ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

2017年01月

『けものフレンズ』アプリ版ストーリーおさらい その2

おさらい
  その1はこちら  その2はこちら  その3はこちら
  その4はこちら  その5はこちら  その6はこちら
  その7はこちら  その8はこちら  その9はこちら
  その10はこちら

※メインストーリー全10章のうちの第2章です。


【第2章】アライさん&フェネック登場
偽サーバルを追って、森林エリア(アンインチホー)にやってきたプレイヤーたち。
まずは偽サーバルの情報を得るべく、森の「賢者」と呼ばれるフレンズに会いに、森の奥深くへと踏み入っていくことに。

・・・その頃、プレイヤー以外にも偽サーバルを追うパーティーがあらわれる。
猪ではないのに猪突猛進なアライグマと、彼女をサポートする(煽っている?)知恵者のフェネックだ
photo_704













アライグマ・・・通称アライさんはある種の一発屋であり、偽サーバル(彼女は「けもリアン」と呼ぶ)を捕まえて、ジャパリパークで有名になることを狙っているらしい。

(※アライグマが山師的存在になっているのは、アライグマの手を洗うような仕草が、実は川の中を探る仕草であることに由来するようだ。常に何かを探している=一山当てようとしている、の連想か)

フェネックは特に名誉欲などはなく、単に暴走するアライさんを眺めているのが好きなようだ。

2章の時点では、このふたりとプレイヤーとの接触はまだ無く、それぞれ独立して行動することになる。



【第2章】トキ登場
森の「賢者」に会うために、森の奥深くへと踏み入ってゆくプレイヤー&サーバルたちの耳に「地獄の釜が開いて漏れ出した亡者たちの歯ぎしり(by カラカル評)」のような、凄まじい音が聞こえてくる。

しかも、その音に多数のセルリアンが引き寄せられているようなのだ!

音の正体は、「歌」の練習をしていたトキ。
もの凄い音痴な上に、彼女の歌はセルリアンを引き寄せる効果があるため、森の奥で一人ひっそりと練習していたのである。
photo_705













セルリアンを引き寄せる効果が無くなれば、人前で歌ってみんなに喜んでもらえる(?)のに!と嘆くトキ。

・・・ということで、森の「賢者」に歌のセルリアン引き寄せ効果を無くす方法を教えてもらうため、トキもプレイヤー一行についていくことに。



【第2章】森の「賢者」、アフリカオオコノハズク
森の「賢者」とはどんな感じだろう?と想像をふくらませるサーバルたち。

カラカルは知識豊富な「お婆ちゃん」っぽいフレンズだと考え、トキは「出来る女」という感じではないかと意見を述べ、サーバルは包容力のある「お母さん」みたいな感じだろうと想像する。

そして、実際に出てきた「賢者」は下のような感じである。
photo_706













このちんちくりんな感じのフクロウ科の鳥、アフリカオオコノハズク・・・通称「コノハちゃん博士」こそが、森の「賢者」の正体なのだ。

コノハちゃん博士は、彼女以上にヘンテコな助手、ワシミミズクの「ミミちゃん助手」とともに森の中で怪しげな研究に勤しんでいるのである。
photo_707













変な博士と助手のペアとはいえ、ジャパリパークに関する知識は「賢者」の名に恥じないものらしい。
トキの歌のセルリアン引き寄せ効果を無くすには、薬用樹コパイバの樹液でトキの喉を癒せばよいという助言をくれる。

早速、コパイバの樹のもとへ向かおうとするトキ&プレイヤー一行に、コノハちゃん博士たちもついていくと言い出す。どうも博士と助手はプレイヤーの持っているお守りの効果に興味津々らしい。



【第2章】コパイバの樹とトキの歌
何回かのセルリアンとの戦闘を経て、コパイバの樹にたどり着いたトキ&プレイヤー一行。

採取したコパイバの樹液を飲んだトキは「生まれ変わった気分」だとつぶやき、早速思いっきり歌を歌う。

全く変わってない激烈音痴な歌声!!

そして、地響きとともにとてつもない数のセルリアンが押し寄せてくる!!

コパイバの樹液は、トキの歌の声の通りを良くして、セルリアン引き寄せ効果を強化したのであった!

