ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

1997年 『月刊コンパイルクラブ』65号

 前々回に引き続き『コンパイルクラブ』より、雑誌・ディスクステーション収録のゲーム『幻世酔虎伝』の紹介記事。
 猫耳ヒロイン・リンシャンのイラストがいくつか描かれています。
 このチャイナ服の袖から出すタイプの暗器は、『らんま1/2』のムース⇒格ゲー『ヴァンパイアハンター』のレイレイ という系譜上にあるのだと思いますが、猫系キャラだとそのまま猫の爪っぽい表現になって、巧いなあと感じます。
photo_54

『月刊コンパイルクラブ』65号P4(企画・制作コンパイル)

ねこむすめ道草日記 10 続き

 この漫画、シルエットの表現が面白いですね。

 第59話『ばーちゃんにお中元で道草』より。
 ピンととがった猫耳で、すぐ黒菜のシルエットだと分かります。
 ケモミミキャラは漫画的な特徴を出しやすいという一例。
photo_52

『ねこむすめ道草日記』10巻P141(いけ/徳間書店) 

 











 さらに特徴的なのが、第55話『コックリさん春の憂鬱で道草』のこちら。
 コックリさんの影はほとんどの場面で、“動物”の狐の影になるように描かれています。
 各妖怪を特徴づける、このような細かい描写が、本作の独特の雰囲気を形作っているんでしょうね。 
photo_53
『ねこむすめ道草日記』10巻P42(いけ/徳間書店) 

1994年 『コンパイルクラブ』45号

 その昔は『アレスタ』、そして『ぷよぷよ』で一世を風靡した、今は亡きコンパイル社の会報誌より。
 当時、雑誌ディスクステーションで展開していた連載方式(!)コンピュータRPG『幻世喜譚』の敵キャラ、ケイヴキャットとウィッチ。
photo_51












『コンパイルクラブ』45号(画・橘平安京/コンパイル)









 『幻世』シリーズには他にもリンシャンという猫耳格闘家も登場しますね。
 ちなみにこのゲーム、今でもプロジェクトEGGのサイトで遊べます(有料)
 https://www.amusement-center.com/project/egg/cgi/ecatalog-detail.cgi?contcode=7&product_id=607
 

 ・・・ケモミミと全然関係ないですが、いつかコンパイルクラブの歴史をきちんとまとめてみたいんですよね。その後の型月とか東方とかの巨大同人ジャンルに繋がる関係性も含めて。需要なさそうですが、、、
 個人的に、90年代以降の同人の歴史を語る時に、コンパイルの存在に触れないのは片手落ちだと感じるのですよお。
記事検索
最新コメント