ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

プロレスするネコミミ(文字通りの意味で)。・・・1980年代 とり・みき『クルクルくりん』、遠山光『おてやわらかにぴんく!!』

 他の萌え属性と違わず、ケモミミ作品もその時代時代の流行を反映しているわけですが・・・
 1980年代前半に着目すると、当時の女子プロレス人気(いわゆるアイドルレスラーが目立ち始めた時期)にあやかってか、なぜかプロレスするネコミミが登場する例が見られます。

 とり・みきの代表作『クルクルくりん』(1983~84年)より、プロレスラー「ニャンニャコマスク」としてリングに登場するくりん。
 プロレス観戦に来たはずが、持ち前の多重人格能力で、そのまま本物顔負けのレスラーになってしまうわけですが、ネコミミに鈴付き首輪という格好になるところは、くりんの可愛らしさがそのまま出ています。

photo_217



『クルクルくりん』少年チャンピオンコミックス2巻P45(とり・みき/秋田書店)

















 ほぼ同時期に連載されていた、遠山光のネコミミ漫画『おてやわらかにぴんく!!』(1984~86年)より、新人プロレスラー「ザ・ピンクパンサー」の代役(?)として登場するぴんく。
 こちらもプロレス観戦に来ていたら、ピンクパンサー本人と勘違いされて、リングに出されてしまうという話です。彼女は元々猫なので、超人的な身軽さとトリッキーな動きで、本職レスラー相手にも十分に戦うことができます。基本はネコミミ付きマスクですが、ピンチになると尻尾も生えます。

 愛蔵版における作者談では、当時の『クラッシュギャルズ』が好きで女子プロネタを入れてみたけれど、予想以上にウケなかったので早々に撤退・路線変更したとのこと。
photo_216



『遠山光CutieGirlコレクション おてやわらかにぴんく!!』P196(遠山光/英知出版株式会社)













 今のネコミミ作品も数十年後に見れば、似たようなネタが共通して使われているのが、目立って見えるようになるかもしれませんね!



萌え ブログランキングへ

4月発売のケモミミなゲーム

 三国志の世界を舞台に、獣の耳を持った猫族(まおぞく)を中心とした物語が描かれる、好評の乙女ゲーの続編・『十三支演義 偃月三国伝2』が4月17日より発売中です。
 前作から半年後の世界が舞台。曹操の庇護下で一時は許都近辺に落ち着いた猫族は、許都の人間たちの理不尽な排斥を受けて、再び彷徨うことになるわけですが・・・
十三支演義 偃月三国伝2 (通常版) 
十三支演義 偃月三国伝2 (通常版)

 こちらも人気の格ゲーシリーズ『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』のVita版が4月24日発売予定。
 リス娘のマコト=ナナヤ、化け猫と呼ばれる科学主義者のココノエ、ココノエよりもネコネコしいタオカカが登場します。
BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA BLAZBLUE オリジナル保護シート付 
photo_215
photo_213















 
photo_214










(当ブログはアークシステムワークス株式会社が権利を有する「BLAZBLUE コンテンツキット Ver2.1」の画像を使用しています。(C) ARC SYSTEM WORKS )


 

萌え ブログランキングへ

「お手!」「ワン!」(素)『犬神姫にくちづけ』4巻

 “清掃会社として”妖怪の処理を担当する特殊汚染処理課、通称「特処課」を舞台に、課長とキスすると犬神の弁天号に変身することができる新人OLかずらさんの恋と戦いと妄想(?)の日々を描いた、『犬神姫(わんこ)にくちづけ』の4巻目が4月14日より発売中!

犬神姫にくちづけ 4巻 (ビームコミックス) 
犬神姫にくちづけ 4巻 (ビームコミックス)

今回の収録作は・・・
・もう一つの犬神遣いトリオ、犬塚課長&いつき&吉祥天号との共同作戦を描く、『第13話 妖怪城へようこそ☆』。

・妖怪・獏の棲む夢の世界に囚われて、かずらさんの課長恋愛妄想世界が爆発する!『第14話 不思議の国のタマハバキ』。

・指定暴力団の会長が秘蔵する“宝”を求め、特処課の総員をあげてその邸宅への潜入を試みる『第15話 お宝に体を張れ!』

・関西特処課との気楽な練習試合・・・のはずが、課長&かずらさんの関係に最大の危機が訪れる!『第16話 決戦はバレンタイン』

・・・と、なっております。
 第13話や第16話でみられますが、犬養課長とかずらさんの関係を問い直すようなエピソードがいくつか描かれています。
 例えば、犬塚課長&いつきは相思相愛の関係を持ってますが、犬養課長は「犬神遣い/依巫は一線を越えることができない」から、最初から傷付かないようにと、かづらと恋愛関係になることを避けています。しかしそれが犬神遣い/依巫の信頼関係を弱めてしまい、逆に危機を招き寄せてしまう、というジレンマに・・・

 とはいえ、身体的には(条件反射的な意味で)課長とかずらさんには強い信頼関係ができているようですけどね。
 犬神が憑いてなくても飼犬っぽくなってきているかずらさんです。
photo_212



『犬神姫にくちづけ』4巻P45(宮田紘次/エンターブレイン)







萌え ブログランキングへ

記事検索