・・・・

謎のキツネ属フレンズ↓の助力もあって、一時的にセルリアンの猛攻をしのいだプレイヤー一行。
photo_708













しかしトキは、プレイヤーやサーバルたちが頑張ってトキのために樹液を手に入れてくれたのに、大変な迷惑をかけてしまったことに意気消沈し、『もう一生歌わない』と言い始めてしまう。
photo_709













そんなトキの様子を見て、サーバルが叫ぶ。

『そんな・・・・・駄目だよっ! そんなの絶対に駄目!!』

みんなの前で歌えるようになる方法が絶対にあるはずだから、諦めないでと励ますサーバル。

『セルリアンが襲ってきたって、私たちが全部ぶっとばしてあげるから!』

トキの歌に引き寄せられた、新手の大型セルリアンが襲来する中、サーバルはトキを励まし続ける。



【第2章】偽サーバルを追って、新たな地へ
非常に強力な大型セルリアンを撃退することに成功したものの、戦いの中でケガをしてしまったサーバル。

トキは自分のために戦ってくれたサーバルやプレイヤーたちへの想いを抑えきれなくなり、歌い始める・・・!

凄まじい音痴!な歌が響く中、プレイヤーのお守りが光り出し、サーバルのケガがみるみる治ってゆく!

どうやらプレイヤーのお守りの力によって、トキの歌に治癒効果が発現したようだ。
photo_710













お守りを持ったプレイヤーの側ならば、自分の歌が役に立つ・・・思いっきり歌うことができる、ということを知ったトキは、プレイヤーと一緒に行きたいと申し出る。
当然、歓迎するプレイヤー一行。

こうして、トキを仲間に加えたプレイヤー一行は、コノハちゃん博士たちから『“耳の大きなネコ科のけもの姿のセルリアン”が砂漠エリアに向かったらしい』という情報を聞いて、砂漠エリアへと向かうのであった、、、



【第2章のポイント】「パークマニュアル」
「パークマニュアル」はジャパリパークの情報が詰まったガイド必須のアイテム。
ガイドさん(ミライさん)はこのマニュアル(の中の地図?)を見て道案内をしているようだ。
2章の森林エリアではセルリアンに追い掛け回されたせいで、道を見失って迷子になるシーンが見られた。
photo_711













アニメ版第1話で出てきたパンフレットらしき地図は、アプリ版のこのパークマニュアルと関連づけられているのかもしれない。


 萌え ブログランキングへ

『けものフレンズ』アプリ版ストーリーおさらい その1

おさらい
  その1はこちら  その2はこちら  その3はこちら
  その4はこちら  その5はこちら  その6はこちら
  その7はこちら  その8はこちら  その9はこちら
  その10はこちら

※メインストーリー全10章のうちの第1章です。

------

アニメ版『けものフレンズ』の考察に役立つかもしれない、アプリ版のストーリーのダイジェストを順次まとめていきたいと思います。

アプリ版プレイヤーから見て、アニメ版『けものフレンズ』の考察が捗る理由のひとつとして、アプリ版のプロローグで呼びかけてくる謎の声が何だったのかが、ゲーム中でははっきりと解明されなかった、という点があります。
語られざるメインストーリー第2部の伏線になっていそうだった)

メインストーリー第2部=アニメ版という可能性も含めて、今こそアプリ版に注目すべきではないかと思うのです。

※ ※ ※

ちなみにアプリ版ストーリーの魅力は、フレンズたちの軽妙なノリツッコミに満ちた掛け合いにあるので、当方のまとめでは本来の魅力の1000分の1も伝えきれないと思います。

ぜひ実際にアプリ版をプレイして・・・・・と言いたいところなのですが、すでにサービス終了しているので、ここはせいいっぱいアニメを盛り上げて、アプリ版復活もしくはオフライン版ソフト発売につながるようにしたいところですね!



