ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

2013年09月

化け猫システム 1

 「にゃっ!」(挨拶)

 人見知りで気弱な眼鏡少女・白峰まなと、なぜか人間になってしまった飼い猫のさすけが、高校進学のためにド田舎・早苗町にやってきます。その郷では、なぜか普通の猫も全て人間の言葉を喋るため、カルチャーギャップ(?)に戸惑いまくる白峰まなですが……。

 猫とネコミミが大量に登場するコメディ漫画『化け猫システム』の1巻目は9月25日より発売中! 
化け猫システム 1巻 (ガムコミックスプラス) 
化け猫システム 1巻 (ガムコミックスプラス)



萌え ブログランキングへ

1987年 SFマガジン<銀河乞食軍団>

 SFマガジン1987年11月号に掲載された、故・野田昌宏氏の代表作<銀河乞食軍団>の一編・『キャットントン星系宝船事件』の挿絵。イラストレーションは本シリーズではおなじみの加藤直之氏。
 化け猫型宇宙人・キャットントン星系人の宇宙海賊が化けた、おネジっ子三人組の偽物。

 この頃は、文章中では『猫の耳なンかくッつけようが・・・・』と表現されていて、『猫耳』という単語は使われていないのですよね。
photo_45
『SFマガジン』359号P49(加藤直之/早川書房)

つきたま 3 ※公務員でも世界を救えます

 ぷにぷにしている謎の存在「つきたま」が至る所に存在する世界で、「つきたま」絡みのトラブルを解決する公務員の主人公と、色々と勘違いしている猫耳付き自称魔法少女・薬師寺エナの活躍?を描く、人気シリーズの第3作目が本日より発売中!
 今回の相手は、魔法少女(?)になったエナに嫉妬する、エナの妹・カヤ!

 作中で「猫耳に何の意味があるのか」という事ついて、しばしばツッコミが入っている点が面白いですね。

ガガガ文庫 つきたま3 ※公務員でも世界を救えます(イラスト完全版) 
ガガガ文庫 つきたま3 ※公務員でも世界を救えます(イラスト完全版)



萌え ブログランキングへ

90年代ライトノベルのケモミミ事情(2)

 タイトルには「ライトノベル」と書きましたが、正確には小説ではなく、90年代のラノベレーベルで数多く出版されたテーブルトークRPGのリプレイ集で見られるネコミミをいくつかご紹介。

 『魔女の宅急便』を元にしたといわれる名作TRPG『ウィッチクエスト』のルールブック『小さな魔女エディス 下巻』(1991年)より。魔女役と猫役に分かれてプレイするゲームのため、猫役プレイヤーは挿絵では全て猫耳キャラクターとして描かれています。
 photo_43

『ウィッチクエスト 小さな魔女エディス』下巻 P10・11(絵・九月姫/冒険企画局/宙出版)
 
 











 コンピュータRPG『ウィザードリィ』シナリオ#6を下敷きにした『アドバンスト・ウィザードリィRPG』のモンスターマニュアル(1995年)より。悪徳魔法使いに飼われるフェルパー(猫人)の奴隷少女のイラスト。全身毛皮に覆われていて、若干ケモノっぽい。 photo_44

『アドバンスト・ウィザードリィRPG モンスターマニュアル』P175(絵・かねこしんや/伏見健二・FEAR/ログアウト冒険文庫)

マグダラで眠れ 4

 ひねくれ者の錬金術師と呪われた獣人の少女が、自らの望む安住の地を求めて旅をする、本シリーズの最新作が9月10日より発売中です!
 騎士団の支配下に入った異教徒の鉱山都市カザンで、異教徒の資料を漁るクースラたち。未知の技術への期待で胸躍らせる彼らの背後に、新たな戦乱の火種が忍び寄ります・・・。

 この巻になると、フェネシスは獣耳に触られるのを、わりと我慢できるようになってますね。
 フェネシスは外見的に猫っぽく描写されていますし、性格的にも堅いところがやや削れて、猫っぽくなってきているのですが、猫耳と分類できるかは今後の展開・・・彼女の種族の謎が明らかになる時に期待ですね。
記事検索