ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

「銀の狐亭」という宿名の謎が明かされる・・・!『セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~』3巻

冒険者たちの間でひそかに噂される「泊まると死なない宿屋」。
その秘密は・・・セーブ&ロードができること!

どんな新人冒険者もトライ&エラーの「稼ぎ」によって、わずか数日で大レベルアップ!
しかし最近は、レベルアップだけでは解決しない問題も多いようで・・・。

大作長編Web小説が多い中では珍しい、連作ファンタジー『セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~』の3巻目が3月24日より発売中です!(Kindle版は4月25日配信予定!)

大通りから一本裏通りに入った場所にある二階建ての質素な宿屋「銀の狐亭」。
どう見ても元・冒険者には見えない奇妙な宿の主人と、どう見ても少女にしか見えない愛らしい獣人の婦人によって切り盛りされているその宿は、冒険者たちの間で「そこに宿泊すれば死なない」と噂されるいわくつきの宿です。

そんな宿屋に、今回も思い詰めた末にやってきた二人の女性の物語と、
「銀の狐亭」の由来に関する過去の逸話が描かれます。

ひとりは、伝説の聖剣を求め、それに比肩するような剣を鍛えたいと考えているドワーフ娘の鍛冶師コリー。
もうひとりは、奴隷仲間を解放するための資金を欲している元・剣闘奴隷の猫獣人オッタ。

今回のふたりの問題は、単に戦闘技能を高める(=レベルアップする)だけでは解決しない複雑な内容なのですが、「銀の狐亭」の面々はいかにして解決するのか・・・?

※ ※ ※

3巻の表紙は宿屋の主人アレクの若い頃の「師匠」である、魔族の「はいいろ」(中央)と、狐獣人の「狐」(右)と「輝き」(左)です。

この三人が、[ なぜ「銀の狐亭」は銀色の狐がいないのに「銀の狐亭」と呼ばれるのか ]の鍵を握っています。

3巻は登場人物がケモミミだらけといった感じで、第6章の『ヨミの回顧録』でも「狐」と「輝き」が話に大きく絡んできますし、第8章ではオッタがそのまま猫耳娘ですし、彼女との関係で宿のウェイトレスをしている双子の猫獣人の姉・ブランの話も出てきます。

さらに本作の世界ではドワーフも犬耳っぽい種族になっていて、ドワーフ娘のコリーもロップイヤー型の耳を持っています。
ドワーフが犬系種族になるのは、『ウィザードリィXTH』が起点となり、『ととモノ。』が広めた「ドワーフ」の設定の影響が大きいんでしょうね。




萌え ブログランキングへ

朝は特にモフい嫁。『狐のお嫁ちゃん』1巻

お嫁さんは化け狐(約330歳)なのです!

経験豊富そうだけど可愛いところも多い狐嫁とのラブラブ結婚生活を描く、『狐のお嫁ちゃん』1巻のKindle版が4月10日より発売中です!
(eBookJapan版も4月1日より発売中で、こちらは特典が付いているみたいです)

地元の文化資料館で学芸員をしている青年。
彼のお嫁さん・・・もとい、「お嫁ちゃん」は(おそらく)元禄時代生まれの化け狐です!

縁あって青年・・・「ぬしさま」と一緒になったお嫁ちゃんは、今は山から下りてきて「ぬしさま」と一緒に京都の街での現代生活を営んでいます。

街での生活にも慣れ、街の人たちとも馴染んだ「お嫁ちゃん」と「ぬしさま」は誰もが羨むラブラブ結婚生活を送っていますが、「ぬしさま」がわりと奥手なため、子供ができるのはまだまだ先?・・・のようです。

※ ※ ※

「わらわ」「~のじゃ」と古風な言葉で喋って経験豊富そうながら、犬が怖くてガチ泣きしたり、ドックフードをスナック代わりにつまんだり、「ぬしさま」の出張を寂しがったりと、わがままでいつも楽しそうなお嫁ちゃんがとにかく可愛い!作品です。

狐への人工呼吸とか、狐が風邪をひいた時の看病の仕方とか、他作品では絶対見ないような狐描写が出てくるのも特徴。

あと、「ぬしさま」の本名を徹底して出さないようにしているところも、ちょっと面白い演出だと思います。(両親と話すシーンでも、名前を呼ばなくて済むような会話の流れになっている)

※ ※ ※

今回気になったコマ。
風邪をひいてしまったお嫁ちゃんがマスクをしているシーン。
ちゃんとひもを狐耳にかけています。
普通の人間用のマスクだとひもの長さが足りなくてフィットしなさそうなので、「ぬしさま」がお嫁ちゃん用に改造したのかな?
photo_1021



『狐のお嫁ちゃん』1巻P121(Batta/eBOOK Initiative Japan)





ケモミミと相性の悪いアクセサリーとして眼鏡ヘッドフォンがよく挙げられますが、よく考えてみるとマスクもやや相性の悪いアイテムの一つですね。

「ケモミミが電話するときの受話器」といった「ケモミミだと使えない(使いにくい)」系のアイテムの表現を、各作家がどう工夫している描いているか――獣耳作品の鑑賞ポイントのひとつです。

 

萌え ブログランキングへ

化け狸(6歳)の妹ができました。『妖怪タヌキのそだて方』1巻

父親の再婚相手は実は化け狸で!
その化け狸にはさらに連れ子がいたのです!

ある日突然、独身30歳男に狸耳な妹ができてしまう四コマ漫画『妖怪タヌキのそだて方』の初単行本が4月14日より発売中です!

直孝は脱サラして観葉植物店を営む、30歳の独身男です。

ある日、バツイチの父親が再婚相手だといって若い女性(自分より年下!)を連れてきました。
しかもいきなり、新しい母親は自分が妖怪の化け狸であることを明かします。
さらに、新しい母親には6歳の女の子の連れ子・・・「ありす」がいたのです!

急に24歳も年の離れた妹(しかも狸)ができて戸惑う直孝ですが、ありすはわりと直孝に対して懐いているようで、二人はうまく距離を詰めながら新しい家族としての生活を営んでいきます。

でも実は、ありすは直孝以外にはかなり人見知りで、やや他の子と価値観もズレているため、小学校に通うもののなかなか友達ができず悩むことになるのですが・・・。

※ ※ ※

ほとんど自分の子供といってもいいくらい年の差のある義妹ができてしまう話で、疑似親子物っぽい設定ではありますが雰囲気は少し違っています。
どちらかというと、おじと姪に近い関係性を描いた作品といえそうです。

あと、主人公の直孝の仕事に関連して、現代的な小売花屋・植物店の事情が少し描かれるのも特徴ですね。花屋系の仕事漫画は『ハナハダハナヤ』くらいしかないと思うので、植物店要素も注目かもしれません。


※ ※ ※

ありす(直孝からは「たぬきち」と呼ばれる)は「~だな!」という語尾をつけて喋る所が可愛いのですが、これは『きつねとパンケーキ』の狸の獣娘ユメちゃんの「~だぬ!」と言う語尾と同じく、狸だからこう喋るのですかね。


本作にはもうひとり、化け狐の黒木紺(くろき こん)というケモミミさんが登場します。
直孝の店で以前から働いているアルバイトだったのですが、化け狸のありすと普通に接している直孝を見て、自分も正体をあらわすことにしたみたいです。クールビューティーな24歳の黒狐。
・・・こんなにケモミミに囲まれた環境が偶然手に入る直孝がうらやましい。

※ ※ ※

今回気になったコマ。
花火にびっくりして狸耳が出たまま戻らなくなるありす。
あわてて狸耳を戻すように言う直孝ですが、コスプレ扱いにできそうなのでそのまま誤魔化すというシーン。
photo_1020









『妖怪タヌキのそだて方』1巻P121(うず/ぶんか社)













過去に『うどんの国の金色毛鞠』『オオカミ少年 こひつじ少女』の記事でも指摘したことがあるのですが、2010年以降のケモミミ作品ではケモミミの正体が普通の人にばれそうになっても「コスプレ」で押し通す、という描写がよく使われます。
本作もその例のひとつといえそうですね。

 

萌え ブログランキングへ
記事検索