ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

妖怪・長壁姫のケモミミ要素について。『奇異太郎少年の妖怪絵日記』13巻

様々な妖怪をチートすれすれの技でぶっとばしてきた霊感少年・奇異太郎と、そんな彼を真正面からぶっ飛ばすことのできる座敷童女・すずの日常を日記形式でつづった人気WEBコミック『奇異太郎少年の妖怪絵日記』。

前巻からひきつづき、日本最強クラスとの妖怪との対決(?)が繰り広げられます!
動物妖怪の魅力たっぷりの、最新13巻が12月18日より発売中です!
13巻の前半は日本だけではなく、世界最強クラスの妖怪ともいえる「白面金毛九尾の狐」と奇異太郎少年との対決が描かれます。(例によって真面目に戦っているのかいないのか、謎のシチュエーションが続出しますが、、、)

この作品、有名な狐妖怪「葛の葉」「九尾の狐」が、「白面金毛の狐」とそれぞれ別妖怪として登場するのが特徴的ですね。他の作品ではだいたい九尾の狐=白面金毛の狐になるのですが。

傾国の美女である白面金毛の狐が、インターネット時代の現在はどうやって傾国しようとしているか、の解釈がかなり面白い。

 ※ ※ ※

動物妖怪としては、狐のほかに化け獺(カワウソ)が登場します。(第百四十七話)
今回の話では外観上は完全に雪娘に化けており、ケモミミ尻尾を出しませんでしたが。

近年の妖怪漫画で、化けカワウソを時々見かけるようになってきたので、今後の動向に要注目ですね。
化け狸娘も、2000年代はかなりマイナーなキャラでしたが、今はわりとメジャー化してきましたし。

 ※ ※ ※

13巻の後半は「城化物(城にとり憑く妖怪)」の中でも有名な「亀姫」「長壁姫」がメインとなる物語が展開されます。

長壁姫は狐の妖怪、もしくはコウモリを操る妖怪とされますが、本作の場合はコウモリ要素が付与されてコウモリ娘っぽいキャラデザとなっています。
photo_1761























『奇異太郎少年の妖怪絵日記』13巻P217(影山理一/マイクロマガジン社)


長壁姫(刑部姫)は妖怪を題材にした近年のスマホゲーのキャラとしてしばしば登場しますが、コウモリまたは狐のケモノ・ケモミミ要素が付与されるパターンが多いのが面白いところ。

コウモリ要素を付与されているパターンの有名な例が『Fate/Grand Order』の刑部姫。(概念礼装やイベントでは狐要素が付与されていることがありますね)


狐要素を付与されているパターンの例が『天下統一クロニクル』の長壁姫。

また、『ようこそ了法寺へ』の長壁姫は、コウモリと狐の両方の要素を持っている興味深いデザインをしていました。

今後もサブカル界においてどんなケモミミな長壁姫が描かれるのか、注目したいところですね!



萌え ブログランキングへ

子供仙狐さん!!『世話やきキツネの仙狐さん』8巻

疲れた男のもとにやってくる、モフモフとツヤツヤの暴力!
・・・なぜ、モフモフ(彼女)がその男のもとにやってきたのか、その謎が今、明かされます!

新展開の狐耳漫画『世話やきキツネの仙狐さん』の単行本8巻目が12月10日より発売中です!

自分の体と心の状態を鑑みて、ついに会社を辞めてしまった中野。
ずっと求めていた休息の時間を手に入れ、中野の体を心配していた仙狐さんもようやく一安心・・・のはずが。

