ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

2018年09月

ケモミミアニメの感想『ようこそジャパリパーク』第4話

トキちゃんですよ!!!!!

このアニメ、元ジャパリパーカーの私としてはもう感涙モノの物凄いアニメなのですが、ネクソン版未体験の方にはどれくらい刺さるものなのか気になります。

とにかく「ネクソン版ストーリーの豪華バージョン」として素晴らしく丁寧に作られた作品で、本当に心から応援していきたい・・・!

ネクソン版世代のトキちゃんは「普段は物静かなクール美少女なのに、歌に関することになるとヤヴァいレベルで壊れる娘」なんですが、その雰囲気がほんとしっかり出ているのは、照井春佳さんの演技だからこそですね。

「なぜみんな一斉に目をそらしたの?」っていう冷静な追及の仕方が、まさにネクソン版トキちゃんで良い・・・良いのです・・・!

※ ※ ※

カラカルがオープニングのあらすじ解説するところも良いよね!
これ、もしかすると冒頭に登場するアニマルガールがどんどん増えていく形式になるんですかね。

今後、ギンギツネやイッカクが解説することもあるのかと考えたら・・・ミライさんじゃないけどヨダレが出そうなほど楽しみです。

※ ※ ※

ケモミミ表現で注目といえば、トキの歌を聞いて耳をふさぐサーバルとカラカルのシーン。
サーバルは頭の上の猫耳を押さえてふさいでいるのに対して、カラカルは人耳を指でふさいでいるんですよね。

このあたり、オーバーリアクションなサーバルと、お姉さんでお洒落さんなカラカルの性格の差が出ている感じでとても面白い。四つ耳ならではの表現というか。

※ ※ ※

『ようこそジャパリパーク』、有料会員限定アニメな上に、あまり宣伝も活発じゃないので、どうも存在自体を知らない人もいるようで勿体ないなあと思います。

ただ、けもフレアニメ版1期も最初の頃は人気がさっぱりだったことを知っているから、これからの伸びに期待したいところ。

初回放映当時、『にゃんこデイズ』の方がクオリティ高くて面白い、尺(話の長さ)を逆にするべきだって、わりと後々まで言われてたことを、私は忘れてないからね!!
(そして、『にゃんこデイズ』も負けず劣らず素晴らしい猫耳アニメなので見るべし!)

「ユーヤはルーナの」(byおっさんを独占したい狐娘)『そのおっさん、異世界で二周目プレイを満喫中』2巻

レベル上限に達すると、それ以上能力が上がらないことが決定づけられている世界。
低い能力でレベル上限に達し辛酸を舐めていた中年冒険者は、「レベルリセット」の方法を見出し、真の「最強」の道を目指します!

「小説家になろう」発のオジサン&狐娘&エルフ娘&お姫様冒険ノベル『そのおっさん、異世界で二周目プレイを満喫中』の2巻目が8月29日より発売中です!
世界あまたに存在するダンジョンを巡り、そこに存在する宝や、魔物を倒した時に得られるアイテムを売ることを生業とする冒険者。
なぜダンジョンがあり、なぜ魔物を倒すとアイテムが得られるのか?
その理由は誰も知りません。

また、人間にはステータスとレベルというものがあり、それが上限に達すると、それ以上成長できなくなるというのも、この世界では当たり前でした。

低いステータスでレベル上限に達してしまった36歳の中年冒険者・ユーヤは、冒険者引退を考えていた矢先に「前世」で試したことのある「レベルリセット」の方法を思い出します。
その結果、ステータス上限を突破することに成功したユーヤは、生まれつき能力が定められているこの世界では誰も熱心に行わない「鍛錬」を地道に行うことで真の最強の道を歩み始めます。

遺跡で出会った謎の狐娘ルーナと、元気な新米冒険者のエルフ娘ティルを旅の道連れに、ダンジョン探索を続けていたユーヤは、今回、蜘蛛の怪物に囚われていたラルズ―ル王国のお姫様を助けますが・・・。
実はそのお姫様、大昔にユーヤと約束を交わしたことのある、運命の人物なのでした・・・!

