ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

「人型ネコのいる世界」の転換点になった作品。『ネコぱら~ショコラ&バニラ~』

NEKO WORKsの世界的大ヒットネコミミゲー『ネコぱら』のコミカライズです!
人型ネコのいる世界を舞台に、犬っぽいネコ「ショコラ」と猫っぽいネコ「バニラ」、そして二匹に振り回されるご主人様こと「水無月嘉祥」のケーキ屋開店の物語が描かれます。

『ネコぱら~ショコラ&バニラ~』の単行本が1月10日より発売中です!
基本的にはゲーム版およびOVA版の名場面をぎゅっと集約した内容になっています。
まだネコぱらの世界を体験したことが無い人は入門編にぜひ。

もちろん、すでにネコぱらを良く知っている人も、あらためて楽しめますよー!

 ※ ※ ※ 

『綿の国星』的な猫の擬人化(本当は動物の猫だけど漫画的に人間として描いている)ではなく、立ち位置的にはペットの猫だけど、人型をしているのが「ネコ」として当たり前という風な世界観。

『ネコぱら』以前(~2013年)にも『ぴゅあぴゅあ』や『魔法少女猫X』、『わんことくらそう』といった作品がありますが、猫耳史を眺めてみると、『ネコぱら』の以前と以後では「人と近い知能を持つ存在がペットであることの是非」を描くか描かないかが大きく違うという変化があります。
『ネコぱら』でも「人型ネコは鈴を付けずに一人で外出してはいけない」といった決まりがあったりしますが、それでもそういう管理に関わる描写は過去の同系統作品に比べるとだいぶ緩めです。

この『ネコぱら』を転換点として、『ねこのこはな』『ぬこづけ!』『にゃんこデイズ』といった「ネコが人型であるのが当たり前の世界」をハートフルに描く猫耳作品が一気に増えた印象があります。




にゃんこデイズ 2 (MFC キューンシリーズ)
たらばがに
KADOKAWA / メディアファクトリー
2016-12-24


『ぴゅあぴゅあ』が発売されていた頃の美少女ゲームジャンルでは「人と近い知能を持つ存在がペットであること」の微妙な背徳感を演出するのが売りだったんでしょうけど、近年は「飼い猫と話ができるようになったら」という素直な願望を猫耳作品に託す、といった流れになっている印象です。

 ※ ※ ※

今回気になった描写。
嘉祥とショコラ&バニラの背丈の差が印象的に描かれている点。
photo_1356














『ネコぱら~ショコラ&バニラ~』P15(Tam-U/NEKO WORKs/KADOKAWA)


ゲーム版だとわりとショコラとバニラがどアップで迫ってくるシーンが多いので、あまり背丈を意識することがないのですが、こういう風に第三者目線で横に並んだ構図だと、[嘉祥=父 ショコラ&バニラ=娘]感が凄く良く出ています。

コミカライズ版は人型ネコたちと嘉祥のこの背丈の差を感じるシーンが多く、その点に注目ですよ!



萌え ブログランキングへ

「通りすがりの村人」として人類を救う! 村人&狐勇者パーティ、最後の戦い!『逆成長チートで世界最強』6巻

生まれ持った運命によって戦闘力が決まってしまう世界。
勇者の力を得た幼馴染の狐娘と、村人にしかなれなかった少年は、世界中にはびこる魔物を退治して平和を取り戻そうと奮闘してきました。

魔物の攻勢は際限が無く、強大な魔王を倒してもすぐに新たな魔王が降臨する状況。
果たして、この戦いに終わりはあるのか?

狐耳バトルファンタジー小説『逆成長チートで世界最強』の完結編・6巻が12月28日より発売中です!
女神マリスカに選ばれし者である狐獣人の「勇者」フィーリティアと、戦闘力の無い「村人」でありながら多種多様な戦闘術(スキル)を習得して、勇者に並ぶほどの実力を身につけた少年フォンシエ。

前回「水棲の魔王セーラン」を討伐したフォンシエたちの前に、新たな魔王が立ちはだかります。
人とほぼ変わらないどころか、それ以上の知性を持った魔物・ヴァンパイアたちの長「魔王モナク」。

フォンシエは薄々、「魔物」と呼ばれる存在が実は人と同じ要素を持っていること――魔物も人も他の異種族も、全て同源の存在である可能性――に気づき始めていました。

同じ存在が「人」と「魔物」に別れるのなら、魔物との戦いは永久に終わらないのだろうか?

