ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

いぬのおまわりさん!(スーパー・ノヴァ編)『宇宙警察☆ミーティアわんわん』3巻

キュートな犬星人のお巡りさんが、地球にひそむ極悪(変態)宇宙人犯罪者を取り締まる!
『宇宙警察☆ミーティアわんわん』の3巻目が9月27日より発売中です!

宇宙人とのファーストコンタクトを経て、大勢の宇宙人が訪れるようになった地球。
地球の警察では手に負えない、宇宙人絡みのトラブルや犯罪を解決するために派遣されてきたのが、銀河系惑星連邦宇宙警察の犬星人・ミーティア巡査とかぐや巡査です!

もともとは地球に降下した極悪指名手配犯108号を捕まえることが主任務のミーティア巡査ですが、もはや本人ですら忘れているほどに108号の捜査は進んでいません。

前巻では警官の仕事もマジメにやっているのか怪しかった彼女。
今回は表紙のようにわりとキチンとパトロール活動をしており、(元)宇宙海賊を捕まえたり、お屋敷のメイドさんになって潜入捜査をしたり、スーパーマーケット「ノヴァ」の強盗騒ぎを飲み物を買いに行くついでに解決?したりと、犬のお巡りさんの実力を見せつけています!

 ※ ※ ※

3巻は犬星人の二人以上にやたらモブキャラが目立つようになっていて、交番のモブキャラである同じ顔をした地球の警察官たちや、時折出てきては変態的な悪戯をしていた小学生(新星くん)が、まるまる一話メインになる話があったりして、特徴のあるキャラが増えてにぎやかになってきたなあという印象があります。(ちなみに犬星人よりも獣人度の高いケモ女性も登場します)

あと、作者・古賀亮一氏の別作品『ニニンがシノブ伝』からもゲストキャラが登場したりして、本当に盛りだくさんといった内容です。

これだけ大勢のキャラが出てきて、ギャグ漫画としては異例なほど画面がみっちり詰まっているのに、キャラ被りがなく漫画自体も読みやすいというのは、古賀氏の高度な技術をうかがわせます。

 ※ ※ ※

犬耳キャラと猫耳キャラの特徴的な対比シーン。
『捜査37 大みそかの除夜の鐘盗難事件』にて、12月31日の日中に寺の鐘が盗まれて除夜の鐘ができなくなるかも!?という場面。

以前に「犬星人は雪の日が好き」という描写がありましたが、それが今回も反映されていて、犬星人の二人は半袖なのに対して、猫怪盗ステラはかなりの厚着をしています。
photo_1285








『宇宙警察☆ミーティアわんわん』3巻P42(古賀亮一/KADOKAWA)


この話だけではなく別の話でも、冬のステラは厚着をしているんですよね。

「猫は犬よりも寒さが苦手な感じがする」というのは(特に童謡『雪やこんこ』の影響で)多くの人が持っている印象だと思いますが、ケモミミ漫画でそれが描かれていることは意外と少ないです。



萌え ブログランキングへ

狼っ娘の喋り方(?)が独特。『ソロ神官のVRMMO冒険記』2巻

幼馴染おススメのVRMMORPGをプレイすることになった男子高校生・新城流の、前代未聞の破天荒プレイを紹介(?)する!

狼っ娘も登場してケモケモしくなってきた「小説家になろう」発の仮想ゲーム体験ノベル『ソロ神官のVRMMO冒険記~どこから見ても狂戦士です 本当にありがとうございました~』の2巻目が9月21日より発売中です!
男子高校生・新城流(しんじょうりゅう)は幼馴染からおススメされた(というより押しつけられた)VRMMO『ファンタジック・エポック・オンライン(FEO)』を始めることにしました。
一人用ゲームが好きな彼はMMOには当初あまり乗り気ではありませんでしたが、初めてみると結構・・・というか、かなりハマってしまった模様。

サポート回復職の「神官」のキャラクターでゲーム開始した流は、サポートなど一切顧みず、重量級のメイスでとにかく敵を撲殺しまくるというバイオレンス・スタイルで、FEO内でも徐々に有名になっていきます。

そして今回、流はまだ試していなかった使い魔NPCシステムにて、レアっぽい狼少女の使い魔を引き当てたことで、他のプレイヤーの嫉妬を受けて狙われることになってしまいます!

FEOの誇る人間並みのAIで作られたNPCは、仮想空間上の友人・・・あるいは恋人にもなりうる存在。
流のFEOでの冒険は、白狼の使い魔「アヤメ」を迎えて新たな局面に入るのでした・・・!

※ ※ ※

WEB版における『一章 アヤメ登場編』が加筆修正されて収録されています。
ネット小説のファンタジー・ジャンルでは異世界転生・転移モノに次ぐ人気がある「架空のゲーム体験ノベル」ですね。

そもそもの2010年代・異世界転生小説のはしりである『この世界がゲームだと俺だけが知っている』が架空のゲームの内容を詳細に解説する、という体裁になっていますし、漫画でも『ビビッド・モンスターズ・クロニクル』といった、架空のゲーム体験を描くことに特化した作品があります。


本作『ソロ神官のVRMMO冒険記』はゲーム内容のぶっ飛び具合よりも、主人公・流のプレイスタイルの破天荒さに焦点を当てている所に特徴があります。

※ ※ ※

今巻から新たに流(ゲーム中のプレイヤー名は「リュー」)の仲間になる狼っ娘NPC・アヤメですが、彼女、ものすごく特徴的なしゃべり方(?)をします。


「………………(こくこく)」

「………………(ぶんぶん)」



みたいに、台詞がほぼ全て三点リーダ(点点)で、最後にカッコで動作が書かれるという形式になっているんですよね。

他の小説でも時々そういう表現がされることはありますが、本作のように一人のキャラの台詞が全部そうなっているというのは珍しい。

外見的にはギリギリ中学生?くらいの幼い狼っ娘キャラクターということなので、しゃべり方にその幼さが巧く出ている感じです。



萌え ブログランキングへ

「おねがい師匠ねえねえ、びりびりしたい」(by黒猫娘)『転生したら剣でした』コミカライズ版4巻

数奇な運命により、意志を持った魔剣に転生した30歳の会社員と、その使用者となった黒猫族の奴隷少女。
かりそめの師弟関係を結んだ二人は、手に手を取って悲惨な境遇からの脱出を目指します!

なろうコンこと第4回ネット小説大賞受賞作『転生したら剣でした』、好評のコミカライズ版4巻が9月21日より発売中です!
物語序盤も佳境に入る「46. 顔合わせ」から、蜘蛛のダンジョンのテレポーターでフランと魔剣の「俺」が離れ離れになってしまう「50. トラップとトリック」までが漫画化されています。

まだまだかなり先が長い物語なんですが、あまりエピソードを飛ばさずにものすごく濃密に描かれていて、よくある原作のあらすじでしかないコミカライズとは一線を画しています。

狼耳伝奇作品『月輪に斬り咲く』でケモミミ造形に実力を見せた丸山朝ヲ氏の作品だけあって、黒猫娘フランもめちゃ可愛いのでおススメなのですよ。

追加収録されている特別短編『フランとパンケーキ』あたりは、猫にゴハンやっているかのような癒しを感じます。

※ ※ ※

黒猫娘フランはもともとの性格に悲惨な境遇が相まって、あまり感情表現が豊かなタイプではないのですが(それがわりと猫っぽくもある)、この4巻では結構笑顔を見せている場面が多いです。
師匠がいるので《戦技》の習得が早い、と褒められたり、雷鳴属性の魔術を教えてもらいたくて師匠に甘えるような表情を見せたり、師匠に関連する事柄では表情をほころばせている場面が多いように感じます。
photo_1283


















『転生したら剣でした』漫画版4巻P97(丸山朝ヲ・棚架ユウ・るろお/幻冬舎)


「師匠に対する時だけは笑顔を見せる」というフランの特徴は、漫画版でより印象的に描かれています。
漫画版を読んだうえで、あらためて原作を読んでみると場面がより鮮やかに浮かんできますよ~
記事検索
最新コメント