ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

タケヲちゃん物怪録 4

 とよ田みのるのハートフル(?)伝奇漫画『タケヲちゃん物怪録』の第4巻が8月12日より発売中!
 疫病神に祟られて極端に不幸だった少女・タケヲちゃんも、下宿先の百鬼荘に住み着いた妖怪たちと交流するうちに、だいぶ頑なな心が解けてきたようです。
 本巻では伝説級の妖怪・酒吞童子と対峙することになり、桁違いの強さに大苦戦することになりますが……。

 本作のケモミミ勢の代表、天日空狐(クーちゃん)と陰神形部(ポンちゃん)は、今回は影が薄いです。
 きちんとコマがとられているのは96ページのこの集合シーンくらい。
photo_26










『タケヲちゃん物怪録』(4) P96 (とよ田みのる 小学館)

中心にいる六郎との距離から、一番の側近であることは強調されているみたいですが……。
後のエピソードでも、新ケモミミキャラ・バイエルンの人狼(ヴルコラク)にやられたりして、あんまりいい目を見てないです。

タケヲちゃん物怪録 4 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル) 
タケヲちゃん物怪録 4 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)



萌え ブログランキングへ

棺担ぎのクロ 4 続き

 単行本恒例のキャラクター紹介カットより。
 クロの肩書はいつも『旅人』なのですが、ニジュクとサンジュの肩書きは巻ごとに大きく変わっていて、1・2巻は『子供』、3巻は『人造』でした。
 そしてついに、4巻では彼女らにも『旅人』の肩書きがつくようになりました。
 この巻に収録されているエピソードが大きく影響しているのでしょうね。
photo_25
















『棺担ぎのクロ』第4集 P2
(きゆづきさとこ作 芳文社)

1995・96年 コミックマーケットカタログ49・50

 8月初旬はあまりケモミミ作品の新作が出ていないので、今日もコミケカタログの話題を。
 カタログの表面部分に登場した最初のケモミミキャラは、おそらくこのC49・C50の背表紙を合体した時に見られる『グランゾート』のラビ!

photo_23

 正式に表紙でケモミミが書かれたのは2009年夏コミC76。七瀬あやの狐耳っ子イラストですね。
 この頃から、ケモミミの主流は狐に・・・?
photo_24
 



















記事検索
最新コメント