ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

【急募】村長さん 3 続き

 第九話・第十話にて、ねねとエンの身体と心が両面鏡の力で入れ替わってしまうわけですが、中身ねね状態のエンでは、ほっぺに丸が描かれることがあります。
photo_41
『【急募】村長さん』3巻P54(藤原規代/白泉社)









 逆に中身エン状態のねねでは、ほっぺの丸が描かれません。
 二人の心身が元に戻ると、再びねねのほっぺに丸が描かれるようになります。
 実は猫耳尻尾よりも、ほっぺの丸の方がねねを示す特徴になっているのですね。
photo_42

『【急募】村長さん』3巻P89(藤原規代/白泉社)

犬夜叉 新装ワイド版9

 一か月毎のペースで刊行中の『犬夜叉』新装版、最新の9巻が9月18日より発売中です!
 また実物を入手次第、内容追記します、、、

1985年 SFマガジン

 1985年12月号のSFマガジンに掲載された、大原まり子『女性型精神構造保持者』における挿絵。作者はSF・ファンタジー系の挿絵で有名な加藤俊章。
 狂ったマザーコンピューターに支配される世界での、狼少年と猫少女の逢引きを描いた短編小説で、イラストはヒロインの猫少女を描いたもの。SF小説に登場する猫人間は、<人類補完機構>の猫娘ク・メルの影響を受けていることが多く、本作の猫少女もク・メルと同じく赤毛という設定です。

photo_41
『SFマガジン』333号P283(加藤俊章/早川書房)
記事検索