ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

ケモ耳&戦車!な漫画の第四弾です。『砂漠のウサギ ―1942年6月の戦い―』

亜人種の築いた架空の欧州国家フェアリーランド王国の第二次世界大戦での戦いを描く、『砂漠のウサギ』シリーズの4巻目!
『1942年6月の戦い』が9月19日より発売中です!

北大西洋はヒルべニア島(アイルランド島)にある「フェアリーランド王国」は、ウサギのような長い耳を持ったケルト系亜人種を中心とした、人と獣の両方の特徴を持つ獣人たちが集まって築いた国。
総人口の7割を女性が占める女王国ということで女性が社会の中心を担っており、兵役も完全に男女平等となっているため、フェアリーランド軍は女性兵士が大半を占めています。

地中海のキプロス島と中東レバノンに海外領土を持つフェアリーランドは、ロマーニャ(イタリア)とオリュンポス共和国(ギリシア)の英領エジプト侵攻と同時に二国から圧力を受けるようになり、英連邦側として参戦。北アフリカでの戦車戦を繰り広げていました。

フェアリーランド軍そのものはロマーニャ軍に対して善戦していたものの、枢軸国軍の圧倒的な物量と、後方で繰り広げられる様々な政治的工作により、英連邦側の前線は後退を余儀なくされますが・・・!

※ ※ ※

作者あとがきでも書かれていますが、史実の北アフリカ戦線でも一番連合軍が苦戦した1942年6月の状況に合わせて、このフェアリーランド王国の物語も後退戦を強いられる様が描かれます。

キャラクターとしては漆黒の獣耳と尻尾を持った古代種出身の戦車連隊長、リリー・バレロが目立つ回でもありますね。フェアリーランド軍人は古代~中世の誇り高い戦士が馬の代わりにそのまま戦車を駆っているような雰囲気があってカッコいい。

そのほかにも、フェアリーランド女性の生活に突っ込んだインタビュー記事や、多数の登場人物を分かり易くまとめた「キャラクター図鑑」もあるので、今回の4巻はファンの人はぜひ入手すべき一冊だと思います。

※ ※ ※

本作のウサギ系亜人、ウサミミとして見た時に特徴的なのが、ウサギの耳が背中側に向かって伸びていること。
photo_1082





















『砂漠のウサギ ―1942年6月の戦い―』P110(M.WOLVERINE/イカロス出版)


この形は実際の動物のウサギのフォルムに近い姿である、という以外にも、帽子やヘルメットをかぶっても長い耳が邪魔になりにくい、という利点があります。

頭に何をかぶる場面の多いミリタリー物を描く場合は、耳の形の設定は結構重要かも。そうでなければ『セントールの悩み』の大戦エピソードや『猫瞽女-ネコゴゼ-』のように、帽子やヘルメットのデザインを全てケモミミ向けに変えなければいけないので。



萌え ブログランキングへ

新婚獣耳カップルの周囲の人々が今回の主役です。『月が綺麗ですね』3巻

どこかにある遠い遠い國。
その國では、住民の頭に獣耳が生えていて、そして同性同士の結婚が許されているのです!
世間知らずの箱入りお嬢様と、まじめで苦労人な薬屋の娘の新婚生活と、そんな二人のお世話をする侍女の姿を描く、獣耳百合漫画『月が綺麗ですね』の3巻目が9月15日より発売中です!

