ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

ついに春菜も狐耳に・・・!『よろず占い処 陰陽屋猫たたり』

 イケメン毒舌陰陽師・安部祥明と天然系キツネ耳高校生・瞬太が織りなす、人気のジュブナイル・ミステリノベルのシリーズ第7弾が7月4日より発売中!
(P[あ]4-8)よろず占い処 陰陽屋猫たたり (ポプラ文庫ピュアフル) 
(P[あ]4-8)よろず占い処 陰陽屋猫たたり (ポプラ文庫ピュアフル)

 ワクワクドキドキの夏休み到来!
 ・・・のはずが、とにかく勉強の苦手な瞬太は、今年の夏休みも補習の日々。
 しかも、失恋のための傷心でさらに落ち込む瞬太。

 それというのも、夏休み直前に、気になっていたクラスメートの三井春菜に心中を告白した結果、陰陽屋の祥明のことが好きだから瞬太の想いに応えられない、という返事をもらったのでした。
 あいかわらず祥明の下でバイトを続けている瞬太にとっては、心中複雑な状況なのですが・・・。

 そんな折、あらゆる占いで「相性最悪」とされる男性と付き合おうとしているナースの万里子が陰陽屋に相談にやってきます。瞬太は失恋からの反発で、つい万里子に無責任なハッパをかけてしまいます。
 万里子が想いを寄せているのは、既婚者であるというのに・・・。

 この話、『崖っぷちの恋占い』の他に、3編が収録されています。

 文化祭準備のシーンでは狐耳を付けた春菜も登場しますよ!(クラス劇『王子の狐』の小道具準備のために付ける)
 瞬太が狐耳の彼女に見惚れるところなんかは、なかなか面白いですね。



萌え ブログランキングへ

猫型宇宙妖怪vs河内一家。『うにうにうにうに』

 遠い宇宙からやってきた猫型妖怪「うに」と、彼女を拾った河内一家のほのぼのとした日常を描いた『うにうにうにうに』が7月26日より発売中!
うにうにうにうに (1) (まんがタイムKRコミックス)
うにうにうにうに (1) (まんがタイムKRコミックス)

 日本で昔から「妖怪」「幽霊」と呼ばれてきた存在は、実は宇宙人であったらしく、つい最近、汚染の激しい地球から宇宙に脱出したそうなのですが・・・うには仲間から連絡をもらえず、おいてけぼりになってしまい、河内一家に拾われたのでした。

 河内一家は、穏やかだけど発想が怖いユキ姉ちゃん(自称二十歳)を筆頭に、イマイチ地味で頼り無い黒一点の末っ子いわな、運動神経抜群ないわなの双子の姉・やまめと、一癖も二癖もある人物が揃っています。
 うにはユキ姉ちゃんに半ば脅かされる形で、河内一家に居候することになるのですが、アレコレとユキ姉ちゃん弄られる日々に、常に脱出の機会をうかがっているのですが・・・。

 うには実年齢で約50歳、精神年齢は小学生くらいとのことで、台詞は全部ひらがな。知識も小学生低学年並みで、宇宙人のくせに高度な技術は全く持っていません。
 妖怪としては「人の家のおかずを一品盗む」「人の袖を引いていたずらをする」という微妙な能力を持っています。
 宇宙語をしゃべってと言われて、猫のようになってしまうところを見ても、宇宙人というよりは化け猫なんでしょうが・・・。
photo_291





『うにうにうにうに』1巻P19(青田めい/芳文社)












 ただ、この後、ユキ姉ちゃんに『その辺の猫』と呼ばれて怒るところは、宇宙人型の猫耳キャラのパターンに沿っています。
 多くの作品で、猫型宇宙人は『猫』って呼ばれると怒るんですよね(地球人が『猿』って呼ばれて怒るようなもの)。



萌え ブログランキングへ

こまの凄い携帯電話。『足洗邸の住人たち【完全版】』8巻

 好評のみなぎ得一の『足洗邸の住人たち。』の完全版、漆(7)巻と捌(8)巻が7月25日より発売中です!
 今回は8巻の内容をご紹介。
 ついに表紙に成長した(神化後の)こまが登場。犬耳(狼?)の羽生・累も表紙初登場ですね。

足洗邸の住人たち。 【完全版】 8巻 (ガムコミックスプラス) 
足洗邸の住人たち。 【完全版】 8巻 (ガムコミックスプラス)

 過去に出た大判コミックの9巻~10巻までの内容が収録されています。
 一番最初の『足洗邸の住人たち、五』に描き下ろしが追加。
 近頃流行り(?)のモノアイ娘さんがでてきます。

 福太郎の念により、足洗邸が小さくなってお仙の「生玉」の中に収納できるようになりました。お仙は邸の外を自由に行動できるようになって大はしゃぎ。
 逆に足洗邸に自由に出入りできなくなった住人たちは、しょうがないとばかりにみんなで銭湯で羽をのばします。

 そんな折、「中央」の変容長官・オセが再び足洗邸の住人(特に義鷹)にちょっかいをかけようとしますが・・・。
 オセの催眠によりぬいぐるみ動物化させられ、大幅能力ダウンで大ピンチの住人たちの運命は!?


 こまが携帯電話を使うシーンがでてくるんですが、ポケットのところがそのまま受話器になっていて、これって携帯電話っていうんでしょうか・・・?
 いわゆる最先端のウェアラブルデバイスというやつですかね?
 (受話器は昭和レトロな黒電話ですが・・・)

 こまは電話取り次ぎをする管理人なので、足洗邸に入れなくなっても電話番を続けているんでしょうね。
photo_290





『足洗邸の住人たち【完全版】』8巻P45(みなぎ得一/ワニブックス)
















萌え ブログランキングへ
記事検索