ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

2019年01月

頭に耳があるとしっくりくる。『このはな綺譚』8巻

神様や死者が訪れる不思議な温泉宿『此花亭』。
そこで働く狐っ娘の仲居たちの日々を描く、モフモフ成分120%の狐耳百合漫画『このはな綺譚』の単行本8巻目が1月24日より発売中です!

今回の表紙は此花亭じゃなくて神社の狐巫女さんたちですね。彼女たちもだいぶキャラが立ってきました。
8巻の収録は全5編+α。

今までありそうでなかった此花亭の水着回を手始めに、転生するのが嫌な女子学生の話、神社の巫女さんたちの話、柚が新しい着物を買いに行く話、そして新人時代の桐の話が描かれていきます。

今回は全体的に「自信を取り戻す、自信を深める」ことについて描かれている感じがしますね。

此花亭の水着回『渚でつかまえて♥』は、柚たちに「海水浴」の概念がないことになるほどなあと思ったり。海水浴が「遊び」になったのって20世紀後半かららしいので、文化的には大正時代あたりで止まっているらしい此花亭の狐っ娘たちにはよく理解できない概念なのかも。

※ ※ ※

今回気になった描写。

水着の着方が分からずに変なことになっている柚。
photo_1365


















『このはな綺譚』8巻P9(天乃咲哉/幻冬舎)


普通の人間がやったらただのヘンタイさんですが、頭に狐耳がある柚や櫻だとわりとしっくりくる形だったり。
ケモミミ種族が普通に生活している世界だと、左右に二つの穴が開いた形状の衣類は「獣耳を通す穴がついたもの=帽子」という考え方に行きつきそうな感じはしますね。

いつの間にか凄い連載期間に・・・。付け耳要素もわりと多めのりぼん漫画『チョコミミ』11巻

中学生女子・チョコとミミとその仲間たちの日常をポップなタッチで描く、『りぼん』のロングセラー漫画『チョコミミ』の最新単行本11巻目が1月25日より発売中です!
この作品、wikipediaによると連載開始が2003年ということなので、もう15年も連載が続いているのですね。

基本オシャレ漫画だから、若者のセンスに常についていく必要があるわけで・・・それにもかかわらず長期連載を続けている作者の園田氏はかなり凄いと思うのですよ!

確か連載開始の頃って、作中の携帯電話がまだ二つ折りだったり、ハロウィンが定着していなくてわざわざ説明が必要だったり(11巻では全く説明なしでも通じている)・・・やっぱり15年も経つと一世代変わっている感がありますね~

※ ※ ※

猫田ミミ=ネコミミと略す、というネタや、着ぐるみ&動物ネタの関係で、わりとケモミミ描写が多く出てくる本作。

今回はハロウィンの仮装のほか、文化祭のアニマルカフェにてチョコとミミのケモミミ姿が見られます。

ミミって名前は「ネコミミ」なのに、ケモミミコスの時はだいたいウサギなのが面白い。
photo_1362


























『チョコミミ』11巻P113(園田小波/集英社)


ミミは性格的にフワフワして寂しがり屋なのでウサギのイメージなんですね。

本作はチョコ=猫、ムムちゃん=イヌ科といった風にケモミミコスが選択される傾向があります。

動く狼っ娘シグレが早く見たい! アニメ化に向けて暴走も加速する『けものみち』4巻!

人と竜と魔獣の住まう異世界に召喚されたのは、変態的なまでに獣を愛するプロレスラー!

魔王を倒せという召喚者の命を一切無視して、彼は「ペット」という概念がない異世界でペットショップを開くことにしますが・・・「ショップ」とは名ばかりの放漫経営に、店員の狼娘は常にピリピリしています!!

『この素晴らしい世界に祝福を!』の暁なつめ氏と、漫画版『バカとテストと召喚獣』のまったくモー助氏&夢唄氏が送る、残念系異世界転移物語『けものみち』。
アニメ化に向けて加速する単行本4巻目が1月26日より発売中です!
異世界に召喚されたプロレスラー「ケモナ―マスク」・・・本名・柴田源蔵は王国を脅かす魔獣と闘うことを拒絶し、ペットを飼うという概念の無いこの世界で「ペットの魔獣」を普及するべく、異世界初のペットショップ「けものみち」を開店しました。

しかし、源蔵は販売しているペットを手放そうとしないため、ペットショップは万年赤字状態。
いつの間にか店の居候となった竜人・花子&吸血鬼カーミラもペットショップの経営には興味が無く、唯一の常識人&商売人である店員の狼少女シグレだけが毎日帳簿とにらめっこしてピリピリしています。

今回は、巨鳥ガルーダの襲撃で「けものみち」一行大ピンチ!!のところを、源蔵がガルーダの雛のふりをして回避しようとした結果、なぜか雛になりきってしまって野生化!

ついでに花子も竜人独特の病気・狂竜病にかかってしまって凶暴化します!

とにかく、いつも逸走しているメンバーがさらに暴走しまくる4巻です!

※ ※ ※

まさかのアニメ化なのですが、とてもアニメ向きの内容だと思うので物凄く愉しみなのですよ。
本作、シグレや花子の尻尾の描写に強いこだわりを感じるので、アニメでどう表現されるのか、期待が高まります!

