ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

ついに公式漫画化ですよ!!『バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん~一緒に働くのじゃー!編~』

Vtuberブームの先駆けとなった、ねこます氏こと『バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん』の初公式コミックアンソロジー『一緒に働くのじゃー!編』が8月9日より発売中です!
『バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん』のアバター「みここ」はすで商業漫画(『紅殻のパンドラ』)に登場していますが、彼女(彼?)メインの作品集は今回が初めてになりますね。

カバーイラストの梧桐柾木氏をはじめ、実力派の漫画家が勢ぞろいしている豪華アンソロジーですが、中でも『狐のお嫁ちゃん』のBatta氏、『ワールドウィッチーズ』のななてる氏といったケモミミ漫画に定評のある作家さんが参加されている所に注目です。
収録作の傾向としては世知辛いバイトネタが1/3、Vtuberネタが1/3、そしていずれにも分類できないニューエイジな作品群・・・『制限君主制は世知辛いのじゃ~』(作・西出ケンゴロー氏)、『ちょっと異世界を救ってくるのじゃー』(作・こう1氏)、『誕生、スーパーのじゃロリおじさん』(作・ななてる氏)、『のじゃより』(作・特急みかん氏)、『フルVRけもみみ美少女ワキにぎりおじさん喫茶店』(作・俺太郎氏)といった作品が1/3といった構成になっています。

個人的に『フルVRけもみみ美少女ワキにぎりおじさん喫茶店』はサイバーパンク物の枠に入れてもいいんじゃないかと思うくらい切ないSF感のある作品でお気に入り。

※ ※ ※

今回気になった描写。
みかん氏の『もし新人ちゃんがいたら』より。

マナーの悪い女子学生に注意するバイト狐娘おじさんのシーンで、女子学生から「猫耳」扱いされています。
photo_1246





















『バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん~一緒に働くのじゃー!編~』P28(みかん氏・ねこみみマスター/KADOKAWA)


『このはな綺譚』でも狐っ娘の柚が猫娘扱いされるシーンがありましたが、ケモミミ付いてる娘をとりあえず「猫耳娘」扱いする、というのは「ケモミミの種類なんてどうでもいいと考えているテキトーな人物」を表現するのに巧く使える描写といえそうですね。

ナマケモノだってこの作品では強いよ!!『キリングバイツ』11巻

地上最強の小型哺乳類ラーテルの獣人娘・瞳が闘った「獣獄刹(デストロイヤル)」から二年・・・。
獣化手術が合法化され、「牙闘(キリングバイツ)」がスポーツエンターテインメントになった世界。

媚戌(ビーグル)の獣闘士・戌井純(いぬいぴゅあ)は、友達?になった牙魔猫(タスマニアデビル)の黒居佑(くろいたすく)、山羊(アイベックス)の護藤ハイジともにチームを組み、牙闘の予選に挑みます!

チャンピオンになる!と意欲満々だった純ですが、戦いの途中で急に、今まで彼女をずっと励まし続けてきた心の声「ぬぬーぴ」の言葉が聞こえなくなってしまいました。

戦意喪失状態にある純の隙を、他の獣闘士が見逃すはずはないのでした・・・!

獣人バトル漫画『キリングバイツ』、11巻が8月4日より発売中です!
チャンピオンになるという一心だけで世の中を渡り歩いてきた、天然・・・もとい野生的な媚犬(びーぐる)の獣闘士・純。

これまで心の中にいる友達の犬「ぬぬーぴ」の声を聞いて何度も危機を乗り越えてきた彼女ですが、今になって急にぬぬーぴの声が聞こえなくなってしまいました!

そんな中、ラーテル瞳と同じ「宇崎」の姓を持つ獣闘士・宇崎和(うざきのどか)と友達?になり、共に行動することになった純。

しかし、この和の行動はちょっとおかしくて・・・?

