ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

く、黒うしゃは、本当に・・・!!! 『問題児たちが異世界から来るそうですよ? そして、兎は煉獄へ』

 真・ウサ耳ヒロインこと黒ウサギと、彼女に召喚された問題児三人による、神話的バトルアクションノベル『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』の最新巻10巻が3月29日より発売中!
問題児たちが異世界から来るそうですよ?そして、兎は煉獄へ (角川スニーカー文庫)
問題児たちが異世界から来るそうですよ?そして、兎は煉獄へ (角川スニーカー文庫)

 「絶対悪」の魔王・アジ=ダカーハの顕現により、崩壊しつつある「箱庭の世界」。
 問題児三人が率いるコミュニティ「ノーネーム」をはじめ、魔王・神級の所属する大コミュニティが連合してこの危機に対峙しているわけですが、あまりにも強大な魔王の力に苦戦に次ぐ苦戦を強いられます。
 「箱庭」の上層部では、今の箱庭を破棄する計画さえも持ち上がり、もはや神族からも見捨てられかけている世界で、「箱庭の貴族」たる黒ウサギのとった行動は・・・?
問題児たちが異世界から来るそうですよ? DVD限定版 第1巻 
 この巻の終盤にて、黒ウサギの持つもう一つの霊格が明らかになります。
 「帝釈天の眷属」という設定はこういう風に使われるのかー、と納得の流れ。
 近年はウサ耳キャラも狐耳や猫耳のように、神話や民俗学をネタにした設定を持つことが多くなってきていますが、この作品での使われ方を見ると、ウサ耳ってなかなかの強力キャラになりますね。


 ケモミミ関係ではもう一点、耀の付けていたネコミミヘッドフォンに関連するエピソードが出てきます。
 このヘッドフォンが「いつの時代に流行ったものか」が、「箱庭」と現実世界を繋ぐ、微妙な時間パラドックスになっているらしいことが判明するのですが・・・。
 付け耳がキーアイテムになっているパターンとして、要メモ事例ですね。
問題児たちが異世界から来るそうですよ? そう……巨龍召喚: そう…巨龍召喚 (角川スニーカー文庫) 


萌え ブログランキングへ

めくるめく獣耳リボンの世界。『桃源郷へようこそ!』3巻

 世界征服を狙う女子高生魔女!……だけど今は老舗旅館「風雲閣」で職業研修中の如月綺砂羅による炎のおもてなし!
 人魚や宇宙生命体や魔術師教会の重犯罪者が訪れる不穏不思議な旅館を舞台にした、青春魔女っ子仲居アクションの3巻目が3月19日より発売中!
桃源郷へようこそ! 3 (サンデーGXコミックス)
桃源郷へようこそ! 3 (サンデーGXコミックス)

 さて、本作に登場する純粋なケモノ系キャラはチョイ役で出てくる仲居のおサキさんとまみさんだけなのですが、やっぱり目を引くのは主人公・綺砂羅の獣耳リボンな服装でしょう。
 下のコマのように、基本的に綺砂羅は猫っぽいキャラクター付けがなされています。(喉奥の描き方が猫マークになるのも特徴)
photo_202


『桃源郷へようこそ!』3巻P105(イダタツヒコ・水谷麻志/小学館)








 こういう、髪の後ろ側を結んだリボンが獣耳リボンになるデザインは結構古くからあって、例えば、1975年に発表されたつのだじろうのホラー漫画『狐狗狸伝説』では、狐にとり憑かれた女子学生・則子のつけているリボンが獣耳に見えるようになっていました(影が必ず狐の形になる)。
photo_203



『つのだじろうオカルト自選集・狐狗狸伝説』P46(つのだじろう/中央公論社)









 水木しげるの猫娘も獣耳リボンキャラの元祖かもしれませんが、コレについてはもう少し調査してみないと分かりませんね。(五期猫娘はリボンが猫耳風になるように、かなり意識されているように感じますが)





萌え ブログランキングへ

形見に、その犬耳よこしな。(by蛇骨)『犬夜叉』新装ワイド版15巻

 毎月恒例の犬耳、新装ワイド版『犬夜叉』15巻目が3月18日に発売しています!
犬夜叉 15 (少年サンデーコミックススペシャル)
犬夜叉 15 (少年サンデーコミックススペシャル)

 残虐無比な最強の傭兵集団・七人隊のうち、残った睡骨、煉骨との対決、そして「かーわいい犬夜叉」に嗜虐的な愛情を寄せる蛇骨との死闘、そして頭領である大刀使いの蛮骨との決戦を描く、『七人隊』の最終エピソード・第261話から第278話までが収録されています。
 犬耳、犬耳と言う蛇骨が見られるのは、この巻だけですね!
 ワイド版の刊行は全30巻の予定なので、ここでちょうど折り返し地点となります。
 

 新装版恒例の巻末特集&作者インタビューは各話に登場する「普通」の人間たちについて。
 この『犬夜叉』に登場する普通の人間は、わりと身勝手だったり、悪意を持って描かれているパターンが多いのですが、そのあたりの理由について作者自身の口から語られています。
 


萌え ブログランキングへ
記事検索