ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

年の差とかタヌキとか関係ない!『妖怪タヌキのそだて方』2巻

父親の再婚相手は化け狸で!
さらにその化け狸には連れ子がいたのです!

ある日突然、独身30歳男に狸耳な義妹ができてしまう四コマ漫画『妖怪タヌキのそだて方』の2巻目(完結)が3月14日より発売中です!

主人公の直孝と24も年の離れた義妹(しかも狸)のありすは、この巻でついに小学二年生に。
小学校に入学した当初は人見知りが激しかったありすも、今では仲の良い友達もできて学校生活を満喫している様子。

なんにでも興味を持つ年頃のありすは、最近は“恋愛”に対して興味深々。本や漫画で覚えた知識で、直孝と“恋人”になろうと妙な形のアプローチをしてきます。

同時に、直孝のプラントショップで働くアルバイト、クールビューティーな24歳の化け狐・黒木紺(くろき こん)も、直孝に気があるような様子を見せてきて・・・。

ありすはともかく、黒木紺に対してはわりとまんざらでもない感情を持っている直孝ですが、彼にはどうしても、紺が「化け狐である」ことが気になってしまうのです、、、

※ ※ ※

ありすとの「家族」としての関係。
紺との「恋人」としての関係。
その関係にどうしても一線を引いてしまう直孝の心境の変化が描かれる2巻です。

疑似親子モノ(というより疑似叔父姪モノ)的なネタが中心だった1巻とは少しテーマが変化している印象を受けました。

最近のケモミミ作品はわりと動物っ娘と恋愛することに躊躇が無かったりするのですが、本作はそこにこだわりを持ってきている感じですね。

2000年代の猫耳ラブコメの代表作『コイネコ』あたりもネコと人との恋愛にかなり躊躇があったので、動物っ娘と恋愛してもいいじゃん!的な雰囲気は本当にここ最近の傾向なのかも。

それにしても、ありすも紺もすごくいいキャラなので、この巻で完結なのは惜しい・・・。
単行本は描きおろしの「中学生になったありす」の話が収録されているので、ファンの人はぜひ購入しましょう!

※ ※ ※

本作、ありすも紺も普段は獣耳尻尾は出さず、限られた場面でのみ耳尻尾を出しています。
ある意味、「漫符」(漫画的な感情表現)的な使われ方がされていますね。
photo_1151
















『妖怪タヌキのそだて方』2巻P114(うず/ぶんか社)


びっくりした時に隠していた獣耳尻尾を出す、というのは他のケモミミ作品でもよくありますが、本作の場合は上のコマのようにわくわくしている場面や、いいことを閃いた!みたいな時にも獣耳尻尾が出てきます。

ポジティブな場面で獣耳が生えてくるパターンは『魔法騎士レイアース』の獅堂光で数例見られるくらいなので、珍しい表現です。

 

萌え ブログランキングへ

ウサ耳を使って労働する兎型宇宙人(?)『ウサギ目社畜科』1巻

ブラック企業で働く真司郎の部屋に、ある日突然、月からやってきた兎耳娘型宇宙人(?)「ふわみ」。

「働かないと死んでしまう!」と訴えるワーカーホリックなふわみのために、真司郎は仕事を考えてやらなければならない=余計な仕事が増えてしまうことになりますが・・・。

超正統派猫漫画『ねこのこはな』
の藤宮カミヤ氏が送る、新感覚ブラックゆるふわ漫画『ウサギ目社畜科』の初単行本が3月19日より発売中!

真司郎はブラック企業に勤めて、完全にやさぐれてしまっているサラリーマン。

彼がいつものように真夜中の自室で持ち帰り仕事をしていると、突然、兎耳の生えたちんちくりんな女の子が窓を突き破って部屋に飛び込んできました!

兎耳の彼女の名は「ふわみ」。
月で餅を延々とつき続けるという過酷な労働をしてきた彼女は、リストラに遭って地球に飛ばされてきたのでした。

社畜として完全に洗脳されて「働かないと死んでしまう!」と訴える彼女のために、真司郎は仕方なく身の回りの世話をさせるのですが・・・それが真司郎に余計な仕事を増やす結果になるとは、その時は気づかなかったのでした・・・!