【プロローグ】プレイヤーに呼びかける謎の声

 あなたは忘れてしまうでしょう

 ともに過ごした日々と私のことを・・・・・・

 私は忘れない。
 あなたの声、ぬくもり、笑顔・・・・・・その優しく純粋な心

 どれほどの時が経っても・・・・・・
 あなたが全てを忘れてしまっても・・・・・・
 私は決して忘れない

 本当に、ありがとう

 いつかまた、きっと私たちは出会えるから・・・・・・

 今は、さよなら・・・・・・
 〇〇〇(プレイヤー名)・・・・・・

【プロローグ】サーバル登場
パークガイド(ミライ)さんに呼びかけられて、目を覚ますプレイヤー。
ガイドさんの話によると、プレイヤーは特別招待を受けて限定開放中の超巨大動物園「ジャパリパーク」にやってきたというのだが、それまでの経緯は全く思い出せない

まだ事情がのみこめずサファリバスから降りてぼんやりしているところで、モンスターに追われている猫耳尻尾の生えた女の子サーバルを発見する。
photo_696













助けなければと思っていると、突然、プレイヤーの胸元が光り出す!
なぜか持っているお守り(ルーペ型のペンダント)が激しい光を放っていて・・・その光を浴びたサーバルは「力が湧いてきた」と言ってモンスターに反撃を試みる。
サーバルの悲鳴を聞いて駆け付けたヒグマの助太刀もあり、プレイヤー&サーバルたちは見事にモンスター(=セルリアン)を撃退する。

フレンズ単体でも元の動物としての力は出せるが、プレイヤーの「お守り」の力が加わることで、フレンズはセルリアンを圧倒するほどの戦闘力を発揮するようになるらしい。

ガイドさんは戦闘の様子を見て、プレイヤーがジャパリパークに招待されたのは「お守り」を持っているためかもしれない、と語る。
ちなみに、ガイドさんもプレイヤーが招待された理由は知らないらしい。(管理センターからパークを案内するようにという指示を受けただけ)



【第1章】偽サーバル登場
サーバルとともにジャパリパークを巡ることになったプレイヤー。
セルリアンも断続的に襲いかかってくるのだが、ガイドさんによると今、パークのあちこちにセルリアンが出現していて困っている状況なのだという。

そんな折、セルリアンの群れの中に見慣れない姿のモンスターが混じっているのを見つける。
photo_697













サーバルにそっくりな姿をしたモンスターは、ガイドさんが解析を試みる間もなく、姿を消してしまう。(ちなみに、ガイドさんの眼鏡にはパーク管理センターのデータベースと連動した解析機能が付いている

その後、偽サーバルはアフリカゾウカラカルの前に姿をあらわし、偽サーバルを見たフレンズたちは彼女?をサーバルと勘違いしてしまう。
特に、おやつのジャパリまんじゅうを偽サーバルに奪われてしまったカラカルは、サーバルと絶交する勢いで激怒する。
photo_698













photo_700













サーバルとプレイヤーはカラカルの誤解を解くべく、偽サーバルを追ってジャパリパーク草原エリア(通称「キュウシュウチホー」)の奥深くへと入り込んでいく。

・・・そして、ようやく見つけた偽サーバル。
何かの目的をもってどこかへ向かおうとしているようで、捕まえようとすると多数のセルリアンとともに襲い掛かってくる!
photo_699













なんとかセルリアンの群れを撃退したものの、偽サーバルはそのまま森林エリアへと消えて行ってしまう。

このままだと偽サーバルがあちこちで事件を起こして、それが全部サーバルのせい、ということになってしまうかもしれない!

サーバル&プレイヤーたちは、誤解が解けて仲直りをしたカラカルを仲間に加え、偽サーバルを追って次の森林エリアに向かうのであった、、、



【第1章のポイント】「ジャパリパーク」「サンドスター」
「ジャパリパーク」は世界中の様々な動物が集められた超巨大総合動物園。
世界各地の気候と植生を再現した8つの「チホー」エリアと、玄関口となる[ 遊園地・ホテル・レストラン・ショッピング ]のエリア「パーク・セントラル」から構成される。

パークにはよく見かける動物だけでなく、稀少種や、絶滅してしまったといわれる動物まで集められており、世界でもここだけでしか見られない動物も数多い。
photo_701













(※絶滅種までいるのは、パークに絶滅動物専門の研究スタッフがいることが関係していると思われる。後のストーリーでキーパーソンとなるガイド(ミライ)さんの先輩「カコ」さんが絶滅動物の研究スタッフの一人。某ジュラシックパークように何らかの生物工学的手段で復活させたのだろうか?)

パークに集められた動物が女の子の姿になったのは突然のこと。
「砂の星(サンドスター)」と呼ばれるものが原因と思われるが、詳しいことは何もわかっていないらしい。

「アニマルガール」や「フレンズ」という風に呼ばれる元・動物の女の子たちは、普通の動物だった頃のことも記憶しているようで、サーバルも時折、動物だった頃があることを匂わせる発言をする。
photo_702
















 萌え ブログランキングへ

「私クリクリやめるから」(byロージア)『SHOW BY ROCK!! クリティクリスタ♪クリクリ伝説』2巻

サンリオ発のマルチメディア・ケモミミコンテンツ『SHOW BY ROCK!!』のスピンオフ漫画!
聖MIDI女学園中等部・特殊芸能科の新星ガールズバンド「クリティクリスタ」を主役にしたキュートなコミック『クリティクリスタ♪クリクリ伝説』の2巻目(完結)が1月23日より発売中です!

あざとくて気まぐれな態度ゆえに不真面目に見られるけれど、メンバーの誰よりも真剣に音楽のことを考えている、負けず嫌いな腹黒ピンク天才美少女、ギター&ボーカル担当の学園書記・会計ロージア。

個性派揃いのメンバーのまとめ役。天才でない部分は努力で補う!ベース&ボーカル担当の学園生徒会長ホルミー。

うるおいぴちぴち。最近は音楽活動だけでなく大人の恋にも憧れているドラム&ボーカル担当の学園副会長ジャクリン。

恋とか音楽とかに関係なく、とにかくいつも食べている! 天性の絶対音感の保持者、キーボード&ボーカル担当の学園美化委員のツキノ。

そんな四人で構成される「クリティクリスタ」は、みんなボーカルだったり、それぞれの個性が突出していることもあって、いまひとつまとまりがなかったりします。

そこで、ロージアの提案でクリティクリスタのリーダーを決めるテストを行うことになりますが・・・。(『#07リーダーは誰だ?』)

※ ※ ※

『#08~09 Re:start!』では他のバンドの演奏に衝撃を受けて珍しく苦悩するロージアの姿が描かれ、最終話『#11 For My Dream』ではロージアの過去・・・バンドを始めたきっかけが描かれたりと、前の巻とは打って変わって音楽活動に焦点を当てた話が多く収録されています。

とはいえ、作者の羊箱氏によるキュートかつ冴えたギャグ展開は1巻と変わらず、笑いながら読めること間違いなしです!

特に、絵柄まで少女漫画風に変えた少女漫画的展開パロディ・・・ジャクリンの恋の顛末を描く『#10 夢見る乙女』は必見ですね!

 ※ ※ ※

『#08 Re:start!』にて、ロージアの探偵姿が見られるわけですが、ケモミミ描写として注目は帽子。
photo_703






『SHOW BY ROCK!! クリティクリスタ♪クリクリ伝説』2巻P38(羊箱/サンリオ/KADOKAWA)












眼鏡ヘッドフォンほどではないですが、帽子もケモミミと相性の悪いアクセサリーだったりします。
本作のロージアのように、ベレー帽のような形の帽子なら猫耳を側面に出すことができるのですが、シルクハットや麦わら帽子のような「つば」の広い構造の帽子をケモミミにかぶせる場合は、帽子自体に穴をあけないとかぶせることが不可能になります。

四つ耳を前提にしないケモミミは髪型が限られてしまう」というケモミミ描写独特の弱点がありますが、帽子のデザインが制限される点も、ケモミミの弱点と言えそうです。



萌え ブログランキングへ

珍しいミアキス男子が登場!『ソード・ワールド2.0リプレイ 竜伯爵は没落しました!』

和製TRPG代表作の新編『ソード・ワールド2.0』のサプリメント、ほの暗い蛮族の国を舞台とする『ディルフラム博物誌』を基にしたリプレイです!

竜人(ドレイク)の伯爵家の跡取り息子と、彼に従う人族奴隷の冒険を描く『竜伯爵は没落しました!』が1月20日より発売中です!

