ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

ウマ耳アニメの感想『ウマ娘 プリティーダービー』第12話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。

●『ウマ娘 プリティーダービー』第12R 夢の舞台



このアニメって全13回だったのか、、、12回で終わりだとばかり思っていた。

今回の見所はなんといっても「ドアに聞き耳を立てるグラスワンダー」!
動きがかわゆい!
このアニメはちゃんとウマ耳の娘が本当にいたらどう行動するかをちゃんと考えた動作をさせるのが素晴らしいです(ケモミミがあるのに人耳キャラみたいな仕草をしない)。

このシーンに隠れて目立たないけど、そのあとの「スぺちゃんの耳にささやくエルコンドルパサー」の動きも良い!
頭の上に耳があるウマ娘にささやくならば、ささやく側が背伸びをするか、聞く側のウマ娘が身体を少し屈めないといけないんですよね。この場面、ちゃんとスぺちゃんが身を屈めています。
ウマ娘だけでなく、狐耳娘など耳が頭の上にあるケモミミキャラには必須の動作ですね。

※ ※ ※

スぺちゃんがブロワイエに勝ったのはちょっと意外だったなー
ギリギリ勝てなくて、また将来の目標として立ち塞がる、という流れになるのかなと思っていたので。
ネタバレが怖くてあまり史実を調べないようにしているのですが、ちょこっと流れてくる情報ではアニメの展開は史実どおりなんですかね?
次回の感想で一通り答え合わせをしてみる予定です。

最終回は名馬を集めた夢のレースみたいな設定らしいですが、このあたり、競馬を知っている人なら本当に面白いんだろうなあ。真の感動が実感できないところが悔やまれます。



萌え ブログランキングへ

狸率の高いお祭り回!『ねこむすめ道草日記』17巻

のどかな地方都市・群馬県渋垣市を舞台に、化け猫・黒菜と妖怪の仲間たちとのドタバタな日常を描いた『ねこむすめ道草日記』、最新17巻が6月13日より発売中です!

表紙がお祭りであるように17巻はお祭り回!
前半が地元の祭り「渋垣山車祭り」の話、後半が同人誌即売会コ〇ケ・・・ではなくマンガマーケットの話になっています。

地元の祭りのモデルはおそらく「渋川山車まつり」で、天狗が語る時代ごとの雰囲気や、祭りに参加する人たちの描写がかなり細かいです(作者あとがきを読むと相当描くのが大変だったようで、、、)。

あと同人誌即売会の話で、この作品の妖怪に「変化」と「鬼女」の区別がある、という話が出てきますね。
たぶん黒菜も含めた動物や物が人型に変わったものが「変化」で、人の想いや怨念が人の形をとったものが「鬼女」といった感じの区別なんだと思うのですが・・・。

本作のスタンスから見て、あまり厳密に説明されることはなさそうですね(そういう区別があいまいな方がまさに「妖怪っぽい」と思うので)。

※ ※ ※

17巻は狸率が高いです。

前半の祭りではいつもの化け狸・茂林寺りんのほかに「祭り荒し」の狸三兄弟が登場しますし、後半の話でも「同人作家ヨウヒちゃん先生のファン」の狸娘さんが登場します。
髪型や眼鏡が少し変わっているけど、狐娘と一緒に打ち上げに参加してるので「喫茶狐狸狐狸」の狸店員さんでいいのかな?
photo_1189
























『ねこむすめ道草日記』17巻P128(いけ/徳間書店)

彼女の背景に描かれている「カチカチ山の二次創作っぽい」もの。
近年、狸耳ジャンルは拡大を続けていますが、今のところ私の知るかぎり、カチカチ山を直接ネタにした狸耳作品はないようです。

童話系だと『ごんぎつね』ネタの狐耳作品とか、『因幡の白うさぎ』ネタの兎耳作品はそれなりにあるのですが。

そろそろ出てきそうな気がするので狸耳界隈を要注視ですね!
(すでにありましたら、ぜひブログorツイッターのコメント等で教えてください!)

店員として愛想が無い方がネコっぽい。~辻永ひつじ『ねこカフェにおいでよ!』(『萌え男子にひとめぼれ』所収)

ちゃおフラワーコミックスが送る、個性派男子にひとめぼれする漫画アンソロジー『萌え男子にひとめぼれ』が5月30日より発売中です!
全5作品+αが収録されていますが、今回紹介するのは表紙の猫耳男子店員が登場する『ねこカフェにおいでよ!』(作:辻永ひつじ)です。

高校一年生の春原りのは、街の猫カフェ「May~o」でアルバイトをしています。
実はこの猫カフェ、普通の猫カフェではなく、「猫耳男子」がネコの代わりにお客さんの相手をしてくれるという「猫耳男子カフェ」なのです!

甘えん坊の垂れ耳にゃんこ・ヒナタ。
セクシーお兄様系にゃんこ・レイ。
そして、りのが密かに想いを寄せる、仕方なく店を手伝っているらしいツンツンクールな黒猫男子・クロ。

ヒナタとレイはいかにも猫らしく振舞ってお客さんにサービスするのですが、クロは不愛想すぎて普通のカフェ店員としても問題ある態度をとっていました。

ある日、業を煮やしたりのがクロの接客態度を注意をした結果、クロは急に猫らしい甘えた振る舞いをするようになります。
その結果、りのが逆に困惑してしまう状況が生まれてしまいますが・・・!

※ ※ ※

猫がネコミミ人間になっている猫カフェ。
女子向けでも男子向けでも人気のテーマですね!
本作の場合は本物のネコミミ人間がいるわけではなくて、あくまで普通の男子がネコのふりをしているカフェである点が特徴になっています。

りのはクロの不愛想すぎる態度が猫カフェ店員として問題だと考えているようなのですが、猫だからこそ来客には不愛想な方が猫っぽいのでは?という風にも思います。

まあ、あんまり不愛想にされるのも悲しいのですけどね・・・(リアル猫でよくあること)

※ ※ ※

本作で気になった描写。
りのがクロに注意する時、人間の耳じゃなくてネコミミの方を引っ張っています。
photo_1187












(『萌え男子にひとめぼれ♡』P40(辻永ひつじ/小学館)


彼のネコミミは付け耳なので、本当に言い聞かせるのだったら人間の耳の方を引っ張るべきなのですが、このあたりはりのの中で「クロ=黒猫」という認識が強くなっているからこその行動なのかなと考えたり。



萌え ブログランキングへ
記事検索