ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

S WHITE スニーカー文庫25周年記念アンソロジー

 スニーカー文庫25周年を記念した、人気作家による書き下ろしアンソロジー『S WHITE』が8月31日より発売中!
 表紙は竜ノ湖太郎『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』の黒ウサギです。

 『問題児~』の書き下ろし作品は、天界へ帰ろうとする白夜叉と、問題児たちとのバトル!
 最後に黒ウサギが大変な(!?)目に遭ってしまいますが……その場面の挿絵が無いのが、読者的にはちょっと残念!
S WHITE スニーカー文庫25周年記念アンソロジー (角川スニーカー文庫) 
S WHITE スニーカー文庫25周年記念アンソロジー (角川スニーカー文庫)



萌え ブログランキングへ

鎮守の森のユニコーン

 鎮守の森に棲む、半分動物みたいな女の子たち『神獣』と、野獣的な生物教師・範斗恭二の、壮絶な戦い(?)を描いたギャグ漫画『鎮守の森のユニコーン』が、8月29日より発売中!
 ケモミミキャラだけでも (1)ユニコーンのウニ子 (2)ネズミ姉妹 (3)猫のミオ (4)ケンタウロス (5)ミノタウロスのミノ (6)ウニ子の姉 と多数登場します!

(鳥や水棲生物を含めるとさらに多い)
 
鎮守の森のユニコーン (ヴァルキリーコミックス) 
鎮守の森のユニコーン (ヴァルキリーコミックス)



萌え ブログランキングへ

最も古い『獣耳キャラの特集記事』

 1979年6月号の『ぱふ』における『大島弓子の世界 その2』で、58ページにわたってチビ猫の記事が組まれていました。獣耳キャラの特集記事のページ数としても、最長ではないかと思われます(次点はおそらく『季刊エス』19号の『けものの』特集)。

 80年代くらいの『ぱふ』を見直すと、漫画評論の恐ろしく密度の濃い記事が組まれていて素晴らしいですね。2013年現在で、この方向性を残しているのは『季刊エス』くらいでしょうか。
 商売にならない評論はネットで十分という向きもあるのかもしれませんが、ネット記事は保存性が極めて脆弱なので(SFオンラインとかTINAMIXとか、ゼロ年代に面白い評論をたくさん出していたサイトが、今閲覧困難ですから・・・)、雑誌という形で残す方向性が、無くならないで欲しいなあと思うところです。
photo_33
記事検索