ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狛犬娘は太眉。『ひとはくん、ひとりぼっち?』1巻

なぜか妖怪や幽霊や神様といった人外ばかりに好かれてしまう病弱な小学四年生・ひとは。
ついに彼は狛犬の化身にまで懐かれてしまうことになってしまいますが・・・。
人外姉ショタコメディ『ひとはくん、ひとりぼっち?』の単行本版1巻目が11月4日より発売中です!

九分咲ひとは は、病弱で長期入院中の小学四年生。
彼の病室には、なぜか彼のファンである幽霊や妖怪といった人外(それもお姉さんの姿をした)が押しかけ、ひとは は彼女たちの相手に日々神経をすり減らしています。

その上、普通の人には人外たちの姿は見えないので、「独りごとばかり言う子」として周囲の人からも距離を置かれています。彼は普通の人間の友達が欲しいと切望していました。

そんなある日、病院を抜け出した ひとは はたちの悪い悪霊の追っかけに遭遇し、途中で巫女姿のお姉さんに助けてもらいます。
ひとはと同じく、人外の存在を見ることができるらしい親切なお姉さん・・・「こまこ」さんに共感を覚えた ひとは は彼女と友達になりたいと願うのですが・・・・。

再びこまこさんと出会った ひとは は、彼女の頭に犬耳が生えていることに気づくのでした・・・!

※ ※ ※

もともとは「みんなのコミック」で連載されていたWEBコミックで、電子版はすでに2巻まで発売されているようです。


妖怪&神様と人間が同居するパターンの日常物作品ですが、本作の最大の特徴はヒロインが全員主人公の ひとはくん よりも年上であること!
病院で仲良くなる同年代の女の子「けむり」もどうやら ひとはくん よりちょっと年上のようで、なかなか徹底されています。

※ ※ ※

妖怪のモブキャラにも結構ケモミミなお姉さんが多く出てくる本作ですが、メインとなるのはやっぱり狛犬の化身・こまこさんです。
狛犬だけあって、通常の妖怪とは違って ひとはくん をしっかり守護しようとする頼りがいのあるお姉さんですが、ひとはくん はそれでも彼女が人間じゃないのが不満なようです。

こんなワンコお姉さんと一緒にいられるなら、普通の人間なんて目じゃないと思うのになあ、、、
photo_1110























『ひとはくん、ひとりぼっち?』1巻P27(東皓司/扶桑社)


「狛犬擬人化キャラは太眉になる」傾向があるのかなと、最近考えています。『ねこむすめ道草日記』の独楽&獅子丸も特徴的な太眉だし、『ひとはくん、ひとりぼっち?』においてもお姉さんズのうち こまこさん だけ太眉なんですよね。
ねこむすめ道草日記(2) (RYU COMICS)
いけ
徳間書店(リュウ・コミックス)
2013-12-14


単純に狛犬の外観をそのまま擬人化に取り入れているだけだとは思うのですが、「オスの三毛猫の擬人化」⇒「三毛猫の男の娘」みたいに、うまいこと現在の萌え要素と合致してそれを強化する形になっているのが面白いです。
狛犬
宮忠

元・動物の女子高生、動物に戻る!?『しましまライオン』2巻

サバンナにいた動物たちが、なぜか現代日本の女子高生に転生!?
元・動物っ娘たちが織りなす弱肉強食系ほのぼの日常四コマ『しましまライオン』の1年ぶりの新巻(完結)が10月27日より発売中!

ある日「神様」にスカウトされて、現代日本の女子高生に転生した元・シマウマの縞崎まこ。

人間の生活に戸惑いつつも、これでライオンに追われることが無くなったと安心していた彼女ですが・・・シマウマのまこを追いかけていたライオンも同じく、女子高生「来城いおん」に転生していたのでした!

人間になってからも結局、まこはシマウマ大好きな元・ライオン女子につきまとわれることになります。

とにもかくにも、他にも動物から転生した仲間たち・・・
元・トリのちっこくてちょこまか動き回る雨野千鳥、
元・ワニで、いおんが苦手とするサバサバ系女子の和田新菜、
元・ハイエナで、いおんをライバル視する灰島えりな、
元・キリンで、動物時代からまこの友達だった葉月凛奈、
・・・とともに賑やかなJK生活を送っていた縞崎まこ。

しかし、ここにきて急に神様が「動物に戻らないか」と提案してきて・・・!

※ ※ ※

動物娘・大集合な作品ですが、本作、他の同ジャンル作品と大きな違いがあります。
それは肉食動物-草食動物間の捕食関係が、ぼかされずに作中の話題として出てくる点。

デスマッチが中心である『キリングバイツ』は別として、様々な動物娘が仲良く交流するような作品では、捕食関係はかなりぼかされて描かれる事が大半です。

『けものフレンズ』のネクソンアプリ版は、作中でフレンズが食するものに一切肉料理が出ないように配慮してあったほどですし、アニメ版の「ジャパリまん」の設定も捕食関係が類推されることがないように考えられたものであると思われます。

この『しましまライオン』では、元・動物娘たちがサバンナを取材した動物番組を見て、草食動物を襲った/肉食動物から逃げた、みたいな話をする場面が結構出てきます。

下手をするとほんわかな雰囲気を壊しそうな危険な話題を、巧くほんわか四コマの中に収めているのは流石です。

※ ※ ※

本作における元・動物娘たちの獣耳尻尾は驚いたときや怒った時など感情が高ぶった時に出るようになっていて、一種の漫符に近い使われ方がされていますが、まこについては「ネガティブな感情の時」に獣耳が出てくるのが特徴的です。

例えば下の場面では、試験のことをすっかり忘れていて青ざめるまこに馬耳が生えています。
photo_1109























『しましまライオン』2巻P73(はなこ/芳文社)


漫符的には、「怒った時」や「興奮した時」などのオフェンシブな感情を表現する時に獣耳が使われることが多いのですが、この場面のまこのようにネガティブな形で使われるのは珍しいパターンです。
(※犬耳尻尾は「怒られた時」「怯える時」に使われることがありますが・・・)



萌え ブログランキングへ

狐耳アニメの感想~『このはな綺譚』第6話/『縁結びの妖狐ちゃん』第18話

今期注目しているキツネミミアニメの感想です。

●『このはな綺譚』第6話 此花亭怪談

今回はお風呂シーンあり。
こうなるとやっぱり第5話に入浴シーンが無かったのは惜しい・・・。

このアニメ、いつも始まりが微妙にホラーっぽいのはなんなのだろう。
毎回の公式PVも微妙にホラーな感じがするし。
逆なのか? 自分が某『ひぐらし』とかそれ系のホラーを見すぎた/読みすぎたせいで、こういう大正昭和ノスタルジックな雰囲気を勝手にホラーっぽく感じているだけなのか?

・・・・・・

今回の怪談話の原作はコミック百合姫S時代の『此花亭奇譚』のものだから、全体的に狐っ娘のいちゃいちゃシーンが多かったですね。
その中に違和感なく、柚が此花亭に来るまでの話『柚が旅立つ日』のエピソードを混ぜているのはなかなか巧い。

原作だと「おばけが化けた櫻」と「本物の櫻」の区別がすぐつくようになっていたのですが、アニメは一見では分からないようになっていました。たぶんハサミを持っていた方が本物で、汗をかいていた方が偽物だと思うのだけど・・・。
原作と細かな演出の違いがあって、それを比較しながら見るのも面白い。


※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第18話 ココの秘密

「月紅篇」6話目~

起承転結の「転」にあたるところでしょうか。
現代では最強に近かったヤヤがやられて、ロロも無力化。
復活?したココも敵に操られちゃうし、白月初も行方知れずになっちゃうしで事態が混沌としてきました。

思った通り、白月初は現時点ではスースに対してもココに対しても特別な感情を持っていない様子。このあたりは11話で「小槌を使ってもほとんど前世の記憶が戻らなかった」点が伏線になっていますね。
だいぶ前のギャグっぽいエピソードが伏線になっていたりするので、このアニメは油断ならない・・・。

一気道盟のトップ二人が白昼夢の中でロロをナンパしているシーン。
ロロのつけている水着がかなりアレなのがいかにもオヤジの妄想的で良いのですが、水着姿を見る限り、ロロは着やせしているんじゃなくて本当に貧乳なのか・・・。

姉二人はどちらも豊潤だし、ヤヤにいたっては昔からロリ巨乳だったことが分かっているので、姉二人とロロのこの差は・・・姉たちに全部吸い取られてしまったのか、、、
(まさか、姉妹は血が繋がっていないという設定じゃないですよね?)



萌え ブログランキングへ
記事検索