ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

兎から進化した兎人間!?『足洗邸の住人たち【完全版】』7巻

 好評のみなぎ得一の『足洗邸の住人たち。』の完全版、漆(7)巻と捌(8)巻が7月25日より発売中です!
 今回は7巻の内容をご紹介。
 矢絣柄キモノのこまがモダンで良い感じ!

足洗邸の住人たち。 【完全版】 7巻 (ガムコミックスプラス)
足洗邸の住人たち。 【完全版】 7巻 (ガムコミックスプラス)

 過去に出た大判コミックの8巻~9巻途中までの内容が収録されています。
 『足洗邸の住人たち、4』の話の最初の方に描き下ろしが追加。

 「大太(ダイダラ)」との戦いが収束し、とりあえずの平和を取り戻した足洗邸。
 戦いの過程で大太の「血ノ鬼の呪い」を受けてしまった福太郎は余命数カ月と宣告されますが、福太郎はこれまで通り、のほほんと生活を送ってます。
 家神のお仙との仲はどうなっているのか、いい加減ハッキリさせろと迫られつつも、福太郎は言葉を濁すばかり。

 そんな折、「中央」からの再監査として、変容長官・オセが足洗邸を来襲!
 オセの退行催眠により、こまと玉兎は元の動物に戻され、お仙も家神としての存在を絶たれそうになりますが・・・!


 さて今回、大召喚の時、人外は一体どうしていたのかという話で、玉兎の過去の回想シーンが出てきます。
 大召喚以降、人妖種はどんどん人外としての要素を失って人間の形に近づいていく(医学的に見ると、こまは猫から進化した猫人間、玉兎は兎人間という方が正しい)という話が作中でできますが、大召喚直後は玉兎もかなり兎っぽい姿をしていたことが分かります。
 現在の玉兎は前歯に兎としての名残が残ってますね。
 兎などのげっ歯類系のキャラは、やっぱり前歯の描き方もポイントです。
  →例:『ブレイブルー リミックスハート』3巻の記事

photo_289





『足洗邸の住人たち【完全版】』7巻P45(みなぎ得一/ワニブックス)
















萌え ブログランキングへ

るーみっく作品の猫目キャラ筆頭。『犬夜叉』新装ワイド版19巻

 最後の四魂のかけらを狙う奈落に、奈落の心臓を探す犬夜叉。
 そこに、奈落を裏切ろうとしている神楽と、独自の価値観に従って動く殺生丸も加わって、対決の色が濃くなってきた新装ワイド版『犬夜叉』の19巻目! 7月18日より発売中です!
犬夜叉 19 (少年サンデーコミックススペシャル)
犬夜叉 19 (少年サンデーコミックススペシャル)

 犬夜叉とかごめの痴話喧嘩から、弥勒と珊瑚の痴話喧嘩になっていく『昔のあやまち』のエピソードから、奈落の心臓を(気づかないまま)守ることになっていた行者・御霊丸のエピソードを含めた、第336話から第353話までが収録されています。

 新装版恒例の巻末特集&作者インタビューは、反抗する奈落の第二分身・神楽について語られています。
 束縛嫌いな所と特徴的な猫目、そして犬系の殺生丸と対になることから、猫っぽい印象の強いキャラクターでもありますね。



萌え ブログランキングへ

長いウサ耳には、こういう使い方もある!『御伽大戦ファンタズマ』3巻

 ある日突然、世界で唯一の魔術が残る国・神聖ファンタズマ王国の後継者であることを告げられた平凡な男子高校生・山田太郎。
 存在さえ知らなかった“弟”や“妹”に命を狙われるようになり、平凡な日々は一気に崩れ去ってしまいます。

 そんな折、太郎を護るために王国からやってきた寵姫兼護衛のウサ耳少女・かぐや。
 彼女と共に死闘を繰り広げるうち、太郎は彼女が望むような、理想の王になろうと決心するのですが・・・。

 シリアス色が一気に濃くなった最終巻!
 『御伽大戦ファンタズマ』の3巻(完結)は7月23日より発売中です!
御伽大戦 ファンタズマ 03 (MFコミックス アライブシリーズ)
御伽大戦 ファンタズマ 03 (MFコミックス アライブシリーズ) [コミック]

 前巻より引き続き、王位継承者に相応しい人間になるべく学校の生徒会長選挙に立候補した太郎の話から始まりますが・・・・・・選挙に横から絡んできた弟のジェレミィ・Y・ファンタスマゴリア(本名:山田次郎)&寵姫灰かぶり姫との闘いの最中、太郎の力がありえない形で暴走してしまいます。

 かぐやは暴走する太郎の“魔”の力を叩き伏せ、太郎の真の意志を取り戻すために、総身を以ってその長刀を振るうのです!

 そういうわけで、最終巻はかぐやのバトルシーン満載なわけですが、彼女のようなウサ耳の場合、バトルシーンでは他のケモミミ(犬猫系)にはない描き方をすることができます。
 
photo_288


『御伽大戦ファンタズマ』3巻P143(吉村英明/メディアファクトリー)















 左上のコマ。「ウサ耳が後ろになびく」=「勢いよく前進、突進している」
 下のコマ。「ウサ耳が前に出る」=「急停止」

 こういう「動き」をハッキリ表現できるケモミミは、ウサ耳のような長耳タイプしかないのですよね。
 感情表現に特化している犬猫耳に対して、「動き」も表現できるウサ耳の特殊性は、もっと追究してみる価値があるかも。



萌え ブログランキングへ
記事検索