ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狐耳アニメの感想~『このはな綺譚』第1話/『縁結びの妖狐ちゃん』第13話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。
狐耳&狐耳になりました。
(ガッツリケモミミなアニメでもう一つ『戦刻ナイトブラッド』もありますが、今秋の感想は下記二作品で、、、)


●『このはな綺譚』第1話 さくやこのはな

掲載誌の消滅や、ケモミミ物に対する冷遇など、様々な苦難を乗り越えてついにアニメ化した狐耳百合作品です。
アニメの題名は『このはな綺譚』ですが、物語は『此花亭奇譚』のエピソードから順番にやっていくみたいですね。

大野柚布子さんボイスの柚はわりと思っていた感じそのままなんですが、秦佐和子さんボイスの皐は「厳しい先輩」感が原作よりも強くなっていて、なかなか良い感じです。柚から何か気の利いた事を言われて照れる時のギャップが良い。

あと、櫻は動きのちょこまか感が出せる分、漫画よりもアニメ向きのキャラなんだなあと再認識。

※ ※ ※

アニメにおける描写で特徴的なのは、狐っ娘たちの「牙」がかなり強調して描かれている点。
狐っ娘が口を開くシーンではほぼ必ずといっていいほど描かれています。

『ウルタールの憂鬱』の記事でも考察したのですが、「登場人物が全て同種の獣耳娘」という作品の場合、ともすると獣耳娘としての特徴が薄れてただの人間キャラと同じになってしまう恐れがあるので、「この作品のキャラクターは人間じゃなくて、狐なんですよ」ということを視聴者に常に認識させるための工夫なのだと思われます。


※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第13話 絶対零域

新しい章、「月紅篇」1話目~
ついに塗山ココが本格的に話に絡んできました。この章も過去の話が中心になるのかな?
ストーリーはよりシリアスに、作画のクオリティもぐっと上がって、やっぱり最初からこういう雰囲気でやるべきだったんじゃないかと感じますね。次の話が毎回気になります。

ヤヤの小さい頃が今回も可愛い。大人になったヤヤの振る舞いは、元・塗山の長であるココの立ち振る舞いを真似ているだけで、小さい頃の性格の方が本来の彼女なのかな?
今のところ東方月初と一番いい感じの仲のように見えるのですが・・・ココと東方月初の関係はこれからの話に期待ですね。

ロロは今回の行動を見る限り、本心からスースを心配しているように見えるのですが、まだ結論を出すのは早そうな感じ。エンドロールの一場面で仲良さそうにしているので、本当に仲が良いのかもしれませんが。

※ ※ ※

スースら塗山妖狐三姉妹には尻尾が無いのですが、今回出てきた南国の姫に加担する狐族には尻尾があったりして、同じ妖狐でも一族によって容姿が違うのが相変わらず興味深い描写です。



萌え ブログランキングへ

『けものフレンズ』コンセプトデザイン展に行ってきたよ。セーバル推しの人はぜひ行くべき!

広島パルコで開催中の吉崎観音先生のコンセプトデザイン展に行ってきました。
もともと10月初旬に行こうと準備していたところで、例のけもフレプロジェクト内のゴタゴタがあって開催状況を心配していたのですが、ちょうどここ数日情勢も落ち着いてきて、無事見ることができて良かったです。

わりとネクソンアプリ版寄りの内容なので、元プレイヤーはぜひ観に行った方が良いです!
特にセーバル推しの人は、ネクソン版とアニメ版を繋ぐ、かなり重要な情報が限定公開されているので観に行くべき!
photo_1090


















※ ※ ※

デザイン展の内容に入る前に。
実は広島パルコに行く前にゴコクチホー・・・ならぬ、四国ちほーの愛媛に立ち寄って、生サーバルを見てきました。
「とべ動物園」のサーバルです。
見た瞬間、これがサーバルなんだ!という感じで感動的だった、、、
photo_1087















photo_1088










photo_1089
























印象としては「ちょっとデカめの猫」という感じ。
動きや仕草もかなり猫っぽい(というか猫だしね)。
吉崎先生がサーバルをメインに据えようと考えたのも納得の可愛さでした。

四国ちほーには全県にサーバルがいるらしいので、広島に行くついでに本物を観に行くのもアリだと思いますよ!

※ ※ ※

コンセプトデザイン展は以下のような内容で、じっくり見たら45分~1時間くらいの内容ですかね。
 ●吉崎先生がデザインした200体以上のアニマルガール大集合のパネル展示
 ●アニメ版の××の設定に関する限定情報
 ●
アニメOP案?の未使用絵コンテ
 ●ラフ画
 ●ラッキービーストやセルリアンの設定
 ●過去のイベントで使われたイラスト展示
 ●フィギュア展示 など
photo_1091

















「アニメ版とネクソンアプリ版にどれくらい繋がりがあるのか?」という疑問について、たぶん世界は繋がってそうだな~という感じはありつつもハッキリしなかったのですが、今回の展示内容から物語の根幹部分で繋がっているということが明確になりました。

アニメの時代のサーバルが、先代サーバルを見て泣いた理由も、アニメ版サーバルが××××の××を×××××いる、ということで説明できそう。

おそらく、当初のアニメ版のコンセプトではもう少しアプリ版に近づけたストーリーになる予定だったのかなと感じます。
それに対して、たつき監督が新規視聴者に訴求する方向性・演出を強くしたことで、あえて隠したアプリ版寄りの設定が「伏線」として視聴者の深読みを喚起する形になって、この爆発的ヒットにつながったのかなと。

とにもかくにも、けものフレンズプロジェクトは「例の異変」について描く作品を作れば、もう一つ大きな感動を生み出せそうです!

それが次のアニメになるのか、ゲームになるのか、漫画になるのかは分かりませんが、そこまではぜひ描き切ってほしい・・・プロジェクトが続いてほしいと思います。

「例の異変」の時にサーバルたちがどういうやりとりをしたのか、本当に気になるので、、、(帰路はずっとそればかり考えていた)

※ ※ ※

展示を見てて他に気になったところ。
パネルのアニマルガールの並べ方や大きさに何か意味があるのか?という点。
最初、元の動物の大きさで絵の大きさも変わっているのかと考えたのですが、それならディアトリマ(体高2m)が小さくてパフィンちゃん(体長30cm)が大きい理由が分からないし。
photo_1092






























ストーリー上の重要度順でもないみたいだし(それならアニメ版のキーキャラクターのツチノコや、アプリ版のハブ&ヤンバルクイナが大きくなるべき)。

もしかすると、吉崎先生のデザイン的なお気に入り順なのかな?
ダチョウあたりはお好きそうな感じだし。

※ ※ ※

あと、ラフ画が細かいところまで見れないような形で展示されていたのですが、あれはぜひ細かい所まで見れるような展示にしてもらいたいなあと感じました。エトピリカのラフをよく見ると「パフィンちゃんと姉妹設定」みたいなメモ書きがあったりして、ネクソンアプリ版やっていた人には知りたい情報の塊みたいな内容だと思うので。

本格的な設定画集を出してくれないかなあ、、、

※ ※ ※

広島パルコの展示は来週10日火曜日まで、その後名古屋でも開催らしいので、観に行ける人は本当にオススメなのでぜひ行きましょう!

10月発売予定のケモミミなグッズ類 その3

ありいめめこ氏の『ひとりじめボーイフレンド』のスピンオフ作品『ひとりじめマイヒーロー』より、猫耳な麻也・康介・健介のグッズが10月14日発売予定!



IF乙女ゲーブランドのオトメイトによる、不思議の国のアリスに吸血鬼要素を組み合わせた作品『白と黒のアリス』より、主要キャラクターの「ぷくっとバッジ」コレクションBOXが10月4日発売予定!
ケモミミとしては「三月うさぎ」ネロがラインナップされています。


ドルオタ非常勤講師と怪物的高校生の関係を描く作品『ピンクとまめしば』より、柴犬耳な健と悪魔な春馬のアクリルキーホルダー3種が10月31日発売予定!

記事検索