春日財閥の一人娘である春日ちる(16歳)は、幼いころから決められていた婚約者、薬屋「仟年堂」五代目・東雲千里(18歳)と結婚しました。
お互いぎこちないながらも、徐々に自分たちの幸せな結婚生活を築いていきます。

一方で、これまでずっと春日ちるのお世話をしてきた侍女の月ヶ瀬カヨ(16歳)は、ちるがカヨよりも千里と関係を深めていくことを(夫婦なので当たり前とはいえ)寂しく思っています。

そろそろ、ちるを中心とした生活から離れて、自分も自分なりの人生を生きなければいけない、と考えていた矢先、カヨは寮住まいの学生・夏目鈴(16歳)と出会い、読んでいる本の趣味が合うこともあって仲良くなっていきます。

しかしそれによって、カヨとちるの関係に、少しずつすれ違いが生じていくのでした・・・。

※ ※ ※

本作、「同性同士で夫婦になれる世界」を下地に、巻ごとに中心となる視点が切り替わるのが特徴です。1巻はちる中心の視点、2巻は千里中心の視点だったのに対し、3巻は千里とちるの新婚カップルの周囲にいる人々にスポットが当てられています。

カヨのような「物語の中心カップルの従者」的なポジションにいるキャラにスポットを当てる作品は珍しいと思いますし、カヨとちるの関係もかなりガールズラブっぽくて良いですね!

新しく話に加わる人物として、獣耳の先っぽがスコティッシュフォールドみたいに折れている日和先生、眼鏡をかけている夏目鈴が登場しますが、どちらもケモミミキャラとしてはちょっと変わった外見的特徴を持つのが面白い。



萌え ブログランキングへ

狐は過去の罪を背負っていることが多いね。『百々とお狐の見習い巫女生活』

巫女見習いの女子高生と、彼女に憑いた稲荷狐が神社絡みの事件を解決する!
小説投稿サイト・エブリスタ発の巫女&狐小説『百々とお狐の見習い巫女生活』の書籍版が9月8日より発売中です!

加賀百々(かがもも)は実家・四ツ屋敷家の「在巫女」の座を継ぐために、佐々多々良神社に居候して修行する女子高生。
しかし、居候先の娘・史生と折り合いが悪くなってしまった百々は、物語開始早々にひと悶着を起こして、別の下宿先に引っ越すことになります。

もともとほんわかした雰囲気の、ある意味「不思議ちゃん」な百々は、そこまで巫女の座を継ぐことにこだわりがあるわけではありませんが、神社・神様に関わる人たちを助けたいという思いは強く、現在の巫女である曾祖母の力にも素直に尊敬の念を抱いています。

そんな百々はある日、とある廃屋に肝試しに入った友人の後輩たちが次々と異常な体調不良を起こして病院に運ばれているという話を聞きます。
今まで全く霊能力的なものが備わっていなかった百々ですが、なぜかその話に第六感?が反応し、問題解決のために廃屋を調査してみることにしました。

百々の側には幼い頃からの力強い味方、稲荷神の使い・人狐の姿をした香佑焔(こうえん)がいます。
香佑焔にさんざん首を突っ込むなと言われながらも、その言を退けて廃屋に向かう百々ですが・・・。

※ ※ ※

ほんわか女子高生と、小言が多いけれど頼りになる神使狐のペアによる、怪事件探偵といった感じの小説です。
各話のクライマックスシーンでは、百々がなかなかきっちり巫女らしく振る舞うところが、単に巫女が出てくるだけの小説と一味違う所。

几帳面な性格で口うるさい(心配性な)神使狐の香佑焔と、何事もほんわかと受け流してしまう百々のやりとりが愉しい作品です。

※ ※ ※

香佑焔は過去に大きな罪を犯して、神使から堕ちて邪霊になりかけたことがあり、他の稲荷神社の神使から嫌われています。

『神様はじめました』の巴衛もそうですが、狐キャラは「過去に大きな罪を犯したけど、今は改心している」という設定を持つキャラが多いです。


この理由について、当サークルが過去に出した個人誌『総解説・狐耳史』では――(1)善玉の「葛葉」と悪玉の「玉藻の前」の両方の妖狐のイメージが、現代日本では混合してしまったため (2)日本人の多くが教科書で読んでいる狐作品『ごんぎつね』から「狐は改心する」というイメージがあるため――ではないかと考察しました。

他にも仮説があれば、ぜひ教えていただけると嬉しいです、、、(『狐耳史』本の改訂作業中なので)
記事検索