※ ※ ※

WEB版における二章が加筆修正されて収録されています。
この時点では狐娘ルーナの正体はまだはっきりしませんね。

36歳のユーヤから見るとルーナもティルも、そしてお姫様のセレネも娘みたいな存在なのですが、いかにもお子様なルーナとティルに対して、セレネは「背伸びして大人と恋愛しようとする子供」みたいな立ち位置になっているのが面白い。

そんなセレネに対して尻尾でポフポフと何かを叩いて、不満や嫉妬を表現するルーナがまた可愛いのですよ。
狐耳にこだわりのある月夜氏の作品だけあって、尻尾描写はやっぱり多めですね。



萌え ブログランキングへ

寂しい狐は尾を抱いて眠る。『転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい~Please take care of me.~』漫画版3巻

チート級の美少女吸血鬼に転生した無気力少年が、「三食昼寝おやつ付き」のぐーたら生活を目指して、縦横無尽に世界を暴れ回る!?

「小説家になろう」発の人気ファンタジー・コメディの漫画版!
『転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい~Please take care of me.~』の3巻目が9月12日より発売中です!
あらゆる戦闘スキルの先天的才能に加えて、吸血鬼としての特殊能力まで持ち、しかも美少女!という超チート能力を持って異世界転生したギンジ少年。

しかし彼はこれまた超がつくほどの無気力少年であり、能力を活かして無双することよりも、とにかくグータラな生活を送りたいと願っていました。

吸血鬼の唯一の弱点——定期的に他人の血を吸わなければ空腹感に苛まれるという、呪いに近い状態を解消するため、彼・・・もとい彼女、アルジェント・ヴァンピールは世界を彷徨い続けます。

一部の人間に自分の正体がバレてしまい、王国に居づらくなったアルジェは、隣のヨツバ共和国へと向かう道を急ぎますが・・・。
突然現れた、キモノでノーパンで首輪をつけている狐っ娘の炎の術を受けて足止めされてしまいます。

どうやら狐っ娘はアルジェを魔物だと誤解していたようなのですが・・・それにしても異様にひもじい生活をしている様子に、普段はぐーたらなアルジェもつい、その狐っ娘・クズハの事情に首を突っ込んでしまいます。
その結果、厄介な事態に巻き込まれることになるのでした、、、

※ ※ ※

web版の「狐の恩返し」から「枯れた水路」まで、
文庫版でいうと2巻にあたる部分が漫画化されています。

小説原作は軽快なノリの文体と展開に特徴がある作品ですが、コミカライズを手掛けた咲良氏はそのノリをかなり忠実に漫画化しています。

どことなく少女漫画っぽさがあるのですが(特にクズハ関連のギャグ描写がそれっぽい)、咲良氏はかなり作風に幅を持つ方のようですので、この作品は意図的にそれっぽい感じに寄せているのかな?
メイキング部分が気になりますね!

※ ※ ※

今回気になったコマ。自分の尻尾を抱いて眠るクズハ。
一枚絵イラストでは良く見る構図なのですが、意外と漫画では出てきません。
可愛い感じのポーズですけど、この場面では強がっているクズハの寂しい本心が強く表現されています。
photo_1274























『転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい~Please take care me.~』3巻P47(咲良/ちょきんぎょ。/47AgDragon/株式会社アース・スター エンターテイメント)



萌え ブログランキングへ

ウマ娘ネタ・・・かと思ったけど、そもそもウマ娘の漫画だった。『セントールの悩み』17巻

今話題のウマ娘ですよ!!
【六本肢】で進化した人類の、ごく普通(?)の現代社会を描く『セントールの悩み』、漫画単行本の最新17巻目が9月13日より発売中です!

今回の表紙は、ほぼパーフェクト人間の生徒会長・真奈美さん。
実は表紙メインになるの初なんですね。

今回のラインナップは以下のとおり。
 「鴉羽さんに嫉妬する朱実ちゃんの話」
 「宇宙キノコの侵略状況!の話」
 「姫乃の膝の上の座り心地の話」
 「男子12人くらいに求婚される羌子の話」
 「市民にして大怪獣、タゴンさんの毀誉褒貶の話」
 「君原家と御魂家に迫る宇宙キノコの魔の手!!!の話」
 「真奈美と祖父の確執、そして誕生日の話」
 「生徒会役員選挙で、鴉羽さんと犬木さんの対決!の話」
 「御魂家三つ子&すえちゃんがお菓子を分け合う話」
 「ウマ人間!?スペシャルウィークの話」
 「宇宙キノコの侵略状況!の話 その2」

今回は生徒会役員選挙の話や、真奈美と祖父の確執の話など、世界情勢よりも姫乃たちの日常に視点が向いた話が多め。鴉羽さんの独特の姿勢もあって、百合百合なシーンも結構あります。

