ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

ケモミミ多数! やや狐推しのダンジョンRPG『魔物娘と不思議な冒険2』アーリーアクセス版

かわいい魔物娘たちと、ローグライクなダンジョンを攻略しよう!
可愛さだけでなくてゲーム性も一級品の『魔物娘と不思議な冒険2』のアーリーアクセス版がSteamとDLsiteにてダウンロード配信中です!!

DLsite版
魔物娘と不思議な冒険2~2人の王と紡がれし約束~アーリーアクセス版 ねことかげ https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ372833.html

※ ※ ※

主人公は、バフォメット族の魔王候補者メルトに幼いころから世話になっているニンゲン種。
このたび、メルトの魔王就任に向けて、いろいろと手助けをしていきます。

メルトの部下となる魔物をスカウトするためにダンジョンに潜ったり・・・。
メルトが失くしてしまった魔王の証を取り戻すためにダンジョンに潜ったり・・・。

とにもかくにも、ダンジョンに潜ってイロイロしていくのです!!!

※ ※ ※

基本的にはローグライクの、いわゆる「不思議のダンジョン」系のゲームになるのですが、大手メーカーの作ったそれ系のゲームを超越するクオリティが注目の作品です。

武器・防具に「印」という特殊効果を組み合わせて、膨大なパターンの戦術を試せる自由度。
通常モンスターより圧倒的に強く、倒せばレアアイテムを得ることができる「アルファ・モンスター」。
拠点の村や自宅に様々な施設や家具や道具を自由に設置してけるビルト要素などなど・・・。

たぶん「不思議のダンジョン」系のどこかで見たような要素は全部盛り込んである!といっても過言ではないくらい、多様なシステムを試すことのできるビッグボリュームの作品です。

※ ※ ※

そして本作の一番の特徴が、敵の魔物娘を仲間にして、一緒に冒険できること!!
photo_2075













ボスモンスター以外の、登場するほとんどの敵を仲間にすることができるようです。
仲間になった魔物娘は同時に三人(三匹?三頭?)まで、主人公と一緒に冒険することができます。
魔物娘たちは主人公と同じように独自にHPやステータスを持つので、実質パーティプレイをしているような感じですね。

魔物娘の種類ごとにかなりステータスや攻撃方法が異なっている上に、同種の魔物娘でも「攻撃型」「防御型」等の潜在能力の違いがあり、さらに各魔物娘にそれぞれ別のスキルを追加で覚えさせることもできるので、試せる戦術の組み合わせは凄まじいことになっています。

本作で肝なのは、「新たな冒険を開始するごとに主人公はLV1に戻るけど、魔物娘はLv・ステータス引継ぎ」という点ですね。
中間地点のフラグを立てると、ダンジョンの深い階層(レベルの高い敵がいる)の途中から挑戦することもできるのですが、その時は主人公がその階層で戦えるレベルになるまで、最初から強い魔物娘たちの力を借りる必要があります。
逆に、下手すると育った魔物娘の強力な範囲攻撃に、レベル1の主人公がいきなり巻き込まれてやられる場合もあるのですが・・・
photo_2079













※仲間のフェンリルにフレンドリーファイアされてしまつたプレイヤーの図


大量の敵がひしめく「モンスターハウス」のような罠は、仲間の魔物娘がいないと到底切り抜けられないようなバランスになっていますので、「不思議のダンジョン」系のゲームはやり尽くした!という方も、ぜひ本作をプレイして新鮮な感覚を味わっていただければと思います!

※ ※ ※

本作、登場する魔物娘にケモミミ種族が多く、それが当ブログにとっては紹介する魅力ある要素となっています。
ストーリーに絡むメインキャラクターだけでも、猫耳のココ、商人のたぬきち、メルトと因縁をもつ九尾狐のたまもといった面々が登場します。
photo_2072photo_2073photo_2074







































仲間の魔物娘としても、ワーラット、ワーキャット、ワーウルフ、ワーラビットなどなど多種多様な獣人が登場するのですが、本作、若干ながら狐推しが強いなと感じたり。

チュートリアルとゲーム全般の説明は「メタキツネ」という狐っ娘が担当していますし、狐の魔物娘の種類も若干多い気がするし、狐に関するアイテム・スキルもやや多めな感が・・・
狐好き、狐ゲームを求めている人はぜひプレイしてみましょう!!
photo_2071
photo_2077photo_2078





































本作、現時点ではまだアーリーアクセス版なので、ストーリー前半部が一区切りつく所までしか遊べませんが、それでもプレイ時間・10時間でまだ遊び尽くせないくらいのボリュームはあるので、興味が沸いた人はぜひぜひ購入してプレイしてみましょう~

※ ※ ※

冒険を中断してセーブした後、再開しようとするとタイトル画面が「自分の魔物娘パーティーが休憩しているシーン」になるんですよね。

同様のモンスター娘コンセプトのローグライトゲーム『モン娘ぐらでぃえーた』でもあったけど、私はこういう演出凄く好き。自分だけの冒険を紡いでいる感があってとても良い・・・。
photo_2070

狐っ子なら悪役令嬢も似合うよね!?『ゆらゆらQ』2巻

神使の狐の血を引く女子高生のきゅーこ!