※ ※ ※

ナマケモノ(樹懶/宇崎和)にカンガルー(更格廬/ランベルト尾形)と、『群れなせ!シートン学園』でも出ていた組み合わせの動物が登場するのですが、それぞれの作品で全然違った動物の魅力を描いているところは本当に見所ですね!
ぜひ比較しながら読むべきです。

特に「カンガルーvs犬」の戦いに関する薀蓄を入れているところは、さすが格闘漫画『キリングバイツ』といったところ!

※ ※ ※

本作はやっぱり、第一部の主人公が「最強の小型哺乳類」ラーテルだったところを引き継いで、第二部も小型動物が巨大な猛獣を打ち破っていくという点をとことん魅せてくれそうな感じです。

今回、ある重要設定が出てきたことで、さらに多くの巨大動物が登場しうる下地ができたわけですしね!

下のコマのように、獣人化が極まった宇崎和と対峙する純&たすくの図は、まさに巨大動物vs小型動物バトルの様相を強調している感じです。
photo_1244
























『キリングバイツ』11巻P185(村田真哉・隅田かずあさ/小学館クリエイティブ)

最終決戦なのに狐嫁がいない?! 元落ちこぼれ貴族ヴィレムの運命を描く完結巻!『転生魔術師の英雄譚』6巻

魔法が使えない“落ちこぼれ”貴族だった少年ヴィレムは、太古の大魔術師の力に目覚めたことで「魔導伯」と呼ばれるほどの一大領主へと成長しました。

しかし、功成り名を遂げた彼に、史上かつてない規模の戦乱と、彼と同じく大魔術師の記憶を継承した者の悪意が襲い掛かります!

様々な困難を幼馴染の狐娘・クレセンシアと二人三脚で乗り越えてきたヴィレムですが、強敵との戦いを前に、彼女と離ればなれになってしまうことに――

『小説家になろう』発の本格ファンタジー『転生魔術師の英雄譚』もついに完結!
最後の6巻目が7月31日より発売中です!
大国・デュフォー帝国の皇帝、およびヴィレムの属するノールズ王国の王の崩御をきっかけとして勃発した大戦乱。

後継者争いによる内乱、帝国諸侯の謀反、周辺異民族の侵攻という内憂外患の極みを、古代の「聖域」から見定めようとするヴィレムと新鋭魔術師団を中心とした仲間たち。

しかし彼らにも、太古の大魔術師レムのもう一人の転生体――ヴィレムと記憶と力を分けた人物――オーレム・オーデンの軍勢が迫ります!

愛しの人にして頼れるパートナー・狐娘クレセンシアのいない状況で、ヴィレムは大魔術師の“完全な”転生者を自称するオーレムの魔力の猛威に曝されることになりますが・・・!

※ ※ ※

Web版とは完全な別展開となっている最終章です!

佐竹アキノリ氏の作品は別シリーズ『逆成長チートで世界最強』もそうなのですが、チート的な能力を手に入れた主人公は序盤こそその能力で大きく成長するけれど、ある段階で壁にぶつかるというか、より強大な存在が出現して太刀打ちできない、という描き方がされることが多いですね。
逆成長チートで世界最強 2 (ヒーロー文庫)
佐竹 アキノリ
主婦の友社
2017-07-31


自分より強い存在を打ち破るための「何か」が何なのかが、各作品の肝になっている印象です。
『逆成長チート・・・』はまだ結論がでていないですが、本作『転生魔術師の英雄譚』は親友マーロと従者狐ラウハといったヴィレムの仲間たちが、強敵を打ち破るための「何か」の役を担っていると感じます。

個人的にはマーロとラウハのペア(カップル?)がかなり良いキャラをしていると思うのですよ。最後の最後までお気に入り。

※ ※ ※

物語の内容とは全然離れた話なのですが、(動物の)狐の鳴き声が「こゃーん」と表現されていることに要チェックです。

本作は、近年の狐耳作品における「狐はコーン!とは鳴かない」(例:『きつねとパンケーキ』)の傾向が見られる、「小説」の代表例になります。


実際の狐の鳴き声を聞いた感じだと、やっぱりどこかに「Aaaaa!」の音が入る方が、本物の狐っぽい感じがしますね。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント