ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

ケモミミ登場シーンの様式美。『蒼柩のラピスラズリ(コミカライズ版)』2巻

 強大な力を秘めた99個の≪魔女の遺産(ウィッチクラフト)≫をめぐる、辻峰家と霧谷家の対立を描いた人気バトルアクション・ノベルのコミカライズ版2巻が1月23日より発売中!

 一応、これで完結ということになっています。原作小説の導入部分を漫画にした、という感じですね。
 今回も主人公・辻峰冬夜のライバルとなるケモミミ娘こと、魔狼のセツナ・ヴァレンタインが登場します。

蒼柩のラピスラズリ 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
蒼柩のラピスラズリ 2 (MFコミックス アライブシリーズ)

 この巻におけるセツナの再登場シーンですが、ケモミミキャラの登場場面では、このカット割りのように「獣耳」→「尻尾」→「顔」という順番でカットが移り変わるパターンがしぱしば見られます。
photo_131





『蒼柩のラピスラズリ』2巻P12(吉岡公威/メディアファクトリー)

















 こちらは少し前に紹介した『東京レイヴンズRED AND WHITE』における、狸のポンの登場シーン。「獣耳」→「尻尾」→「顔」の順番になっています。
photo_132


『東京レイヴンズRED AND WHITE』2巻P7(望月あづみ/富士見書房)














 登場シーンのカット割りは、キャラクターの特徴を強調する部分を順番に見せていくことが多いですが、ケモミミキャラの場合「獣耳」と「尻尾」が自然と目立ってしまうため、カット割りが様式美のようになってしまうんでしょうね。

(この表現、もしかすると誰か最初に始めた人がいて、皆、無意識に影響されているのかもれませんね、、、アニメあたりが怪しい?)



萌え ブログランキングへ

化け猫ねね は死なないことが取り柄! 『【急募】村長さん』4巻

 過疎に悩む月丘村の村長に赴任した化け猫少女・ねねが大活躍(?)する、藤原規代のハートフル・コメディ『【急募】村長さん』の単行本4巻目が1月20日より発売中!

 4巻には、村長秘書・エンの弟リョウにとり憑いた妖怪「シキミ」に関連する話・・・第十三・十四話と、ねねの異母弟・煌が登場する第十五・十六話が収録されています。

 煌は姉・ねねよりも妖力が強く、お互いに相手をあまり良く思っていない・・・つまり、姉弟仲が悪いらしいことが分かりますが・・・。
 煌とのやりとりの内容から、なぜねねが人間の村の村長になろうとしたのか、その理由がおぼろげながら明らかになってきます。新展開に注目です!
【急募】村長さん 4 (花とゆめCOMICS)
【急募】村長さん 4 (花とゆめCOMICS)


 ねねは猫耳を出したり、引っこめたり、をかなり頻繁に行うキャラです。

 猫耳を出すのは、
  ・妖怪と対峙している時
  ・エンと二人きりの時
  ・猫の本能を刺激された時(猫じゃらしや玩具等)
  ・好きな食べ物を前にした時/食している時

 猫耳を引っこめるのは、
  ・ねねの正体を知らない人間の前
  ・公務中

 シーンによっては、数コマごとに猫耳を出し入れしていて忙しいのですが、キチンと上記の法則に従っていて、なかなか細かいです。
 photo_130





『【急募】村長さん』4巻P151(藤原規代/白泉社)




















萌え ブログランキングへ

猫族なんで「にゃ」くらいは言うにゃ。『アリアンロッド2E・リプレイ・オーバーキル ピアニィの不思議なオルゴール』

21世紀を代表する国産テーブルトークRPG『アリアンロッドRPG』のリプレイ集『オーバーキル ピアニィの不思議なオルゴール』が1月18日より発売中!
アリアンロッド2E・リプレイ・オーバーキル ピアニィの不思議なオルゴール (富士見ドラゴンブック) 
アリアンロッド2E・リプレイ・オーバーキル ピアニィの不思議なオルゴール (富士見ドラゴンブック)

『アリアンロッドRPG』の世界にはヴァーナと呼ばれる獣人種族が住んでいますが、今回のリプレイでは「猫族(アウリク)」のユズリハ・ミカサキが登場します。
職業は自由気ままな傭兵ですが、能力的にはシーフ/ダンサーと設定されていて、猫の俊敏さを生かしたキャラクターメイクとなっています。あと、語尾に「~にゃ。」がつきます、、、
プレイヤーはこれまでのリプレイでも可愛い系キャラを担当してきた、女性ライターの藤井忍氏。

今回のリプレイでは彼女と、変(態)な老紳士・ミズーリのキャラクターがかなり濃いですので、猫耳RPGを満喫したい人には満足できる内容かと。

ユズリハは感情表現豊かな猫娘で、能天気すぎてちょっとアホっぽく見えなくもないですが、メンバーで唯一トラップ対応スキルを持っていることから、仕掛けダンジョンの多い今回のシナリオではかなり活躍します。

17歳なのに、スタイルも抜群に良い!

猫耳尻尾の模様はどことなくオオヤマネコを思わせる感じで、普通の猫耳キャラより野性的な雰囲気があります。剣と魔法のファンタジー世界の猫耳は、野性味があるくらいでちょうどいいのかもしれませんけどね。
photo_129




『アリアンロッド2Eリプレイ・オーバーキル ピアニィの不思議なオルゴール』P259(画・冬城あおい/富士見書房)

















萌え ブログランキングへ
記事検索