これまで明らかになった真実から見出せる「他の可能性」が、フォンシエたちの前に開かれつつありますが・・・彼らにはそこに向かうだけの余力がありません。

ただ人類が生き残るため、そして大切な恋人フィーリティアと過ごす世界を守るために、フォンシエは戦い続けるのでした・・・!

※ ※ ※

Web版の第四章後半から分かれて、全く異なる結末となった完結巻です!

Web版は世界の謎の解明に重点が置かれていますが、書籍版は「この理不尽な世界でどう生きるか」というフォンシエやフィーリティアの想い/生き様を描くことに注力されている感じですね。

「村人」という枠にはまらずに超人的な活躍を見せるフォンシエ、「勇者」という役目を果たすことに懸命になりすぎているフィーリティア、そして人類の運命など放っぽり投げて好き勝手に生きている“魔物大好き”狐獣人の錬金術師ミルカといった登場人物たちが、その生き様をもって理不尽な世界の有り様に立ち向かっていく・・・というのが本作のテーマだったのかなと感じます。

※ ※ ※

フォンシエは今回、フィーリティアだけじゃなくて、ミルカともわりとイチャイチャしている感じでうらやま・・・けしからんですね!

本作、狐っ娘たちが「不同意」みたいな感情を示すのにフォンシエを「尻尾ではたく」という仕草をみせるのですが、これ、自分もされてみたい。



萌え ブログランキングへ

寿命差のある物語における、ひとつの結末。『ねじけもの』3巻

舞台は下剋上と裏切りが蔓延し、血で血を洗う戦国時代の日向国。

山賊に身を落としながらも、殺された仲間たちの復讐を誓う若武者カガシは、ある時立ち寄った山で、守神の座を追われた山犬の女・縣(あがた)に出会います。

恨みの炎に身を焦がす人間の男と、全てを諦観している人外の女。
本来、相容れないはずの二人が、戦の果てに見るものとは・・・!

戦国ピカレスクファンタジー『ねじけもの』、堂々の完結巻3巻が1月9日より発売中です!

薩摩の雄・島津家の義弘に囚われたカガシと縣。
島津が敵対する伊東家にカガシの仇敵「蜥蜴」が助力していることから、島津義弘はカガシを味方に引き入れて蜥蜴を討たせようと図ります。

カガシは自分を良いように利用しようとする義弘の意図に気づきながらも、千歳一隅の機会として義弘に協力すると返答します。

そして物語は、島津と伊東・大友連合の戦――戦国九州における最大の戦「耳川の合戦」へと発展していくのでした。

蜥蜴と刃を交えることのみを望み、激戦の中、冷たい目で戦況を見極めるカガシ。

そんなカガシを、さらに冷めた様子で観察する山犬の縣。

価値観の違う二人の道は、ある一つの結末に向かって収束してゆくのでした――

※ ※ ※

本作、数百年を生きる人外の縣と、人間のカガシという寿命差のある者同士が迎える結末について、意外な結末を用意している点で要注目です。

「寿命差のある関係が、意外な結末を迎える」という物語としては、田中ユタカ氏の『愛人[AI-REN]』を思い出すのですが(ちなみにこの『愛人[AI-REN』もケモミミ要素あり)、それに匹敵する衝撃の展開が待ち受けています。


人間を「蟻のような存在(殺すにも助けるにもとるに足りない、どうでもいい存在)」とみなしている縣だからこその、彼女がカガシに対して抱いている感情に痛切なものを覚えます。

物語の展開自体も、復讐に身を焦がし徐々に人間離れした心理に囚われるカガシに対して、全てを諦観しているがゆえに人間らしい穏やかさを見せる縣、という対比が強く印象付けられていて、「人間らしいとは何か」を考えさせられる内容となっています。

※ ※ ※

巻末のおまけ漫画で、縣の耳と尻尾の事について語られているので、その点も要チェックですね!

縣も「自分が狐だと忘れないように」あえて髪に狐耳の形をつくっている『戦国妖狐』の妖狐たまと似ていて、頭の獣耳に本物の耳としての機能はあまり無いらしいことが分かります。
戦国妖狐 16 (コミックブレイド)
水上悟志
マッグガーデン
2016-02-17


あまり萌えを意識していない伝奇・妖怪作品だと、獣妖怪の獣耳はあくまで「元が獣である者」の象徴であって、本物の耳としての機能はないことが多いです。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント