ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

ネコ科耳アニメの感想~『キリングバイツ』第5話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。

●『キリングバイツ』第5話 どんな風に犯ろうと、自由
ネコ科のふたり(エルザと大河)が色々と翻弄される回ですね。
エルザもちゃんと(?)原作どおりエロい目に遭います。
次回、コブラのアレの解説をしてくれるのかがちょっと気になる。
今回は諏訪部おにいさんのブルート解説が充実していたので、次も期待したいところ!

石田財閥の尊夫人がなんかカッコイイね!
原作もそれなりにミステリアスな人だけど、アニメは迷う子を教え導く母親然とした雰囲気になってる。
OPにも登場するしね。
ただ、原作第二部まできても、この人敵か味方かはっきりしない人なので、アニメはどういう風にまとめるのか気になります。

※ ※ ※

大河もエルザも初も河馬さんも目が赤く光ってるのに対し、角供の爬虫類闘士たちは緑色に光ってていかにも異種族感があるのが、アニメならではの演出だなあと感じたり。

あ、あと巻末オマケ漫画『導け!オシエちゃん』をちゃんとアニメ化してくれているのはうれしい。あれもわりとミツオシエやラーテルの生態について勉強になるから。

『けものフレンズ』に続いて、しっかり「動物ネタアニメ」枠を確立していってほしいですね。

※ ※ ※



萌え ブログランキングへ

猫耳化エッセイの代表作となるか?『女ひとりで島に移住しました。』

アラフォー独女の「やよい」氏が、犬一匹・猫三匹と暮らす八丈島での日々を綴ったエッセイ漫画の新装版!
『女ひとりで島に移住しました。』が2月10日より発売中です!

これまで5冊発売されている『流されて八丈島』シリーズの新装版となります。
この本から読み始めても大丈夫なようにこれまでの経緯の説明や、ダイジェスト的な再録もされています。


島の移住事情、島での運転免許講習体験談、島の受験事情、島にコンビニがあれば・・・といった外部の人間にとって気になる話題から、島の書店&玩具屋さん事情といったオタクな話まで、幅広い話が収録されています。

さて、本作の最大の特徴はやよい氏の自画像が猫耳キャラとして描かれている点!

photo_1131

















『女ひとりで島に移住しました。』P46(たかまつやよい/ぶんか社)


単に猫耳尻尾が付いているというだけではなくて、上のコマのように「しみている」ことを表現するのに尻尾が毛羽立ったりして、「漫符」(漫画的な感情表現)としても使われているのですよね。
エッセイ漫画で自画像をケモミミキャラにするのは、感情表現を強調して読者にインパクトを与える意味でも有効な手段なのかもしれません。

『有菜の種』『いりおもてやまねこなんてこわくない』など、「猫耳化エッセイ」というべきいくつかの作品が存在していますが、本作『流されて八丈島』シリーズは連載期間や単行本の数からいっても「猫耳化エッセイ」の代表作という位置づけになりそう。



今後、この作品に続く猫耳化エッセイが出現するのか(この表現がジャンルとして定着するのか)、注目したいところです。



萌え ブログランキングへ

褐色肌ネコマタとは珍しい。『格安温泉宿を立て直そうとしたらハーレム状態になったんだけど全員人外なんだ』

飛騨高山の奥地にあるという謎の温泉宿を探していた高校生・筒木勇人は、道に迷った末に人外の娘たちが営むオンボロ温泉宿にたどり着きます。

人外というだけでも驚きなのに、そのおもてなし方が驚くほど常識はずれで、見かねた勇人はその温泉宿の立て直しを手伝うことになりますが・・・!

第2回カクヨムWeb小説コンテスト特別受賞作『格安温泉宿を立て直そうとしたらハーレム状態になったんだけど全員人外なんだ』が2月1日より発売中です!

高校生・筒木勇人は幼い頃に食べたこの世のモノとは思えない「謎の肉」の味を忘れられず、祖父が謎肉を入手したという謎の温泉宿を探して、岐阜県は飛騨高山の奥地へと足を踏み入れました。

道に迷いながらも勇人は目的の場所と思われる「朧温泉宿」にたどり着きます。
天井のあちこちに蜘蛛の巣が張ったオンボロの建物に、なぜか学校のセーラー服を着て応対する仲居の少女。
いろいろ不審に思いながらも、建物と同じく古びた温泉に入った彼は、そこで裸になった仲居の少女が首なし死体・・・ではなく生きた首無し少女になる所を目撃します!!!

・・・実は「朧温泉宿」は人間界に興味を持った妖怪・人外たちが交流のために作った宿で、従業員はみんな人外!

人間と交流したいのに、人間界の知識がチグハグなため奇妙な雰囲気になって人が寄り付かなくなっている温泉宿を立て直すため、勇人は人外少女たちに知恵を貸すことになりますが・・・。

※ ※ ※

現代社会の知識で無双&ハーレム形成する異世界転移&技術チートモノっぽい雰囲気なのですが、舞台は現代日本で、登場する人外はRPGの魔物というより妖怪っぽいという、どこかで見たようでありながらどの作品とも似ていないという不思議な肌触りの作品です。

あまり難しいことを考えずに、温泉宿で人外の女の子たちといちゃいちゃするところを楽しむのが正しいのかもしれませんね!

ケモミミキャラとしては表紙にも出ている妖怪・猫又のクロと、人見知りなボクっ娘化け狸・ユミが登場します。

クロは撫でられるのが好きだったりかなり動物の猫っぽい性格しています。知らない場所では落ち着かなくてトイレができないという特徴は今までの猫耳物でありそうでなかった設定です。

猫耳キャラは異種族風というかエキゾチックな雰囲気を持たせるという意図か、褐色肌の娘がそれなりにいるのですが、日本的な猫又という種族で褐色肌というのは本作で初めて見たかも。
たぶん、クロの元の動物形態が白猫なので、白い髪が映えるように褐色肌にしたんでしょうね。



萌え ブログランキングへ
記事検索