中野は今まで仕事漬けでいたせいか、自由な時間の使い方が分からず、逆に不健全な状況になってしまいます。

そんな中野を、仙狐さんと、「ニートの師」こと在宅勤務漫画家の高円寺さんが、よりよい「だらけ生活」が送れるように導こう(?)としますが・・・。

※ ※ ※

後半部は「なぜ仙狐さんが中野のもとに"世話やき"にやってきたのか」が描かれる、重要なパートとなっています。

6巻くらいまでは癒し癒され日常物・・・という感じだったのですが、ストーリー漫画としての色合いが強くなってきました。

ブラック労働ネタ漫画は、結末が「主人公の退職」になることが多いのですが(『ウサギ目社畜科』もそうでした)、本作はその先を描こうとしている感じですね。
※ ※ ※

仙狐さんの昔話の中で、子狐時代の仙狐さんの姿が描かれます。
肉体的な容姿そのものは今とほぼ変わらず、服装が見習いの巫女っぽい感じになっているのが違いですね。(今の仙狐さんの服装は水干っぽい装いが加わっている)

姿は変わらないのにちゃんと「若いころの仙狐さん」らしいと感じさせてくれるのが、流石巧いと唸らされます。(表情の自信の無さ具合とか)
photo_1759

























『世話やきキツネの仙狐さん』8巻P98(リムコロ/角川書店)


仙狐さんの正体に関わる話、狐の伝説ネタでは漫画ラノベで好まれそうな設定なのに、以外と他の狐耳作品で使われているところを見ないんですよね。

ぱっと思いつくところでは、『FGO』のあの狐くらいかな~

キツネ君の卒業後の進路は?『よろず占い処 陰陽屋と琥珀の瞳』

イケメン毒舌陰陽師・安部祥明と天然系キツネ耳高校生・瞬太が織りなす、人気のジュブナイル・ミステリノベルシリーズ第13弾が好評発売中です!

今回も四話仕立てですが、どのエピソードでも瞬太の卒業とその後の進路に関する内容を話している場面が多く、クライマックスという感じが強くなっています。
瞬太の卒業で堂々完結なのか・・・それともそこから新展開になるのでしょうか?

●『新年は厄介ごとともに ~倉橋家の双子たちふたたび』
非常に成績が悪く、高校卒業が危ぶまれている瞬太。

周囲は進学の話で盛り上がっている中、瞬太は学年末テストで赤点をとらないことに注力しなければならず、しかし勉強が好きではない彼は試験勉強にも気乗りしないまま、日々を浪費していました。

そんな中、彼の心をさらに乱す出来事が起きますが・・・!


●『猫の幸福学』

陰陽屋に、ある母娘が「猫を飼うべきかどうか吉凶を占ってほしい」という依頼を持ち込んできます。

ペットの犬猫探しの占いは割とよくある依頼ですが、「飼うべきかどうか」という依頼は前代未聞です。

猫を飼うことに大反対する母親と、頑なに猫を飼いたいと言い張る娘。

この不思議な依頼をこなしていく過程で、瞬太は化け狐としての自分の「ある能力」が、今後の進路に生かせるかもしれないと気づきますが・・・。


●『猛獣たちのチョコレート戦争』
瞬太が卒業できないかもしれないと苦悩する中、周囲はバレンタインで急に浮ついた雰囲気になっていきます。

卒業に向けてぎりぎりの状況が続く状況で、勉学に集中しなければならないにもかかわらず、瞬太は密かに想いを寄せている三井が誰にチョコレートを渡すのかが気になってしまいます・・・。


●『妖怪博士と正直な尻尾』

大学で妖怪の研究をしている「妖怪博士」こと山科春記が陰陽屋にやってきました。

いつものように、正体がばれないように細心の注意を払っていた瞬太ですが、春記は突然「瞬太の正体には最初から気づいていた」と言い出します。

なぜ正体がばれてしまったのか・・・!?


※ ※ ※

かなり気になるトラブルが起きたところで次の巻へ!となっているので、先が気になります。


今回のエピソードで出てくる「なぜ瞬太が本物の化け狐だとばれてしまったのか」の理由(の一つ)がちょっと面白い。

狐耳が動くから・・・では、ないんですよね~




萌え ブログランキングへ

記事検索
最新コメント
RSS