ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

2017年07月

チェシャ猫の女の子も出ますよ!『ラビ×ラビ パズルアウトストーリーズ』

DSiウェアで配信されていた迷宮脱出アクションパズルゲーム『ラビット×ラビリンス』。
そのシリーズ4作品が1つになったPS Vita移植版『ラビ×ラビ パズルアウトストーリーズ』が7月20日より発売中です!

この機会に早速購入してプレイしてみましたー
(気になったらダウンロードしてすぐにプレイできるなんて、良い時代になった、、、)

可愛い見た目とは裏腹にかなり高難度のゲームです。
パズル自体、一筋縄でいかないレベルの難しさなのですが、敵やギミックの動くタイミングに合わせて素早く正確なコントローラーさばきが必要とされる場面があり、微妙なタイミングのズレで悔しい思いをすることもしばしば。
でも1ステージが短くて、リトライもワンボタンでできるので、何度でも挑戦してしまう中毒性があります。

感覚としては懐かしの『ロードランナー』っぽいところがありますね。

Vita版は幕間ストーリーデモでの可愛いキャラグラフィックがリファインされている上に、ステージごとにヒントを喋ってくれます。
このヒントがあまりヒントになっていないこともあるのですが、内容にキャラの性格が垣間見れて面白いので、つい見てしまいますね。

※ ※ ※

猫耳女の子が登場するのは、外伝の『Witch's Cat』です。
ワンダーランドの女王に仕えるチェシャ猫でありながら、ある人とお友達になりたくて女王を裏切った元・チェシャ猫のアリシアが主人公のお話です。

『ラビ×ラビ』本編がコミカルな雰囲気なのに対して、『Witch's Cat』は物語・音楽ともに憂いを含んだ夜の雰囲気になっています。

気品のある性格ながら、ところどころ猫っぽさが抜けないアリシアがとても可愛いのですよ。

※ ※ ※

ちなみにこの作品も、アリシアの猫耳と尻尾を「コスプレ」でごまかし通します。
『オオカミ少年 こひつじ少女』の記事でも過去に触れましたが、最近は下手に隠したりせずに、堂々とケモミミ尻尾を見せて「コスプレ」で押し通す作品が増えましたねー



萌え ブログランキングへ

けっこうシリアスな物語です。『押しかけ犬耳奴隷が、ニートな大英雄のお世話をするようです。』1巻

竜と人が果てることのない戦争を続けている世界。

「竜殺しの英雄」として知られる男は、犬耳の奴隷少女を人質に取っていた悪党を懲らしめた結果、その奴隷少女の保護者となります。

しかし少女はやや歪な価値観を持っていて、竜を殺す以外にこれまで何にも興味を持たなかった「英雄」は、少女をより良い方向に導いてやりたいと考えるようになりますが・・・。

純粋な犬耳娘と真剣に向き合うファンタジー『押しかけ犬耳奴隷が、ニートな大英雄のお世話をするようです。』が7月22日より発売中です!

竜殺しの英雄、あるいは「千竜殺」として知られる男・リーンハルトは、友人にしてパトロンであるレオポルト皇子の依頼を受けて、非合法の人身売買組織を一網打尽にする任務に力を貸しました。

その時に、悪党に人質にされていた奴隷の犬耳少女。
ある日、リーンハルトが目覚めてみるとその少女が真新しいメイド服に身を包んで側に侍っていました。

犬耳少女が持っていたレオポルトからの紹介状によると、保護したものの身元の引受先が無いので、彼女をリーンハルトの方で雇ってやってほしい、ということのようです。

人と関わるのが好きではないリーンハルトは最初、マイヤと名乗る犬耳少女を追い出そうとしましたが、パトロンの紹介であり、マイヤも必死に雇って欲しいと懇願するので、とりあえず屋敷に置いて身の回りの世話をさせることにします。

マイヤと接してみてすぐに気づいたのが、彼女の自己評価が異様に低いこと。

自分のことを「ゴミクズ」と呼び、常に人の様子をうかがうようにするのは、戦闘種族である狼犬族として生まれ育ってきたにも関わらず、戦闘力が弱くて雇い主や仲間から疎まれ、ついには奴隷にまで落ちぶれてしまったという境遇に由来するようです。

戦場では役にたたずとも、日常生活をする上では普通の人間と同等以上の働きを見せるマイヤを見て、彼女をもう少し自立させたいと考えるようになるリーンハルトですが・・・。

※ ※ ※

Web版の第一章が大幅加筆修正されて書籍化されています。

タイトルからラブコメかハーレムものみたいな甘い印象を受けてしまうのですが、内容はかなりシリアスで、様々な出来事を通してマイヤとリーンハルトの心境の変化を丁寧に描いていく作品です。
ひと昔前だったら「泣きゲー」的なノベルゲームになっていたかもしれませんね。

犬耳メイドとイチャイチャするより、怯える犬耳少女を幸せにしてあげるような話に興味がある人にオススメ。

リーンハルトとマイヤの一人称視点が交互に入れ替わって語られる章仕立てや、獣人の社会的な位置づけ、竜と人が争い続ける世界観(洋ゲーの『スカイリム』の世界をもう少し激しくしたような雰囲気)も凝っていて、最近のラノベでカッチリしたファンタジーが読みたい人にもオススメです!



萌え ブログランキングへ

馬耳&狐耳アニメの感想~『セントールの悩み』第3話/『縁結びの妖狐ちゃん』第4話

注目している今期ケモミミアニメの感想です。

●『セントールの悩み』第3話
小さい子のあのバイタリティは何処からくるの?」
「時代や年代を問わず、魔法少女って人気あるよね」

今まで見てきた感じだと、Aパートはキスとか女の子同士のイチャイチャとか百合な感じが強めで、Bパートは風刺や世界観に関わる話が混じるという感じですかね。

Aパートにて御魂家の三つ子(千草・千奈美・千穂)が朱池&犬養に質問するシーン、「質問するたびに尻尾が持ち上がる」というのが面白いなあと思ったり。こういうキュートな耳尻尾の動きはやっぱりアニメならではの描写といった感じ。

朱池と犬養のキスシーンも「キスする前に犬養の角をちょっと手でよけるようにする」という、さりげないけれど重要な仕草がきちんと入っていて良かったのですが、このシーンはやっぱり漫画の方が印象的ですね。

※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第4話 それぞれの想い


今回のスースは傍観役。ハン王子の見どころが多いですね。
ハン王子は、普段どもった感じの喋り方でどことなく頼りない残念イケメンなのに、本気になるときはキチンと立ち回るところがなかなか良い。

少し話が動き出した感がありますが、まだ分からないことが結構多いです。

(1)妖怪のハン王子と、転生した人間のレキさんの間で、前世の記憶に食い違いがある。(レキさんがきちんと思い出していないだけ?)

(2)王富貴の率いる一気道盟の目的。


(2)が分からなくてもう一度第1話を見直してみて、一気道盟が塗山妖狐との結びつきを狙って「白月初とスースの政略結婚」を狙っている、という構図にようやく気付きました、、、
だから、政略結婚を嫌がって全然違うこと(転生の縁結び)をしようとしているスースと白月初に絡んでくるのか。

見直してみると第1話は登場人物のさりげない台詞に色々と情報が詰まっているのですが、初見の時はドタバタ劇に目が行ってそのあたりに気づかなかったですね。
話がこんがらがってきた人は、第1話を見直してみるのがオススメです!



萌え ブログランキングへ


「だ、だから私は猫じゃないってば!」(by白虎娘)『神獣たちと一緒なら世界最強イケちゃいますよ?』

拳闘士として名を上げようとしていた少年。
彼はなぜか女性しかなれないはずの「神獣使い」に選ばれました。

強力な神獣・・・特に光の神獣を意のままに操れるのなら、それはそれで強者として名を上げられると思ったのですが・・・・光の神獣、思ったほど強くない・・・というか弱い!?

四人の美少女神獣ちゃんと一緒に世界最強を目指す!『神獣(わたし)たちと一緒なら世界最強イケちゃいますよ?』が7月20日より発売中です!

