ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

ファンタジー世界のタイムスリップ物を探している人に是非!(さらにネコミミヒロインもいる!)『そして異端の創換術師(アセンブラ)』

魔法文明の最先端を担う学生たちが、タイムスリップして千年前の古き魔法世界を救う!

ケモミミヒロイン&魔法バトル小説『そして異端の創換術師(アセンブラ)~現代魔術師、千年前に転移させられたので新たな歴史を創る』の初単行本が1月10日より発売中です!
魔法による遠隔通信(念話)に、膨大なエネルギーを生み出す魔力塔、人の代わりに戦う魔導機械など、高度に発達した魔法世界。

その魔法文明の最先端を担うソブルム魔法学院の学生二人・・・独自の魔導工学を専門とする“創換術師”エリオットと、彼の幼馴染で学院首席の猫獣人アーシェは、ある日突然、千年前の世界に時間転移(タイムスリップ)してしまいます。

魔法技術も未発達で、現代の国家はまだ形すら無く、列強三国が果てしない争いを続ける千年前の魔導大戦期。

エリオットとアーシェはその後の歴史を知っているがゆえに、この状況に戦慄します。
ちょうどこの時代の最中に、突如として異世界の魔神が現れ、その軍勢によって人類が滅亡寸前になってしまうことを・・・!

時間転移に一緒に巻き込まれた怪しい幻惑魔術師ラキアとともに、一刻も早く元の時代へ帰ろうとする二人ですが、そこにはとてつもない困難が待ち受けているのでした!

※ ※ ※

近年はこだわった作品が多くみられる「異世界⇒異世界」型の転移ファンタジー小説です。

web小説やライノベルをしっかり追いかけている人は、「こちらの現代世界⇒異世界」転移型の小説は少なくなりつつある(流行を過ぎつつある)ことに気づいていると思いますが、その一方で、従来型のヒロイックファンタジーに一捻り加えたタイプの小説が増えてきている感じがします。

本作は歴史上の大惨事が起こることが分かっている時代に転移してきてしまう、という設定がかなり効いていて、それを回避するためのエリオットとアーシェの戦いに、強い緊迫感が生まれています。
その後の歴史を変えないために「倒してはいけない敵」が存在する点も、タイムスリップ物ならではの醍醐味が詰まっていますね。

※ ※ ※

アーシェは自分の好きな分野以外は勉強しない不真面目学生のエリオットを、口で注意しつつも陰ながらフォローする、しっかり者の優等生といった感じの娘ですが、猫の獣人ということでときどき、仕草がかなり猫っぽくなります。

普段は元気に振る舞うのに、実は病弱で時折凄く弱っている姿を見せるのも、気難しい猫的な雰囲気があって良いです。



萌え ブログランキングへ

2月発売予定のバニーなフィギュア

今月はバニーが多め!
『ご注文はうさぎですか??』より、ジャズシーンをイメージした独特のスタイルのチノちゃんバニーが2月28日より発売予定です!



2015年に登場したの名状しがたきフィギュア、黒バニーver.1/4ニャル子の再販分が2月28日発売予定です!


『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』より、戦姫アイズ・ヴァレンシュタインのセクシーなバニーver.フィギュアが2月28日発売予定!
フリーイング社製なのでタイツは本物の布素材ですね。


昨年発売された、アニメ版『魔弾の王と戦姫』七戦姫の一人・エレオノーラ=ヴィルターリアのバニーver.フィギュア。タイツを脱いだ生足バージョンが2月28日発売予定です!



そのほか、『To LOVEるダークネス』の芽亜バニーの発売が2月末に延期になっていますので、欲しい人は要チェックです!



萌え ブログランキングへ

頭に耳があるとしっくりくる。『このはな綺譚』8巻

神様や死者が訪れる不思議な温泉宿『此花亭』。
そこで働く狐っ娘の仲居たちの日々を描く、モフモフ成分120%の狐耳百合漫画『このはな綺譚』の単行本8巻目が1月24日より発売中です!

今回の表紙は此花亭じゃなくて神社の狐巫女さんたちですね。彼女たちもだいぶキャラが立ってきました。
8巻の収録は全5編+α。

今までありそうでなかった此花亭の水着回を手始めに、転生するのが嫌な女子学生の話、神社の巫女さんたちの話、柚が新しい着物を買いに行く話、そして新人時代の桐の話が描かれていきます。

今回は全体的に「自信を取り戻す、自信を深める」ことについて描かれている感じがしますね。

此花亭の水着回『渚でつかまえて♥』は、柚たちに「海水浴」の概念がないことになるほどなあと思ったり。海水浴が「遊び」になったのって20世紀後半かららしいので、文化的には大正時代あたりで止まっているらしい此花亭の狐っ娘たちにはよく理解できない概念なのかも。

※ ※ ※

今回気になった描写。

水着の着方が分からずに変なことになっている柚。
photo_1365


















『このはな綺譚』8巻P9(天乃咲哉/幻冬舎)


普通の人間がやったらただのヘンタイさんですが、頭に狐耳がある柚や櫻だとわりとしっくりくる形だったり。
ケモミミ種族が普通に生活している世界だと、左右に二つの穴が開いた形状の衣類は「獣耳を通す穴がついたもの=帽子」という考え方に行きつきそうな感じはしますね。

記事検索
最新コメント