 ※ ※ ※

前作『ねこのこはな』と同じく、ちっちゃくて動物耳な女の子がヒロイン(?)の作品ですが、本作は『ねこのこはな』と比べるとそこはかとなくブラックな香りが漂っているのが大きな違いです。


アイロニカルとかナンセンスとかそういう直接的なブラックさではなく、ほのぼのしてるけど憂鬱という、独特の雰囲気が醸し出されています。

某ヴァーチャルな狐娘おじさんの名言「世知辛いのじゃ~」が、一番近い感覚かも。

 ※ ※ ※

本作に限らず、兎耳キャラはわりと社畜的(苦労人的)に描かれる傾向があります。
社畜っぽい兎耳キャラが多数登場するという点で、最も良く知られている作品は《東方project》でしょう。
本編ゲーム中に出てくる玉兎(月の兎)たちは社畜というより軍隊色が強いですが。

「集団行動するケモミミ」というのは犬耳と兎耳で特徴的に見られる要素です。
もともと群れなす動物である犬はともかく、兎がどうしてこうなっているのかは、よく分からないですね、、、
考察しがいのある要素かも。

 ※ ※ ※

ふわみはただの兎ではなく宇宙人(?)であるためか、兎耳を手のように使う場面がしばしば見られます。
photo_1150





















『ウサギ目社畜科』1巻P32(藤沢カミヤ/集英社)


ツボを押す以外にも、自分の背丈よりも高い位置にあるガステーブルのコックをひねったりと、かなり器用に動きます。

兎耳娘でこういう描写がされているキャラクターは初めて見たかも、、、

動物形態の兎で、耳を手のように使うキャラだったら、『ぶらっとバニー』の「バニー」という先例がいるのですけどね。




萌え ブログランキングへ

乙女系不良(?)男子の付け耳はコスプレじゃない!『グレートヤンキーみちるくん』2巻

「不良の楽園」の異名をとる、荒れに荒れた私立京北高校。
そこに「服装の自由度が高いから」という理由で転校してきた、女子顔負けの可愛い系オシャレ少年・大河みちる!

みちるくんはオシャレのために制服を改造する、授業中にお誕生日パーティーをする等々、今までの京北高の不良の常識を覆す不良(?)っぷりと、父性愛を刺激する天使のような容姿で、次々と荒くれ者たちを篭絡していきます!

そして彼は京北高の枠を超え、八代市最強のヤンキーへの道をひた走りますが・・・!

乙女系不良(?)男子最強伝説『グレートヤンキーみちるくん』2巻(完結)が3月8日より発売中です!

全国で最も不良が多いといわれる場所・八代市。

その中でも超不良校である京北高校をほぼ手中に収めた乙女系男子・みちるくんは、友達の最強硬派男子「リューティ」こと安原隆太とともに、不良の「東京四天王」を巡る闘争に(全く意図せずに)巻き込まれることになります!

果たして、みちるくんの超絶カワイイオーラは東京四天王にも通用するのか!?
激闘(?)の完結編です!

※ ※ ※

カッコイイ不良漫画の文脈と、みちるくんの超絶容姿のアンバランスさで破滅的ギャグを展開してきた作品ですが、この巻で名残惜しくも完結です。

本作の良さはみちるくんを「男の娘」ではなく、徹底して「可愛い物好きオシャレ男子」として描いている点だと思います。
単なる女子の魅力ではなくて、何をしても微笑ましく感じられる子供というか、性別を超えた天使的な何か、という雰囲気がすごく出ている(みちるくんがラーメン食べるシーンとか特に!)。

このあたり、そもそも物凄い画力で描かないと説得力が出せない描写なので、本作はなかなか他では真似できないギャグ漫画だと思いますよ。

※ ※ ※

常に猫のような付け耳をつけているみちるくんですが、コレはあくまでオシャレ(彼のアイデンティティ)であって、コスプレとは別物なんですよね。

単なる猫耳コスプレと「付け耳キャラ」を分けるのは、どんな場面でも付け耳を外さないかどうか
付け耳キャラは付け耳がアイデンティティになっているので、外してしまう(無くしてしまう)とキャラが変わってしまう現象がしばしば見られます。(例:『デ・ジ・キャラットファンタジー』、『月詠』など)

月詠-MOON PHASE- Neko Mimi DVD-BOX
斎藤千和
flying DOG
2009-12-16


みちるくんの場合、第15話の歓迎会で白雪姫を演じる場面で付け耳を外しています。
(下のシーンでもフォルムは猫耳っぽいですが、別の角度から見ると明らかに普通のリボン)
photo_1149























『グレートヤンキーみちるくん』2巻P89(内々けやき/秋田書店)


あと、第18話のハロウィンで魔女の仮装をする場面でも付け耳を外していました。

つまり、付け耳をつけている方が「普段の姿」で、何かを演じる時(コスプレをする時)には付け耳を外す⇒付け耳はコスプレではないという図式がおおむね守られています。

意図的なのか自然とそうなったのかは分かりませんが、興味深い事例ですね。



萌え ブログランキングへ
記事検索