ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

10月発売予定のウマ娘なグッズ類

ゲームの完成が待ち遠しい競走馬擬人化コンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』より、先月にひきつづき各種グッズが発売されます!

今月は先月よりもさらに種類多いです!
・疾走感のある横長のトレーディングポスター全12種(10月25日発売予定)
・撥水ポーチ9種(スペシャルウィーク、サイレンススズカ、グラスワンダー、シンボリルドルフ、ハルウララ、フジキセキ、ダイワスカーレット、オグリキャップ、ナリタブライアン)(10月25日発売予定)
・撥水トートバッグ3種(スペシャルウィーク、サイレンススズカ、ゴールドシップ)(10月25日発売予定)
・ぺたん娘トレーディングラバーストラップ全10種(10月25日発売予定)
・B2タペストリー(10月25日発売予定)
・55cm折りたたみ傘3種(スペシャルウィーク、サイレンススズカ、トウカイテイオー)(10月25日発売予定)
・アクリルつままれストラップ7種(スペシャルウィーク、サイレンススズカ、トウカイテイオー、メジロマックイーン、ダイワスカーレット、ゴールドシップ、ウォッカ)(10月15日発売予定)

アクリル置時計、B2タペストリー、サイレンススズカTシャツのラインナップとなっています。



 ※ ※ ※



 萌え ブログランキングへ

10月発売予定のケモミミなフィギュア

『けものフレンズ』のコンセプトイラストをもとにした海洋堂のカプセルフィギュア!
カプセルQキャラクターズ第二弾が10月25日発売予定!

ジャガー 、ブラックジャガー、メガネカイマン、カピバラのラインナップですね。
アマゾンの動物というカテゴリーみたいですが、カピバラってアマゾンの動物だったのか、、、
天竺ネズミっていうから、南アジアあたりの動物だと勘違いしてた、、、


同じく『けものフレンズ』より、待望の可動ねんどろいどフェネック&アライグマが10月31日発売予定!
メーカーHP(フェネックアライさん)を見る限り、かなりいろんなポーズをさせることができるみたいですね。



『To LOVEる-とらぶる- ダークネス』より、ヒロインたちをバニーフィギュア化していく企画の第五弾!
おしとやかで優しく芯の強い理想の幼馴染「西連寺春菜」の1/4スケール・バニーが10月31日に発売予定!
フリーイング社製なので、タイツは本物の布素材が使われているようです。

『超次元ゲイム ネプテューヌ 』より、シリーズ通しての主人公・ネプテューヌが守護女神に変身した姿「パープルハート」のバニースタイルフィギュアが10月31日発売予定!
ネプテューヌ時とは打って変わって、とても大人っぽいセクシーな佇まいです。
こちらもフリーイング社製なので、タイツは本物の布素材とのこと。

以前にも紹介しました『FAIRY TAIL』のウェンディ・マーベルの猫耳フィギュア。
その白猫バージョンが10月25日発売予定!
白猫だと首輪が目立って印象的ですね。

以前紹介した『ノゲノラ』バニー白フィギュアの発売が10月に延期になっていますので、こちらも要チェックです!


萌え ブログランキングへ

「猫耳生えてれば何でもいいの・・・?」(by譲葉)『ちんちんケモケモ』2巻

幼馴染は山の神を祀る巫女さん。
ある日を境に、彼女の体に山の動物霊が憑依するようになり、動物化・・・というよりケモミミ娘化した彼女は毎度のように大騒動を引き起こすことになりますが・・・!

笑撃のセクスィー・ラブコメディ『ちんちんケモケモ』の2巻が9月28日より発売中です!

むいは山の寺の息子。
譲葉は山の神社の娘。
二人はお互いに軽口を言い合うような幼馴染同士。

譲葉は三か月に一度、巫女役として、山の頂にある祠で「凪送り」と呼ばれる儀式を執り行うことを恒例行事としていたのですが・・・。
ある日を境に、譲葉の体に動物霊が取り憑くようになってしまいました!!

生来の「獣耳フェチ」であるむいは、今回も獣耳+尻尾+下半身すっぽんぽんというデンジャラスな姿で、動物のように自由奔放に跳ね回る譲葉を捕まえるのにいっぱいいっぱい!

一方で譲葉は、自分の動物化した姿に反応しすぎるむいの様子を見て、彼が人間に興味が無い・・・リアルアニマルフェチなのではないかと疑って、さらにおかしな行動を起こすことになりますが・・・!

※ ※ ※

今回も、直接的にえっちぃことは何もしていないけれど、なんか色々とえっちぃエピソードが満載です。

譲葉の仕草がいちいち本当に可愛いというのもありますが、譲葉がアップで描かれる時、画面がどことなくぼやっとした印象になるのも独特な画風だなあと感じます。

他の漫画では見たことない効果なのですが、どうやってこれを描いているのか凄く気になるところです。譲葉の輪郭に若干ぼかしを入れているのか、トーンの(特に黒髪の)グラデーションのかけ方が独特だからそう見えるのか・・・。

この効果によって、譲葉がむいにとって「特別な存在である(他の女の子とは違って見えている)」点が、読者にも共感しやすくなっています。

※ ※ ※

今回気になったコマ。
むいが「リアル猫フェチ」になってしまったと勘違いした譲葉が、猫耳コスプレでむいに迫るシーン。
譲葉の猫耳コスプレ、なかなか独特なのですが、この格好どこか懐かしい匂いが・・・。
photo_1287
















『ちんちんケモケモ』2巻P63(藤崎ユウ/KADOKAWA・エンターブレイン)



約14年前、2004~2005年の作品『魔法少女猫X』のペケのコスチュームによく似てるんですよね。
「猫耳・尻尾」「スクール水着」「腰のベルト」「オーバーニーソックス」というところが共通。
特に、腰ベルトのワンポイントがなかなか効いています。
スク水の新旧が違っている点には時代の流れを感じますが・・・。

『ちんケモ』と『魔法少女猫X』は、方向性は逆ながら、どちらもフェチズムに特化した作品なので、ある意味コスチュームが収れん進化しちゃっているのかもしれませんね。
記事検索
最新コメント