ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

アニメに期待ですが、漫画も良いですよ!『このはな綺譚』6巻

神様や死者が訪れる不思議な温泉宿『此花亭』。
そこで働く狐っ娘の仲居たちの日々を描く、狐成分120%の漫画『このはな綺譚』の単行本6巻目が9月23日より発売中です!

6巻の収録は全4編。
話の密度がこれまでよりもちょっと濃くなっている感じです。

前の巻からひきつづき、里帰りした柚が育ての親・比丘尼様からの問いに悩む『柚の里帰り・後編』。

仲居ではなく巫女になる道へと進んだ、皐の姉・柊と蓮の妹・モモを中心とした巫女たちの話『大桜の宴』。

柚と櫻が風鈴を作る、夏らしく、かつ此花亭らしい話『びいどろ横丁』。

そして、蓮が棗の実家に行って、棗の姪っ子さんと対立する話『片恋の達人』の4編です。

※ ※ ※

今回気になった描写。

蓮が棗の実家に行く話にて、棗のお父さんとお兄さんが登場します。
お兄さんはケモミミ青年なのですが、お父さんは獣人の狐の姿です。
photo_1086




















『このはな綺譚』6巻P88(天乃咲哉/幻冬舎)


此花亭の女将さん・椿も普段は狐の獣人の姿をしていて、化粧をすると狐耳女性になったりしますが、この世界の狐人たちは人によって獣人度合いがけっこう違っているのですかね?
その設定なら、この世界で「ケモノ狐っ娘」が登場する余地があるので、かなり気になる描写です。

同じケモミミ種族の中に、獣人とケモミミの二種類の形態の人々がいる、というパターンは時々見かけます。
えびふらい氏の『ねこだま』が代表例ですね。
こういうパターンの場合、だいたい男が獣人で、女がケモミミ娘になります。


「ケモノ」ジャンルがもう少し進展したら、女が獣人で、男がケモミミというパターンが見られるようになるかもしれませんね。


萌え ブログランキングへ

馬耳アニメの感想~『セントールの悩み』第12話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。
先週は『縁結びの妖狐ちゃん』がお休みだったので、セントールだけです。
10月からは『このはな綺譚』が始まるので感想は狐耳アニメオンリーになりそうかな?


●『セントールの悩み』第12話
ファンタジーをRPG気分で作ってみた。
・激闘! 腕相撲! 女(ヒロイン)だらけの勝負の行方は


最終話!

Aパートは『セントール』世界の価値観でファンタジーRPGをやったらどうなるかの例のネタ。
原作漫画は徹底的にシュールなんですが、アニメは色々動いて色々な角度で姫乃たちのえっちぃ格好が見られるので、これはこれで良い感じ。

途中でアメーバに装備溶かされるけど、下手に裸にするより普通に着ている方がエッチな気がするなあ。

※ ※ ※

最後の最後Bパートは「ラストの話にこの腕相撲エピソードはちょっと地味じゃないか」と最初思ったのですが、姫乃と真奈美が対決する場面を見て、「ああ、そういうことなのか」と合点させられました。

このアニメの主役が誰と誰だったのかを、最後に明確に示したわけですね。

『セントールの悩み』なので当然姫乃が主役なのですが、アニメ版については真奈美がもう一人の主役である、ということを。だからエンドロールでメインに描かれているのは真奈美だし、アニメ全体で見ても真奈美がらみのエピソードが多かったわけだ。

「真奈美⇒アニメのもう一人の主役」ということ、私は最後の最後で気づいたんですが、みんなは早くから気づいていたのかな?

・・・とにもかくにも、癖の強い漫画の雰囲気を損なわない形で、アニメならではの演出が盛り込まれた本作は十二分に愉しめる作品でした。
姫乃の実家帰りエピソードとか、他にもアニメにして欲しかった話がたくさんあるので、また続編に期待したいと思います!

※ ※ ※





萌え ブログランキングへ

犬耳社長の図解も載っています。『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!』2巻

いけにえの儀式とか怪しげな雰囲気とかで、若者からは3K職場として嫌われている黒魔法業界。
就職先が決まらず悩んでいた魔法学校卒業見込みの青年は、謎の犬耳社長に誘われて黒魔法会社に就職することになりますが・・・。

『異世界お好み焼きチェーン』を著した森田季節氏による、文字通りのブラック魔法企業ノベル『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!』の2巻目が9月22日より発売中です!

今回の表紙は不眠症の偉大なる(?)魔族・メアリ。犬耳社長ケルケルは次の巻の表紙に期待かな?

7種に色分けされた魔法属性があり、属性ごとに社会の需要が異なる世界。

王都国際魔法学校を卒業した青年フランツは、就職難の末に、若者からは3K業界として嫌われている黒魔法業界の「ネクログランド黒魔法社」に就職しました。

背に腹は代えられないと覚悟して入社した会社でしたが、「給料も相場の二倍、基本残業無し、寮などの福利厚生完備、上司が飲みに誘うのも原則禁止」と待遇はかなりのホワイト企業。

見た目:犬耳女の子、実年齢:五世紀というケルベロス種の社長・ケルケルの指揮のもと、フランツは怪しげな黒魔法を駆使して荒地の不動産整備・開発といった仕事に従事します。

今回はフランツの忘れられた所有不動産だった、大きな沼のある過疎地ファントランドの再開発の過程で、先住民の沼トロールを追い出して大規模商業施設を作る計画が立ち上がり、黒魔法社の先輩・社長たちに助力を求めることになりますが・・・。

※ ※ ※

5話+おまけSS1話で構成されています。

魔法があったり魔物がいたり魔族がいたりする以外はかなり現代的な資本主義世界で、可愛い先輩・上司に囲まれながらブラックな案件を解決していく、相変わらずの癒し系お仕事ファンタジーです。
ケルケル社長も変わらず可愛い。

ケルケルのイラストはダッシュエックス文庫のサイトの特集ページでも閲覧可能ですが、今回は水着だったり裸だったり(風呂場で遭遇)、露出度高めな場面が多いです。

ケルケル社長は500年以上生きているからかフランツに裸を見られてもわりと冷静で、そのまま普通に浴場で彼の仕事の相談を受けたりするところが年配者(というかロリババア)らしい感じですね。



萌え ブログランキングへ
記事検索