ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

神奈川県在住のウサ耳エイリアン『のらうさぎ』2巻

 つきみは月から地球にやってきたエイリアンの「調査員」。
 完全に地球人の社会に紛れることができている、と自負するつきみですが、実際は・・・?
 ズレた感性とバニーガール姿でめちゃくちゃ目立ってしまっている!ウサ耳エイリアンの秘密生活を描いたコメディ『のらうさぎ』の2巻目が3月25日より発売中!
のらうさぎ (2) (ヤングガンガンコミックス)
のらうさぎ (2) (ヤングガンガンコミックス)

 話が進むに従って、つきみ以外にも新たなエイリアンが続々と我々の前に姿をあらわします。

 つきみを狙って地球にやってきている(対立種族?)アメシマ大佐&オギノ少尉の他に、その増援としてカンバラ中佐(チャラい)&コミヤ准尉(無口)が登場。
 結局、大佐と中佐が仲違いしてしまうため、増援として成り立っていませんが・・・

 さらにもう一人、つきみとも大佐&少尉とも異なるエイリアンとして、宇宙人記者のマダナイが登場します。彼女は他のエイリアンたちと違って、本当の意味で地球人社会に溶け込んでおり、もしかするとつきみたちよりさらに技術力の進んだ異星人の可能性がありますが・・・
 常に帽子をかぶっていて、かつ耳が見えない髪型なので、つきみや大佐&少尉のように何らかのケモミミが生えているのかはまだ分かりません。
photo_206





『のらうさぎ』2巻裏表紙(小城徹也/スクウェアエニックス)












 『第17羽』にて、つきみさんが運転免許証を見せる場面があるのですが、ここから色々情報が得られますね。
  ・地球人に名乗るときの名前は『宇佐美美月(ウサミミつき)』らしい。
  ・住所が『横浜市都筑区』になっている。
  ・『平成24年3月交付』なので、外見年齢は少なくとも19歳以上を想定している。
  ・『普自二』にチェックがついているので、地球の乗り物の運転は意外とできるのかも?

 今後この設定がどこかで使われるのか、愉しみですね!
photo_207




『のらうさぎ』2巻P132(小城徹也/スクウェアエニックス)

















萌え ブログランキングへ

怪しいキャッツ・アイ。 『化け猫システム』2巻

 「にゃっ!」(挨拶)

 人見知りで気弱な眼鏡少女・白峰まなと、なぜか人型になってしまった飼い猫のさすけが、猫の郷・早苗町で繰り広げるスクールライフ!

 猫とネコミミと、そして眼鏡っ子(!?)が大量に登場するコメディ漫画『化け猫システム』の2巻目が3月26日より発売中です!
化け猫システム 2巻 (ガムコミックスプラス)
化け猫システム 2巻 (ガムコミックスプラス)

 この巻からも、新たなヒトネコ(人間になった猫)が登場します。
 ケーキ屋のお手伝いをしているメイド猫の二ーナ(左)と、担任の吉野先生とそっくりな姿をした同居猫のエリー(中央)。可愛いもの大好きなヒトネコ、蒼(右)も引き続き活躍します。
photo_204



『化け猫システム』2巻P159(邪武丸/ワニブックス)










 猫がどうしてヒトネコになるのか、その理由の一端が語られたり、まなについて何か知っているらしい謎のゴスロリ少女が登場したりして、早苗町における『化け猫システム』の仕組みが少しづつ明らかになってきている2巻です。

 ひとつ気になった描写がこちら。
photo_205




『化け猫システム』2巻P70(邪武丸/ワニブックス)













 夜の校舎を探索するさすけの目が光ってるんですが、ネコミミキャラで「目が光る」様子が描かれたシーンって、かなり稀少ではないかと思うのですよ。
 しかも目全体が光っているんじゃなくて、瞳の部分だけを白抜きにして、光っている風に描くやり方は初めて見たかも。
 こういう細かい描写が、作者のネコミミ愛をうかがわせますね。



萌え ブログランキングへ

く、黒うしゃは、本当に・・・!!! 『問題児たちが異世界から来るそうですよ? そして、兎は煉獄へ』

 真・ウサ耳ヒロインこと黒ウサギと、彼女に召喚された問題児三人による、神話的バトルアクションノベル『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』の最新巻10巻が3月29日より発売中!
問題児たちが異世界から来るそうですよ?そして、兎は煉獄へ (角川スニーカー文庫)
問題児たちが異世界から来るそうですよ?そして、兎は煉獄へ (角川スニーカー文庫)

 「絶対悪」の魔王・アジ=ダカーハの顕現により、崩壊しつつある「箱庭の世界」。
 問題児三人が率いるコミュニティ「ノーネーム」をはじめ、魔王・神級の所属する大コミュニティが連合してこの危機に対峙しているわけですが、あまりにも強大な魔王の力に苦戦に次ぐ苦戦を強いられます。
 「箱庭」の上層部では、今の箱庭を破棄する計画さえも持ち上がり、もはや神族からも見捨てられかけている世界で、「箱庭の貴族」たる黒ウサギのとった行動は・・・?
問題児たちが異世界から来るそうですよ? DVD限定版 第1巻 
 この巻の終盤にて、黒ウサギの持つもう一つの霊格が明らかになります。
 「帝釈天の眷属」という設定はこういう風に使われるのかー、と納得の流れ。
 近年はウサ耳キャラも狐耳や猫耳のように、神話や民俗学をネタにした設定を持つことが多くなってきていますが、この作品での使われ方を見ると、ウサ耳ってなかなかの強力キャラになりますね。


 ケモミミ関係ではもう一点、耀の付けていたネコミミヘッドフォンに関連するエピソードが出てきます。
 このヘッドフォンが「いつの時代に流行ったものか」が、「箱庭」と現実世界を繋ぐ、微妙な時間パラドックスになっているらしいことが判明するのですが・・・。
 付け耳がキーアイテムになっているパターンとして、要メモ事例ですね。
問題児たちが異世界から来るそうですよ? そう……巨龍召喚: そう…巨龍召喚 (角川スニーカー文庫) 


萌え ブログランキングへ
記事検索