そんな日常の中で、宇宙キノコの侵略の話がちょくちょく差し挟まれていて、そのうち重大事に発展しそうな雰囲気がひしひしと漂っているのが気に懸かるところ。

 ※ ※ ※

いつもパロディネタ豊富な本作ですが、今回はアニメネタが多めですね。
特に某ウマ娘をネタにしているのが、「ウマ人間が実在する世界で語られるウマ擬人化」という複雑怪奇な構図になっていて凄く好き。

さらにそこで、セントールが馬に乗る話が出てくるあたりは流石というか脱帽です。

 ※ ※ ※

他のメンバーと比べて、姫乃の髪型はかなり大胆に変わるんですよね。
17巻の中だけでも髪型が色々変わっています。

羌子のモテ話をしている時の、三つ編みを後ろでまとめるスタイル。
photo_1272










『セントールの悩み』17巻P36(村山慶/徳間書店)



役員選挙結果の時のおだんごスタイル。
photo_1271














『セントールの悩み』17巻P134(村山慶/徳間書店)


さすが真ヒロインというか、見直してみると他の巻でもいろんな髪型で登場していて、どれくらいパターンがあるのか気になります。
いつか「姫乃のヘアースタイルまとめ」みたいな企画をやってくれないかなあ。



萌え ブログランキングへ

偵察狐娘!『放課後アサルト×ガールズ』6巻

狐型宇宙人(?)たちの戦争に巻き込まれてしまった福岡県立織峰高等学校の女子生徒たち。
現代戦の戦場を模したFPSゲームのような異世界で、謎のゾンビ兵士との戦闘を繰り広げながら、元の世界へ帰るための手段を探し続けてきました。

ようやく狐たちの軍の本隊との合流を果たし、元の世界に戻れる算段がついたと思った矢先、一部の女子生徒が敵軍に拉致されてしまいます。
危険な救出作戦が展開されますが・・・!

銃と狐と魔法少女!が織りなす新感覚ミリタリー・SFファンタジー『放課後アサルト×ガールズ』の6巻目が9月11日より発売中です!

教室に突然現れた狐耳少女によって、地球の平行世界「中空地球」にクラス丸ごと転送させられた織峰高校の女子生徒たち。
そこはさらに別の平行世界である「第5太陽地球」の二大勢力「イズナ」と「フタナ」が争う戦場でした。

前回、なんとか孤立状態を脱しイズナ軍・上陸部隊本隊との合流を果たした女子生徒たちと、狐耳少女こと「イズナ」の陸軍少尉・諏訪原サキ。
これで女子生徒たちはイズナ本国の転送装置で元の日本に戻る、という流れになるはずでしたが・・・。

一部の女子生徒が敵軍に拉致される事態が発生します!

いつも一緒の四人の女の子・・・突撃兵のアヤコ、工兵のハルカ、偵察兵のマチ、衛生兵のキヨミの間にも衝撃が走り、特にアヤコは拉致のきっかけに関わってしまったことで強い自責の念にかられます。
クラスの仲間を助けようと焦って、余計に危険な状況を作り出してしまうアヤコを、いつもニコニコして落ち着いているマチがなだめようとしますが・・・。

※ ※ ※

今回は15才なのに「お母さん」と評されるマチが中心の巻。
もしかしてこの作品、前の巻で表紙になった人物が最新巻の中心になる法則があるんですかね?
前の5巻表紙がマチで、5巻で活躍したキヨミは4巻の表紙だったし。

この法則でいくと、7巻はのじゃロリ狐娘レンジャーおばさんこと、笠森シマ中佐が中心になることになりますがはたしてどうなるか!?

※ ※ ※

今回気になったコマ。
敵の捕虜収容所を偵察するサキとマチ。
敵の歩哨を見つけてとっさにサキの頭を押さえるマチですが、サキの狐耳が隠しきれていません。
photo_1269

















『放課後アサルト×ガールズ』6巻P118(高田慎一郎/フレックスコミックス株式会社)


このあたり『狐のお嫁ちゃん』でも問題になるのかもしれませんが、「頭のてっぺんにピンと立った大きな耳を持つ狐系種族は、伏せて隠れる時は耳も伏せないと隠れきれない」ことが分かります。「頭隠して耳隠さず」状態とでもいったところでしょうか。

サキは戦闘技術も若干ポンコツなのでとっさの動きに対処できていませんが、この世界のイヅナ軍人は戦闘時の狐耳の動きもちゃんと訓練しているのかもしれませんね~



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント