ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

服着てる方がえっちぃ狐。『うそつきキツネの恋噺』3話

動物娘ハーレム漫画『けもっ娘ど~ぶつえん!』を著した、めぷちん☆先生の新作『うそつきキツネの恋噺』の連載3話目が、12月24日に更新されています!

最愛の幼馴染・さくらを失い、廃人同然だった信太郎を救うために、さくらに化けて一緒に暮らすことにした狐娘もみじ。

もみじ自身はあまり深く考えていない様子ですが、もし正体がばれたら追い出されるどころでは済まない事態になるのですが・・・。

今回も(いろんな意味で)ドキドキの第3話です!

※ ※ ※

さくらとともに過ごした信太朗の淡い日々の回想を描くシリアスな部分と、裸になることに無頓着なもみじのえちえちな描写がモザイク状になった、独特のストーリー構成になっています。

信太朗の回想を見ると、さくらとは恋人同然だったのに本当の恋人になり切れなかった、という複雑な関係であったことが分かり、もみじの正体がばれたら非常に厄介なことになりそうだと、現時点でヒヤヒヤする感じです。

もみじはあっさり裸になるけど、実は着衣の時の方がえっちぃ感じがするよね、、、
(最後のコマのワンピース姿がとても好き)

※ ※ ※

『この感じ・・・耳がでる・・・ッ』

の表現が好き。

リアル狐耳の存在を「コスプレ」でごまかすという例は多数見ますが、もみじのようなごまかし方をするのは初めて見たかも(ばいんばいんなもみじでしかできないというか)。



萌え ブログランキングへ

ずっと一緒にはいられない!?人と猫のそれぞれの生き方。『にゃんこデイズ』5巻

猫が人間のような姿をしている世界で、三匹の猫とその飼い主、女子高生の友子の日々を描いてきた『にゃんこデイズ』。
それまで毎日365日ずっっと猫と一緒だった友子ですが、進路を決めなければいけない時期を迎え、その状況にも変化が・・・。

感動の最終巻、5巻目が12月26日より発売中です!

人見知りな女子高生・小長井友子の生きがいは、家で飼っている三匹の猫。

陽気で活発で甘えん坊なマンチカンの「まー」。
おっとり泣き虫なオシャレ好きのシンガプーラの「しー」。
頭の良いしっかり者のロシアンブルーの「ろー」。

猫がいれば全て良し!な生活を送ってきた友子ですが、高校生活も残り半分を切り、これからの進路を考えなければならなくなりました。

猫が好きということ以外に特にこれといってやりたいことが無く、進路に悩んでいた友子は、とあるきっかけで、「しー」と「ろー」を譲り受けた元の飼い主・カヤ子おばちゃんの家を久々に訪ねることになりますが・・・。

 ※ ※ ※

堂々完結ですが、もうこれで友子とにゃんこたちの日々を漫画として見ることができないのは、かなり寂しい・・・。

人型の猫たちの立場は変わらないけれど、人間の側の状況が変化することで人と猫の関係性が変化するというのは、「子供の頃にペットを飼っていた人」の琴線を刺激しまくるストーリーです。

全体としてはほのぼのだけれど、読んでいて泣いてしまいそうになる部分があります。

※ ※ ※

今回気になったコマ。

第52話、友子が眼鏡をかけることになる話で、にゃんこたちも眼鏡をかけます。
この作品のにゃんこは人耳があるのか謎なのですが(基本的に見えないようになっている)、普通の人用の眼鏡がかけられるみたいなんですよね・・・。
photo_1764























『にゃんこデイズ』5巻P3(たらばがに/KADOKAWA)


過去に、獣耳娘がかけている眼鏡の謎をいろいろ考察しましたが、実はそもそも人耳が無くても眼鏡はかけられるんじゃないかと、最近思うようになったり。

激しく運動するのでなければ、眼鏡のテンプルでこめかみをきちんと挟み込むだけで、無理に耳にかけなくても眼鏡の位置はズレなさそうだなあと。

誰か実際に等身大ケモミミ娘フィギュアを製作して、人用の眼鏡が使えるか実験してみてください!



萌え ブログランキングへ

最古のネコ少女同人誌?『CAT PEOPLE』について(1)

コミケットの創設者のひとり、米澤嘉博氏が、阿島俊名義で書かれたコラム集『漫画同人誌エトセトラ'82~'98』の中で、ネコ少女専門同人誌として「狂栄会」というサークルの出した『CAT PEOPOPLE』という同人誌に触れています。
おそらくは、この『CAT PEOPLE』が最初期の(もしかしたら最古の)獣耳キャラ漫画アンソロジーではないかと推測しています。

現時点で、1983年発行のvol.2と、1985年発行のvol.7を入手することに成功しておりますので、ここではvol.2の内容について記述しておきます。
photo_2002































当時商業媒体でも執筆していた作家も含めた多数の同人作家による、110ページもの大ボリュームの本で、「みみけっと」どころかインターネットも存在していなかった当時、ケモミミ創作と発表の場に飢えていた人が相当数いたらしいことが推測できます。

猫耳少女ではなく、一貫して「ネコ少女」という呼称が使われているのが特徴的。

※ ※ ※ ※

『CAT PEOPLE vol.2』
●発行日:1983年10月9日
●編集人:聖羅怜、文月十日、赤橙黄緑青藍紫
●ページ数:110P

●収録作品
『ネコリータアタックII』 さえぐさゆき
  → 仮面ライダー的な変身ヒロインものパロディ
『激走!通学路』 牧村ひろみ
  → 学生ネコ少女 vs 戦闘ロボット
イラスト じゃん・まいける・べるもんど
イラスト もりけん
『ミーア』 聖羅怜
  → ピーマン嫌いなネコ少女が家出する話
『にゃんにゃんおーぷにんぐ』GGE
  → 猫耳しっぽが生えてきて明日からどうしようと思ったら、日本中が猫耳化していた
イラスト るりあ046
イラスト サミア
  → 大原まりこのSF小説『一人で歩いていった猫』の擬人化イラスト
『白金魚』 出口由美子
  → 捨てられた猫からの遺言。切ない。
『ボクのネコ少女~骨のお話~』 牙狼風雪
  → ネコ少女の骨格に関する考察
『キャルティーナ ファンタジー』 織野りお
  → ファンタジー世界のネコ少女の冒険
イラスト 皆川はくと
イラスト ナオヲサトル
イラスト じょぶじょん
イラスト HAMA
『丘の向こーに雨がふる』 上坂純生
  → スペースオペラな世界のネコ少女の冒険
『1ページストーリー』 恋
  → ネコ少女の乗った乗り物が暴走して・・・
『TRIPはご多忙と申しあげます』 赤橙黄緑青藍紫
  → スペースオペラな世界の、ファンタジーな惑星で冒険をするネコ少女。
『ある日の日記より』 ゆきあやの
  → 少女×ネコ少女なガールズラブ
『WINE』 白いぐんぱん
  → 軽井沢の別荘地にネコ少女出没
お知らせコーナー
編集後記




萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント
RSS