ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

2015年02月

本来の人間の耳のある場所はどうなっているのか? 最大の謎が今、明らかに!『のらうさぎ』3巻

 つきみは月から地球にやってきたエイリアンの「調査員」。
 地球人としては不自然なウサ耳を隠すため、バニーガール姿になって完全に(?)地球人の社会に紛れているつきみですが・・・・・・地球人は騙せても他のエイリアンは騙せなかった!

 次々と襲いくる敵性宇宙人の刺客に、今回、つきみは最大のピンチに陥ります!

 ウサ耳エイリアンの激しい(?)バトルが繰り広げられる非常識コメディ完結編!
 『のらうさぎ』の3巻が2月25日より発売中です!
のらうさぎ(3)完 (ヤングガンガンコミックス) 
のらうさぎ(3)完 (ヤングガンガンコミックス)

 2巻では、敵性宇宙人であるアメシマ大佐(猪突猛進)&オギノ少尉(苦労人)と、その増援としてやってきたカンバラ中佐(チャラい)&コミヤ准尉(無口)の連携が上手く取れていなかったため、つきみの捕獲に失敗していましたが、今回はアメシマ大佐がなんとか四人で協力して戦えるようにと心を砕いた(?)おかげで、連携作戦によりつきみを追いつめることに成功します。

 つきみの側は、調査員になりたくて月からつきみを追ってきた元同僚(?)の「まんげつ」(今回の表紙の左側の娘)が足を引っ張っている状態のために、全力が発揮できない状況。

 エイリアンvsエイリアンの人外魔境の戦いの果てに見えるものは・・・・・・!

 ※ ※ ※

 今回、エイリアンたちの非常識な姿が次々に明らかになります。
 カンバラ中佐の必殺技「駒狗」も、あんな異常な構造の物体(寄生虫?)を身体のどこから出しているのか謎だったりしますが、それ以上に、つきみがあんなヤヴァい身体構造を持つ生き物だったなんて・・・・・まさにエイリアンですね!

 ※ ※ ※

 3巻の描写における最大の注目は、つきみの本来の人間の耳がある場所がどうなっているかを描いたこのコマ。
 ケモミミ娘の人間の耳の部分はどうなっているのか、という点はしばしばネタにされますが、本当にそれを描いたのは本作が(商業漫画では)初めてではないかと!

 ケモミミ漫画史に残る描写といえるかもしれません。
photo_414




『のらうさぎ』3巻P139(小城徹也/スクウェアエニックス)









萌え ブログランキングへ

「狐ほど思慮深く、慈悲深く、愛すべき動物はいないぞ」(by玉藻)『幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~』2巻

 日本仏教の聖地・高野山を望む和菓子屋・『春寿堂』を舞台に、店主の妖狐・玉藻と、あやかしを見ることのできる人間店員・秋夜名月の不思議な日常をつづった『幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳』の2巻目が2月11日より発売中!

 今回は、子狐・篤胤(あつたね)が春寿堂にやってきて、玉藻に弟子入りしたいと申し出てきます。
 しかし出会ってすぐに篤胤との相性が最悪であることが分かった玉藻の式神・あずきが、篤胤なんて弟子にすべきでない、と言ったために、激怒した篤胤はあずきに決闘を申し込みます。

 そこまではいいのですが、なぜかあずきは決闘の代理として名月を指名し、名月を困らせて愉しむのが好きな玉藻は代理の決闘を承認してしまいます。

 決闘の内容は、新作菓子の名付け合戦!

 一応、「(勝った方の)どんな願いでもきいてやる」という玉藻の言葉を信じて、自分を縛っている玉藻との契約を解消するために、篤胤との決闘に挑む名月ですが・・・・・・。

※ ※ ※

 傲岸不遜すぎて微妙にボケ役になっている玉藻と、その相手をしているうちにツッコミ役になりつつある苦労人・名月の掛け合いが楽しい本作。
 他の妖狐が出てきたことで、狐同士の人間関係(狐間関係?)が複雑になってきています。
 『妖狐+LOVE×Kiss!』の記事でも触れましたが、狐キャラは他の動物に比べて、同族同士で引きあったり反目したりが多い印象がありますね。





萌え ブログランキングへ

展開は面白いけど、獣耳分は少なめなのよ・・・。『クロスワールド・スクランブル』3巻

 一見、賑やかな学園都市世界。
 だけど、その実体は・・・・・・誰しもが誰しもと終わりなき闘争を続けている、逃げ場のない修羅界。

 元・男の「ロリ子」こと、六道六天(りくどうろくてん)が真の救済の道を求めて戦います!
 女体化バトル・ファンタジーの完結編! 『クロスワールド・スクランブル』3巻目が2月13日より発売中です!
クロスワールド・スクランブル 3 (GA文庫)
クロスワールド・スクランブル 3 (GA文庫)

 約千年前に降臨した「魔王」により、人間が「白」と「黒」の勢力に分けられて延々と戦わされている世界。敵に殺されようと本当に死ぬことはなく、永久に戦い続けなければならないこの世界・・・。

 世界はなぜ、このようになってしまったのか?

