ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

いづなのグルメ。『ノーゲーム・ノーライフ、です!』3巻

大人気のゲームバトルノベル『ノーゲーム・ノーライフ』に登場する最強ケモミミ幼女・初瀬いづなを主人公にしたスピンオフ漫画『ノーゲーム・ノーライフ、です!』の3巻目が4月22日より発売中!

原作5巻の後ぐらいの、いづなとその周辺の人々の日常が描かれます。今回は表紙のようにアズリールの登場シーンが多め(といっても毎回ヒドい目に遭う)で、他にも神霊種・帆楼、吸血種プラムとの関係を描いたエピソードが収録されています。

いづなはまだまだ自分の「勝ち方」を模索中。
しかし、腹が減っては戦はできねー、です!ということなのかは分かりませんが、食べ物に関するネタが多い3巻です。

帆楼と一緒に「座標移動」したせいでSAN値がヤバくなってしまったいづなが食べ物で回復したり・・・。
消えたおやつを探して探偵ごっこをしたり・・・。
なぜか飲み物の瓶のコルク集めが子供の間で流行って、ステフが大人げなく金の力で無双しようとしたり・・・。
いづなが焼き魚定食を食べる様子を徹底的に描写したり・・・(某グルメ漫画のパロディになっていて笑える)。
いづなの「体液」を味わいたいプラムのせいで、色々と酷い目に遭ったり・・・。

いろいろ寄り道回り道をしていますが、いづなは着実に次のステージへと進みつつあるようです。

 ※ ※ ※

今回はいづなのコスプレシーンは少なめ(代わりに表紙カバー下でフィールとクラミーがコスプレしてます)。
#12話の探偵コスプレが見所ですね。
photo_1025




『ノーゲーム・ノーライフ、です!』3巻P37(ユイザキカズヤ/原作・榎宮祐/KADOKAWA・メディアファクトリー)






『SHOW BY ROCK!! クリティクリスタ♪クリクリ伝説』の記事でも探偵コスプレする猫耳ロージアについて述べたことですが、獣耳キャラが帽子をかぶるとやっぱり窮屈な感じで、いづなも少し窮屈そうに見えます(これはこれは可愛いのですが)。

ただ、これは後に「帽子を取る⇒獣耳が自由になる⇒実力を解放する」という場面に繋がっていて、巧い使い方だな~と思わされました。

最後まで目を引く描写の多い作品でした。『犬神くんはツンだけどバレてる』3巻

由緒正しい遠州の犬神家の血を引く、犬耳尻尾が生えた男子高校生・犬神灯夜(いぬがみとうや)。
どんな事態にも眉一つ動かさず、クールな男を装っている彼。
しかし実のところ、犬耳尻尾が動きまくるので感情がバレバレです!

犬嫌いだけど灯夜のことは気になる同級生の芽衣子(めいこ)は、様々なイベントで灯夜との距離を徐々に縮めていっていましたが、ここにきて灯夜に婚約者(?!)がいることが判明して・・・!

クールな強がり仔犬系男子と、犬が苦手なほんわか天然女子が織りなすラブコメディ『犬神くんはツンだけどバレてる』の感動の完結編・3巻目が4月22日より発売中です!

今回、芽衣子のクラスに新たな転校生がやってきます。

クールで生真面目な転校生・猿飛江真(さるとびえま)は、なんと「犬神家次期当主(つまり灯夜)の婚約者」なのだと自己紹介します。

芽衣子は灯夜に婚約者がいるなんて話は聞いていない!と狼狽えますが、そもそも芽衣子と灯夜は正式に付き合っているわけでもなく、灯夜が婚約者のことを芽衣子に言っていなくても不思議ではないのでした。

わりと似たもの同士である江真と灯夜の様子を見て、このままだと二人が一緒になってしまう!と焦る芽衣子ですが、灯夜に本心を伝えるのにはためらいがあり、激しく逡巡することになりますが・・・!

※ ※ ※

犬を祀る犬神家に対して、今回登場した猿飛江真の家は猿を祀っており、ゆえに彼女自身にも猿っぽい属性が付けられているわけですが、彼女の猿属性は独特なやり方で表現されます。
photo_1024








『犬神くんはツンだけどバレてる』3巻P25(反転シャロウ/スクウェア・エニックス)


ツインテールの髪の先っぽを掴んで耳に当てることで、ツインテールで猿の耳のような形をつくる、という仕草を頻繁にするのです。
こういう表現は今まで見たことが無くて、さすが2巻で「エアーケモミミ尻尾」のような斬新な表現を考えた作者だけある、と感心してしまいます。

芽衣子と灯夜の恋の結末も、「灯夜が犬耳青年である」ことを全面的に生かした内容になっていて、ケモミミラブコメディとして万人にオススメできる素晴らしい作品であると思いますよ!



萌え ブログランキングへ

おいでよキツネ村(狐娘がいます)。『魔物と始める村づくり!』

左遷された宮廷魔導師が辺境の地にキツネ村(狐耳少女が住む村)を作る!
端的に言うとそういう作品です。

狐耳Web小説『魔物と始める村づくり!やる気なし魔導師の開拓記』の書籍版が4月23日より発売中です!

狐獣人の国・コーヤン国にて、尻尾の無い異民族――新人族でありながら史上最年少で宮廷魔術師となった青年・ヴェイセル。

しかし、とてつもなくやる気が無いために周囲から疎まれて、ついに北方の辺境の地へと長期調査に派遣・・・・・・つまり、宮廷から追い出されて左遷されてしまいます。

北方の地には恐るべき魔女がいるとか、魔物が暴れているとか色々な噂が流されていますが、実情は野生の魔物や野盗と戦って村を作るほどのメリットが無く開拓者が居つかない、ということのようです。

やる気はないけど能力は高いヴェイセルの魔力(と財力)を使えば、それなりの拠点づくりは片手間にできるのですが・・・・・・なぜかヴェイセルの左遷に、幼馴染の狐のお姫様・リーシャまでついてきて、お姫様育ちの彼女のために衣食住揃った「村」を建設する必要に迫られます。

ヴェイセルは様々な魔物を召喚し、やる気無い中でやる気を振り絞って、本格的に開拓を進めることになりますが、、、

※ ※ ※

北方の辺境の地から覇権を狙うとか、内政チートで世界に革命を起こすとか、そういう物語ではなく、つつましやかな(でも、ある意味とてつもなく理想的な)狐娘の集った小さな村を作る、というほのぼのスローライフな話です。

とにかく狐娘が大勢登場する・・・というより狐娘オンリーのハーレムっぽい展開になっているところが前代未聞の作品。

ヴェイセルについてきたわがままな金色狐のお姫様リーシャのほかに、
リーシャについてきた貴族令嬢の銀色狐ミティラ、
ヴェイセルの魔法道具の仕入れ先である、無口な錬金術師の白狐レシア、
機械道具の修理でヴェイセルと付き合いのある、破天荒な赤狐エイネ、
そして北方の地に住む魔女・黒狐のイリナが登場します。

作者が『転生魔術師の英雄譚』などで狐娘ヒロインにこだわる佐竹アキノリ氏だけあって、狐娘の描写にかなり力が入っています。

転生魔術師の英雄譚 2 (ヒーロー文庫)
佐竹 アキノリ
主婦の友社
2017-02-27


作中の価値観として、「女の子の尻尾に触る」=「えっちなこと」という風になっていて、他の作品なら胸を触ったりお尻を触ったりすることに当たるヴェイセルの行動が「尻尾を触る」になっているところが面白いです。



萌え ブログランキングへ
記事検索