ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

変態王子と笑わない猫。 B2タペストリー

 『変態王子と笑わない猫。』の、月子とつくしによるネコネコしいタペストリーが10月10日に発売予定!
 猫じゃらしでくすぐり合っている様子が、ちょっとえっちぃ図柄です。



萌え ブログランキングへ

あおにの空に竜は哭く 1

 妖怪を任侠に見立てて展開される、瀬戸ミクモ氏の独特の妖怪漫画『あおにの空に竜は哭く』の単行本1巻が9月12日より発売中です!
 信楽組の御曹司・化け狸の市松は、稲荷組の化け狐・梅路とお見合いさせられることに反発し、見合いの席をすっぽかすのですが、実は梅路も見合いに乗り気でなく・・・・意外な形で二人は出会うことになります。仲が深まるのはまだまだこれからですかね?
あおにの空に竜は哭く 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 
あおにの空に竜は哭く 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)


 少し気になったコマはこちら。
 「狐の嫁入り」=「天気雨」ということについて、特に解説無く描写されるのですが、妖怪漫画の読者は常識として知っておくべき知識ということなのでしょうか。
 逆にいうと、「狐の嫁入り」を知らないと、このシーンの描写の巧さ、感動を得られないわけで・・・。
 近年、妖怪漫画がかなり多くなってきたことで、かつてのSF小説のように、常識として要求される知識が高くなりつつあるのかな?と考えたりします。 
photo_40
『あおにの空に竜は哭く』1巻P120(瀬戸ミクモ/小学館)

90年代ライトノベルのケモミミ事情

 90年代頃は、漫画・アニメのケモミミ作品のノベライズ版として、ライトノベルレーベルからケモミミ作品が出ることが多く、オリジナル作品はかなり希少でした。
 ノベライズとして有名所では、春眠暁氏による『はいぱーぽりす』のノベライズ版『猫娘』シリーズ(1997年富士見ファンタジア)があるでしょうか。
photo_39
 
















 他にはRPGの『ウィザードリィ#6』のノベライズで、猫種族フェルパーを猫耳娘化して挿絵にしているパターンなど。(この系譜は『剣と魔法と学園モノ』のノベライズなどで、今でも続いていますね。)
photo_38

(1995年ログアウト冒険文庫)

















 ケモミミライトノベルとしては、少女小説ジャンルの森奈津子『ふしぎの丘の化け猫少年』以外では、『猫耳戦車隊』がかなり古い作品といえるでしょうか? でも、この作品、実は2000年の出版なんですよね、、、
記事検索