魔導師のゆるふわスローライフ』電子版が4月30日より発売中です!(ちなみに書籍版は一か月前から発売中です)
憧れていた先輩(女性)が男と付き合っている光景を見てショック死してしまった女子高生・間宮桃(まみや もも)。

その若さと稀な死因ゆえに希望の世界に転生する権利を得たモモは、「可愛い女の子たちに囲まれながら、キャッキャうふふ出来る世界」に転生することを希望し、(死後の世界の天使に呆れられながらも)無事叶えられました。

例のごとく、剣と魔法が支配しているっぽい中世風の世界で目覚めたモモは、森の中を彷徨い歩くうちに、裸で水浴びをしていた金髪の狐耳美少女・ティオに出会います。

お人形さんのように可愛らしいティオに興奮したモモは、いきなり(裸のままの)ティオの前に飛び出して「お友達になってください!」と告白します!

何が起きたのか分からず困惑するティオ!

――その、衝撃の出会いをきっかけにして、二人のイチャイチャライフが始まるのでした――

 ※ ※ ※

ガールズラブを求めて暴走しまくる女子高生モモの一人称で綴られる、ギャグたっぷりの異世界転生小説です。

モモは「対象の時間を巻き戻したり、早送りしたりできる」時魔法の能力を持っていて、それを使って壊れた物を元に戻す修理屋さんを営んだり、ある種の攻撃手段に応用したり・・・と異世界転生モノらしい内容も面白いのですが、やはり本作の肝はモモの破天荒な振る舞いにあります。

どちらかというとノーマル性向だったティオも、モモとイチャイチャしているうちに、戸惑いつつもまんざらでもない風になっていくのが面白いです。

※ ※ ※

ティオは狐系の亜人(獣人)ということですが、おっとりしていて真面目で頑張り屋で、絵に描いたような「良い子」狐です。
それゆえに、モモのガールズラブ全開な思考にいつも戸惑っています。

尻尾と狐耳が弱点らしく、尻尾を他人にモフモフされるのはまだ我慢できるようですが、耳に触られるのは本当にダメとのこと。

近年の狐耳キャラは、この特徴(尻尾はいいけど狐耳はダメ)を持っていることが多い感じですね。『仙狐さん』もそうだし。

5月発売予定のケモミミなグッズ類

アニメも絶賛放映中の『盾の勇者の成り上がり』より、ラクーン系ヒロイン・ラフタリアのデフォルメデカキーホルダーが5月30日発売予定!

猫耳イラスト講座などもされているイラストレーター・ぴこぴこぐらむ先生の看板娘「うさだ」のネコミミメイド風B2タペストリーが5月31日に発売予定!

『ストライクウィッチーズ』より、シャーリーとエーリカ・ハルトマンの超セクシーな抱き枕が5月25日に発売予定!
エーリカはケモミミというよりケモシッポが見所ですね。

劇場版アニメ放映も決定した『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』より、ヒロイン桜島麻衣のバニー姿の「ねんどろいどぷらす」アクリルスタンドが5月31日発売予定です!

ケモミミアニメの感想。『ようこそジャパリパーク』第13話

令和最初の『ようジャパ』感想ですよ!


もうホントに、好きな要素がぎゅっと濃縮された3分間でした。

サーバルが襲われても「いつものこと」として冷静なカラカル&トキと、それを知らないので泣きながら助けに行く新入りのルルの温度差がまず良いし・・・。

動物解説がアニメーションするようになった上に、第二世代(ネクソン版)の時はどういうキャラだったのかの解説も入ってパワーアップしている点も良いし・・・。

ガオガオ病になったサーバルがニャウニャウ言うのも超カワイイし・・・。

最後の場面でカラカルが「サーバルは昔っから人懐っこかったけどね」と、さりげなく付き合いの長さをアピールしているところも良いし・・・。

このままのノリとクオリティで、メインストーリーを最後まで語りきってほしいなあ・・・!

※ ※ ※

私が今回の13話で一番気に入ったのが、最後に挿入された「ジャパリパークのプレオープン前のニュース映像」。

アニマルガールも良いんですけど、私は「超巨大テーマパーク・ジャパリパーク」という舞台設定に惹かれている部分があるので、そういった要素をきちんと盛り込もうとしている点が感じられて好印象でした。

アニメのけもフレ2では「ジャパリホテル」にテーマパーク要素を強く感じたので、ようジャパはしっかりその要素も描いていってくれたらなあと思います。

記事検索
最新コメント
RSS