ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

衣替えの季節は「ぐるうみんぐ」!『みみみっくす!』2巻

なぜか付け耳がファッションとして流行してしまった近未来。

付け耳が気になるお年頃の女子高生・緑野乃々(みどりののの)は、密かに好意を寄せている同級生の「ねおん」とお揃いのうさ耳を付けるつもりでした。
しかし、実際に付けてみると副作用が強すぎたため、小さな付け耳から少しずつ身体を慣らしていくことになりましたが・・・。

異色の付け耳百合コメディ『みみみっくす!』の単行本2巻目が11月16日より発売中です!

『みみみっくす』の世界における「付け耳」は単なるヘアバンドのようなアクセサリーではなく、実際の動物の耳と同じ生体部品を身体に移植する(!)というもので、この世界の人々はちょうどピアスの穴を空けるような感覚で、動物の耳を頭に付けています。

2巻では乃々とねおんを中心とした話から少し離れて、「つけみみや・プチラパン」(同級生の「みかん」(狸耳)の家)で付け耳デビューをする/またはデビューした他の女の子たちのエピソードが描かれます。

●誰にも言えない秘密を持っている猫耳アイドル・鏑木チカ。

●学園のカリスマだったのに、ホッキョクオオカミの耳を付けたことで完全わんこ化してしまう御園梨花。

●牛の耳をつけたことで、やたらと胸がデカくなってしまった桜井ハナコ。

ケモミミ少女&百合という時点ですでに特定の趣味嗜好に偏っている感じがするのですが、2巻はさらに特殊なプレイ(?)が多くなっている印象です。

これも個人的な嗜好なのですが、「グルーミング」ネタでまるまる1話描いてくださっているのはなかなかうれしい。これこれもそうですが、ケモミミ娘のブラッシングネタはもっと増えてほしい。

狼娘に迫られる調教師の運命は!?『調教師は魔物に囲まれて生きていきます。』1巻

田舎の牧場で馬や牛を相手に平凡な生活をしていた調教師。

魔獣フェンリルとの出会いにより、彼の運命は一変します!

小説家になろう発の、人外娘たちとの冒険ノベル『調教師は魔物に囲まれて生きていきます。』の初単行本が11月15日より発売中です!



リュウは田舎の牧場で「調教師」の仕事を務める17歳の青年。
調教師に特になりたかったわけでもなく、「教会が人物を見極めて職業を決める」というこの世界の慣例にしたがって調教師になったにすぎません。

リュウの二人の幼馴染はそれぞれ「勇者の卵」と「魔術師」の適正を見出され、広い世界に旅立って活躍しているという話を風のうわさで聞きます。しかし、リュウはもはや自分とは関わりのない世界のことだと諦観して、馬と牛の世話に明け暮れる毎日を送っています。

そんなある日、彼は猟師の罠にかかっていた美しい狼を助けてやります。普段なら家畜の天敵である狼を見逃したりはしないのですが、その狼は殺すには惜しいほどの美しさだったため、リュウはつい助けてしまったのです。

後日、その狼がリュウのところにやってきて、なんと人語で彼に語り掛けてきます。どうやらその狼はただの獣ではなく「魔獣」だったらしく、彼女(その狼は女の子!)との出会いにより、リュウの運命は大きく変わっていくことになります・・・!

※ ※ ※

単行本1巻ではWeb版の『始まり』から『龍皇国』までの話が収録されています。
実のところ、本作がより面白くなるのは単行本の収録分より後の話からですね。
リュウが伝説の魔獣たちを従える調教師として成長していき、ずっと先を走っていた勇者と魔術師の幼馴染に追いついていく、という所が物語の軸になっていて、そのあたりが描かれるのが単行本の収録分より後になっているので。

※ ※ ※

リュウと親密になる魔狼フェンリルのお嬢さんは、例のごとく人型に変身して、狼耳尻尾のついた女の子の姿になります。耳と尻尾が出ているのは、まだ変身術が不十分だということもあるようですが「出しておかないと落ち着かないのよ」という話。

妖怪娘漫画『あやかしこ』でも「ケモミミは飾りとして付いている(機能としては必要ない)」という例がありましたが、本作もそれに近いパターンのようです。

ケモミミと尻尾があるだけで女の子が超絶可愛くなるので、やっぱり耳と尻尾は最重要ですね!



萌え ブログランキングへ

古き良きラノベの魅力がたっぷり。ウサギ推しの人は読むべし!『うさみみ少女はオレの嫁!?』1巻

変な美少女ウサミミ宇宙人にUFOでアブダクションされた少年。
なぜかいきなり花婿候補にされてしまってさあ大変!?

王道のラブコメ展開から、ぶっ飛んだ結末へと飛び立っていく月世界ギャグラノベ『うさみみ少女はオレの嫁!?』の第1巻が11月10日より発売中です!


浦島麟太はごく平凡なオタク高校生。
少し人と違う所といえば、両親が熱狂的なほどに「月」に思い入れを持つ人物であり、麟太もその影響を受けて「月」に特別な想いをもっていること。

彼はある日、空から降ってきたUFOに轢かれて死んでしまいます!

再び目覚めた麟太の目の前にいたのは、同年代くらいの、肌の白い、頭から大きな兎耳を生やした美少女。
月に住む宇宙人「月の民」の姫だと言うウサミミ少女・輝夜は、いきなり麟太に「私と結婚してよ!」と言い出します!

・・・よく事情を聞くと、輝夜は本当に好きで麟太と結婚したいわけではなく、嫌いな相手と政略結婚させられそうなので、それを断るために一時的に偽装結婚の相手役になってほしいだけのようです。

仕方なく輝夜の計画に協力することにした麟太ですが、輝夜の計画があまりにも杜撰だったせいで、さらなる大トラブルに巻き込まれてしまうことになりますが、、、

※ ※ ※

ドタバタラブ&コメディ、暴走系トラブルヒロインに巻き込まれる少年といった内容で、90年代~ゼロ年代くらいの「古き良き」ラノベの雰囲気をものすごく感じさせてくれる作品です。

『ピリオドからはじまる魔導機書』もそうだけど、流行のWeb小説のフォーマットに対抗して、書籍ラノベはあえて昔のラノベの雰囲気で攻めているのかなと考えたりもします。


輝夜はかなり破天荒なヒロインで、色々策をめぐらすものの全部裏目に出てしまう(それでもドヤ顔している)という残念な娘だったりもします。そんな彼女のボケを麟太のノリツッコミが巧く引き立てていて、なんだかんだで良いカップル(?)だなと思ったり。

あと、なぜか輝夜の中では「代表的な日本人=織田信長」という価値観ができあがっているらしく、自分のことを「うつけ者」と自称したり「日本の中心は岐阜」と言ったりするなど、かなりトンチンカンな言動も笑える要素のひとつです。

フルーツパンチ氏の挿絵が、輝夜の「かわいい」「破天荒」「残念」な感じを見事に描き出していて、流石だと思いますね!



萌え ブログランキングへ
記事検索