《紫闇の国》ディルフラム。
人族の世界からは駆逐された「蛮族」と呼ばれている種族・・・・・・各個体の実力は人族を上回るドレイクやバジリスクといった種族が集い、国を造り上げている地域。

この国では力の弱い人族は蛮族の奴隷にされているのですが、圧倒的な力を持つ竜人のような種族の庇護下で奴隷として働くことは、人族の世界で独立して苦労して生きるよりも利点が多いこともあり、この地域の人族は進んで蛮族の支配を受け入れている雰囲気があります。

そんなディルフラムの伯爵家のひとつ、竜人(ドレイク)が当主を務めるヴァルテック家では、今まさに、当主の突然の事故?失踪?により大波乱が起きようとしているところ。

伯爵家の跡取り息子、「そこそこ色々できて強いけれど、ある意味器用貧乏な」ロランは、教育係のバジリスクと有能な人族奴隷たちとともに、伯爵家に降りかかる災厄をはらうべく、冒険に旅立つのでした!

 ※ ※ ※

亜人が人間の奴隷になっている設定のファンタジーはかなり多いですが、人間が異種族の奴隷であることが常識という世界観のファンタジーは、近年ではわりと珍しいのではないかと。
(1980年代以前のファンタジーだと、結構見かける設定ではあるのですが)

ケモミミとしては猫系種族ミアキスの青年ルドが登場します。
伯爵夫人にペット扱いにされている人族奴隷で、いつか逃げだして自由になってやる!的なことを口にするのですが、実際はマダムの膝の上でごろごろ甘える怠惰な日々を過ごしているという、ちょっと情けない男子です。

戦闘ではグラップラー技能を生かした肉弾戦で活躍しますが、色々ヒドい役をやらされそうになったりと、パーティーのいじられ役といった立ち位置にあります。

このルドと、ドワーフの給仕カティヤが、本作のギャグ担当といった感じですね。



萌え ブログランキングへ

猫耳アニメの感想『にゃんこデイズ』『けものフレンズ』第3話

今季注目している猫耳(?)アニメの感想です。

●『にゃんこデイズ』第3話・・・「ネコとの休日2」
にゃんこマジ天使!
タイトルの、猫じゃらしを追って飛び跳ねる「まー」の動きが超ラブリーでたまらないです。
アニメだからこその、漫画原作では表現しきれなかった「動き」が強調されていて、素晴らしいですね。



●『けものフレンズ』第3話・・・「こうざん」
トキちゃん可愛い!

無表情系クール少女だけど、ところどころ「変な子」の片鱗が見える、というアプリ版に近い性格になっています。

アプリ版や漫画版では文字情報と効果音くらいでしか表現されていなかったトキの「ものすごい音痴」さ加減が、まざまざと実感できたところは、アニメならではの感動ですね! 金田朋子さんの演技が光ります。

笑えるシーンなのに、トキの歌っている歌は『仲間を探し求める歌』だったりして、微妙な闇をはらんでいるところも本作ならではといえるかもしれません。

ラッキービースト(ボス)が「けもの解説」をすると、解説されたけもの(今回はトキ)が「あなた、わたしのこと詳しいのね」と返す流れは、アプリ版を彷彿とさせるやりとりで(アプリ版はパークガイドのミライさんが解説)、すごく好き。

この点が「ラッキービーストの中の人=ミライさん」であることの伏線・・・・・・だったら凄いんだろうけどなあ。

第3話の新フレンズとしては、トキちゃんのほかに「アルパカ・スリ」が登場します。
田舎のおばちゃんみたいな喋り方が癖になる娘です。

ちなみにアプリ版ではアルパカ種は「アルパカ・スリ」と「アルパカ・ワカイヤ」の二種が登場していたので、アニメ版も今後もう一人のアルパカが出る可能性もあるのかな?

トキの地獄のデュエット相手「ショウジョウトキ」が今回3話で登場したことから、同属も普通に出演するようなので期待はできそうです。

※ ※ ※

サーバルがめちゃくちゃ頑丈なのが笑える。
山から転げ落ちたり、バスと正面衝突したりしても、ケロっとしているのがいい。
アニメのサーバルはこういう路線でいくんですかねー


 萌え ブログランキングへ
記事検索