少年ディオス・ソマは十年に一度行われる闘技大会「スリアンヴォス」に参加するためにトルバ・マディナの街を訪れていました。

一種の神事である「スリアンヴォス」で優勝すれば、「国王になりたい」「一生遊んで暮らせるだけの金が欲しい」といった荒唐無稽な願いでも、神の力によって叶えられると言われています。

拳闘士としての腕に自信があったディオス。
しかし、大会の予備審査の結果、女性しかなれないはずの「神獣使い」の適正があることが判明します。

そんな馬鹿なはずはないと、ふざけて召喚の真似事をしてみるディオス。
すると驚くべきことに、本当に神獣が召喚されたのでした!

やたらテンションの高い、炎の鳥の神獣ルヴィ。
無表情だけど結構甘えたがりの、クラゲのような姿をした水の神獣マリン。
いろいろとHなお姉さん、植物を司る蛇の神獣エメロード。
ツンツンして意地っ張りな、白虎の姿をした光の神獣レイナ。

大会の優勝候補をルヴィ&マリン&エメロードが軽々と撃破するのを見て、ディオスは神獣の力に驚き、そして自らの神獣使いとしての潜在能力に自信を持つようになります。

そして、光の神獣レイナの力を見ようと魔物退治に出かけるのですが、レイナはあまり乗り気でありません。
その理由は、レイナと最弱の魔物「ジェリー・バト」との対戦で明らかになるのでした、、、

※ ※ ※

神獣の女の子が四人登場しますが、メインヒロインは白虎娘のレイナです。

「強がってツンツンしているけど、実は落ちこぼれの女の子」が、主人公と一緒に様々な事件をくぐり抜けて本当の強さを身に着けていく・・・・ツンデレ系統のお話としてはある意味、王道と言っていい作品ですね。

本作、レイナが虎娘であるという所がなかなか効いていて、ことあるごとに猫扱いされて「私は猫じゃないわよおお!」みたいなやりとりをするのですが、実際猫レベルの戦闘能力しかないことに落ち込んでしまうという流れは、虎娘だからこその味わいがあります。

※ ※ ※

「犬扱いされる狼」、「猫扱いされる虎(or猫科大型獣)」の物語パターンは一度まとめてみたいところです。



萌え ブログランキングへ

人外×少女のハートフル&ガールズラブ漫画!『ぼっち怪物と盲目少女』

人間からも怪物からも仲間外れにされ、孤独に生活していたぼっち怪物。
ある日、目の見えない少女と出会った怪物は、少女に「自分は旅人だ」と嘘をついてしまい、とりかえしのつかない事態になっていきますが・・・。

人外×少女のハートフル&ガールズラブな漫画『ぼっち怪物と盲目少女』が7月18日より発売中です!

鋭い爪、片方だけの角、背ビレに鱗に尻尾、そして獣の耳。
人型をしているけれど、人とは大きく姿の違う怪物は、普通の人間からも他の怪物からも仲間外れにされ、独り寂しく森で暮らしていました。

ある日、怪物は森の中で人間の少女に出会います。
普通は怪物の姿を見て、人間は逃げていくものなのですが、少女は怪物を見て怖がりません。

・・・というより、少女は盲目で、怪物の姿が見えていなかったのです。

普通の人間のように少女に話しかけられた怪物は、「友達になってくれるかも」と淡い期待を抱いてしまいます。
その気持ちを抑えられなくなった怪物は、少女に「自分は旅人だ」と嘘をついてしまうのでした。

それから頻繁に会うようになった怪物と少女。
森からほとんど出たことが無い怪物は、少女に嘘の旅の話をして自分の事を誤魔化しますが、そのたびに罪悪感に苛まれます。

そして、二人の関係を変える決定的な事件が発生するのですが・・・!

※ ※ ※

全四話のうち、前半の二話はお伽話風の展開で、後半二話は百合っぽい展開になります。
あらすじから想像するところとは結構違った感じの展開になるので、ぜひ一読することをオススメします。

怪物こと「ヒース」は、鱗やヒレがあったりして海洋生物っぽい外見なのですが、頭に生えているのは「獣耳」だと作者からも解説されていますので、ケモミミ作品として紹介させていただきました。
陸上生物と水棲生物のキメラ的なところが「怪物」らしさを高めているといえそうです。

少女よりも怪物の方がグラマーである点とか、いろいろギャップ萌え・カップル差萌えの多いガールズラブ作品ですので、そのあたりが好きな人はぜひ。



萌え ブログランキングへ
記事検索