 六天は自らの過去、それも今の姿に転生する前の記憶に遡ることで、その謎を突き止めようとします。
 皆が幸せに、一緒に笑って遊べるような世界を造るために・・・・・・!


※ ※ ※

 最初こそメイド姿のロリ子・・・もとい六天が出てきますが、大部分は重厚なバトルで構成された最終巻です。
 ライトノベルとしてはかなりメッセージ性の強い作品。

 「ラノベとは女の子とのハーレムを描いた小説うんぬん・・・・」って言われ方をしたりしますが、ここ近年はわりと純粋なバトル物も多くなってきましたよね!

 で、バトルやメッセージ性が重視された関係か、猫系の大魔法使い・玉城鈴鹿と、狐系のお嬢様魔法使い・八重垣出雲の出番は、最終巻でも少なくなってしまった印象です。
 本当は2倍の6巻くらいで展開する予定で、ケモミミの二人ももっと活躍するはずだったのかもしれませんが、当ブログ的にはそこが残念なところ。

クロスワールド・スクランブル (GA文庫) 



萌え ブログランキングへ

ネガティブスパイラル猫耳。『恨み来、恋、恨み恋。』2巻

 七代祟る強力な怨念を宿した恐怖の妖怪「恨み猫」が、現代の子孫へと復讐にやってきた!!

 でも、その恨み猫は猫耳女の子の姿をしていて、なんだかやたらと気弱だし、実はあんまり怖くないかも・・・・・・?

 化け猫漫画の新境地を切り開く、猫耳ラブストーリー『恨み来、恋、恨み恋。』の2巻目が2月21日より発売中です!
恨み来、恋、恨み恋。(2) (ガンガンコミックスJOKER)
恨み来、恋、恨み恋。(2) (ガンガンコミックスJOKER)

 十二支の「子」の名を受け継ぐ子国家の若当主・恭一は、子国家に怨恨を持つ妖怪「恨み猫」・猫ヶ崎夏歩の来襲を受けたはずなのですが・・・・。
 襲撃者としてはあまりにも人見知り過ぎて頼りない夏歩の世話をしているうちに、彼女となんとなく情が通じて仲良くなってきた恭一。

 夏歩は妖怪としての衝動で暴れてしまうだけで、本性はそれほど悪意を持たない臆病な女の子だと分かってきましたし、夏歩の側も恭一がイイ奴だと気づいて、わりと信頼するようになります。


 そんな折、夏歩は何者かの罠にハメられて、恭一の祖父・郷一が傷を受けて瀕死になっている場面に出くわします。
 状況的にも、(子国家を恨んでいた)夏歩が犯人だと見られて仕方が無い場面。でも、恭一は夏歩がやってないと信じて、彼女と一緒に真犯人を見つけ出そうとするのですが・・・・・・。
 真犯人の罠だけでなく、「恨み猫」・夏歩が犯人だと信じて疑わない戌原家の咲直(さな)が、日本刀を振りかざして襲ってくる状況を、二人はどう切り抜けるのか!?

※ ※ ※

 今回、「戌」の名を受け継ぐ咲直にも、犬耳が生える場面が出てきます。

 相変わらず、人見知りすぎて行動がオカシイ夏歩が可愛いのですが、彼女、可愛いだけじゃなくて、ちゃんと化け猫らしい姿も見せてくれます。
photo_413






『恨み来、恋、恨み恋。』2巻P99(秋タカ/スクウェア・エニックス)
















 過去に書いた当方の同人誌『総解説・猫耳史』で、「化け猫漫画のリバイバルとして、猫耳ホラーが描かれる可能性」について推測していたのですが、本作『恨み来、恋、恨み恋。』は、その一端を見せている作品といえるかもしれませんね。



萌え ブログランキングへ

【告知】2/22のみみけっとに参加します。

 猫の日・2月22日(日)に開催予定の耳キャラONLY同人誌即売会【みみけっと32】に参加予定です!

 【みみけっと32の案内はこちら】

 スペースは『く06』・S猫出版部です。
 頒布予定は獣耳関係の小ネタをまとめた『現代獣耳研究vol.2』(全44ページ)になります。

 内容は次の通り。
 ・1979~81年に頒布された伝説の美少女同人誌『シベール』に描かれていた獣耳漫画について。
 ・同人二次創作の獣耳キャラの変遷(実質、半分以上東方キャラだったり・・・・)。
 ・『SAO』とか、最近流行のMMO-RPG風ラノベに、なぜか高確率で獣耳キャラがいる理由の考察。

 既刊の『総解説・猫耳史』『狐耳史』も持っていきますので、興味のある方はぜひ、お立ちよりくださいませ~
photo_411























 








萌え ブログランキングへ
記事検索