※ ※ ※

本作唯一の常識人である狼少女のシグレ。
狼らしく強気でしっかり者の彼女ですが、わりと臆病な面があり、今回は狂犬病ワクチンの注射を嫌がって大騒ぎします。
photo_1360
















『けものみち』4巻P95(まったくモー助・夢唄/原作・暁なつめ/KADOKAWA)


「イヌ科だから狼っ娘も狂犬病ワクチンを打たなければいけない」というのは盲点だなあと思ったり。
こういう描写が出てくるのはファンタジー異世界転移に「ペット」というテーマが絡んでいる本作ならではですね。

尻尾があったかもしれない猫嫁。『異世界駅舎の喫茶店』(コミカライズ版)4巻

特急列車での移動中、19世紀風の異世界の駅に転移してしまった若い夫婦。
しかも、お嫁さんの方はなぜか猫耳娘に変身し、記憶を失ってしまいました。

生活のため、夫婦は異世界の駅舎の一部を喫茶店に改装して、故郷・名古屋の喫茶店料理の提供を始めたところ・・・予想以上の大評判!
さらなる名古屋料理の提供を目指す夫婦ですが、いくつかの主要食材が「存在しない」異世界では、数多くの障害が立ちはだかるのでした・・・!

第4回ネット小説大賞受賞の異世界名古屋グルメ小説『異世界駅舎の喫茶店』、大好評のコミカライズ版4巻目が1月21日より発売中です!
異世界の料理人から勝負を挑まれたりして、波乱万丈ながらも、若店主タクミと猫娘ニャーチの経営するハーパータウン駅「喫茶ツバメ」は着実に前に進んでいます。

相変わらずニャーチが本来の妻「柚(ゆう)」だった頃の記憶を取り戻す様子はありませんが、タクミは妻というより娘のようになったニャーチと、新たな思い出を紡いでゆくのでした。

ある日、ニャーチは急に猫のように「にゃ」としか喋れなくなってしまいます。

「亜人風邪」にかかって喋れなくなったニャーチを癒すため、タクミはこの世界では「薬」として流通しているある食材を使って、故郷の名古屋料理を作ることに挑戦しますが・・・!

※ ※ ※

原作小説をベースに、一味変わった味付けが楽しめるいつもの漫画版です!
ニャーチがとにかくネコネコ可愛いので、原作既読の人もぜひぜひ読んで欲しい一冊。



※ ※ ※

今回気になったシーン。
ニャーチが「亜人風邪」にかかってその診療結果を聞く場面。
そこに描かれている獣人のモチーフには尻尾があります。
photo_1358



























『異世界駅舎の喫茶店』4巻P45(神名ゆゆ/Swind/pon-marsh/メディアファクトリー)


その後、別のシーン(P65)では「猫⇒獣ニャーチ⇒尻尾付きニャーチ⇒ニャーチ」と進化する図が描かれています。

この作品世界の獣人は尻尾が無い(見えない)のですが、この進化の図を見る限り、太古の獣人には尻尾があって、現代は進化して尻尾が無くなったということのようです。

尻尾が無いケモミミさんは時々見かけますが、「尻尾が無くなった経緯」が仄めかされている作品は珍しいです。

「人型ネコのいる世界」の転換点になった作品。『ネコぱら~ショコラ&バニラ~』

NEKO WORKsの世界的大ヒットネコミミゲー『ネコぱら』のコミカライズです!
人型ネコのいる世界を舞台に、犬っぽいネコ「ショコラ」と猫っぽいネコ「バニラ」、そして二匹に振り回されるご主人様こと「水無月嘉祥」のケーキ屋開店の物語が描かれます。

『ネコぱら~ショコラ&バニラ~』の単行本が1月10日より発売中です!
基本的にはゲーム版およびOVA版の名場面をぎゅっと集約した内容になっています。
まだネコぱらの世界を体験したことが無い人は入門編にぜひ。

もちろん、すでにネコぱらを良く知っている人も、あらためて楽しめますよー!

 ※ ※ ※ 

『綿の国星』的な猫の擬人化(本当は動物の猫だけど漫画的に人間として描いている)ではなく、立ち位置的にはペットの猫だけど、人型をしているのが「ネコ」として当たり前という風な世界観。

『ネコぱら』以前(~2013年)にも『ぴゅあぴゅあ』や『魔法少女猫X』、『わんことくらそう』といった作品がありますが、猫耳史を眺めてみると、『ネコぱら』の以前と以後では「人と近い知能を持つ存在がペットであることの是非」を描くか描かないかが大きく違うという変化があります。
『ネコぱら』でも「人型ネコは鈴を付けずに一人で外出してはいけない」といった決まりがあったりしますが、それでもそういう管理に関わる描写は過去の同系統作品に比べるとだいぶ緩めです。

この『ネコぱら』を転換点として、『ねこのこはな』『ぬこづけ!』『にゃんこデイズ』といった「ネコが人型であるのが当たり前の世界」をハートフルに描く猫耳作品が一気に増えた印象があります。




にゃんこデイズ 2 (MFC キューンシリーズ)
たらばがに
KADOKAWA / メディアファクトリー
2016-12-24


『ぴゅあぴゅあ』が発売されていた頃の美少女ゲームジャンルでは「人と近い知能を持つ存在がペットであること」の微妙な背徳感を演出するのが売りだったんでしょうけど、近年は「飼い猫と話ができるようになったら」という素直な願望を猫耳作品に託す、といった流れになっている印象です。

 ※ ※ ※

今回気になった描写。
嘉祥とショコラ&バニラの背丈の差が印象的に描かれている点。
photo_1356














『ネコぱら~ショコラ&バニラ~』P15(Tam-U/NEKO WORKs/KADOKAWA)


ゲーム版だとわりとショコラとバニラがどアップで迫ってくるシーンが多いので、あまり背丈を意識することがないのですが、こういう風に第三者目線で横に並んだ構図だと、[嘉祥=父 ショコラ&バニラ=娘]感が凄く良く出ています。

コミカライズ版は人型ネコたちと嘉祥のこの背丈の差を感じるシーンが多く、その点に注目ですよ!



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント
RSS