狐っ子なら当然スラリとした美人のはず・・・なのですが、きゅーこはまるまるとした狸のように可愛い女の子!
いわゆるモデルのような美人ではない自分にコンプレックスを持っているきゅーこですが、一方で等身大の自分をしっかり主張しているきゅーこの生き方に憧れている姉妹・兄弟もいて・・・。

悩み多い狐っ子たちの日々を描くラブコメディ漫画『ゆらゆらQ』。
待望の2年ぶりの新刊2巻目が4月20日より発売中です!
高校一年生の今野久子(通称きゅーこ)は、神使の狐である母と、神社の神主である父から生まれた、狐の血を引く狐っ子。
8人の兄と姉はみなモデルのような美男美女なのですが、末っ子のきゅーこだけは「狸みたい」と表現されるような、まるまるコロコロとした体型をしています。

一時期、きゅーこは自分が兄や姉と違うことに大きなコンプレックスを感じて悩んでいましたが、彼女の一番の理解者である幼馴染のはるちゃんこと水島春人の激励もあり、今ではだいぶ自信をもって振舞うことができるようになりました。

しかし、今度は逆にきゅーこの周囲の人々にいろいろ問題が発生してきて・・・。
山の社からやってきて今野家に居候するようになった狼の神使・太狼と、春人との確執。
きゅーこが人気者になることを心配しすぎる兄の三郎。
きゅーことは逆に狐の美女として人気がありすぎて、逆に引っ込み思案になってしまった姉の二美など・・・。

そんな姉妹/兄弟/友人の様々な問題に切り込む、きゅーこの活躍やいかに!?

※ ※ ※

コメディを使って「いい話」を語る、を芸術的なバランスで成り立たせている凄い作品です。
「コメディ」と「いい話」をそれぞれシーンで別々に切り分けて描いていく漫画は多数あるのですが、本作の凄さは「いい話」を語りながら、同時にちゃんと「笑える話」にしているところ!

きゅーこが誕生日サプライズとして「悪役令嬢への異世界転生」をプレゼントされる等の、勢いだけで考えたようなノリの話を実際に描き切ってしまうところが凄いし、その中で「誕生日を大勢にお祝いしてもらう」というイベントの余韻をしっかり描いているところが素晴らしい。

※ ※ ※

過去記事でも話題に挙げた狐耳キャラはお面と強い関連性を持つ、という特徴が、この作品でも強く表現されています。

きゅーこと春人の子供の頃のエピソードを描いた話。
お祭りの中で、きゅーこは狐のお面をつけています。
photo_2068





























『ゆらゆらQ』2巻P21(雨隠ギド/白泉社)


この話の時点では、きゅーこが狐であることを春人は(たぶん)知らないし、きゅーこも正体を明かしていないと思われるのですが、きゅーこ自身は「お面」によって狐であることをさりげなく主張している点がなかなか興味深い。

他のケモミミ種に比べると、狐耳キャラクターは「自分は狐だ」と主張するために狐耳や尻尾を見せている傾向が強く(本当は耳尻尾を完全に隠せるけど「あえて」見せている)、そういう傾向が「完全な人間の姿で狐のお面をかぶる」という行動に繋がってくるのかもしれません。

西洋風ファンタジーにおけるタヌキ!?『搾り取らないで、女商人さん!!』5巻

迷宮に挑んではメタメタにやられまくる、超ヨワヨワの少年冒険者・ラビ!
そんな彼を助けてあげる、といって、やたらとでかい態度で協力を申し出てきたケモミミ女商人・フィロ。

ヨワヨワな弱小冒険者のラビも、大商人フィロのマジックアイテムの力で生まれ変わる!
・・・・という宣伝文句だったのですが、フィロのアイテムの使い方がダメダメすぎて、毎度のように状況が悪化する始末。

そんな中、フィロは裏切り者だから関係を切った方が良いと忠告してくる、巨大な獣人おねーさん(身長198cm)が現れて・・・

グラマラスだったりモフモフだったりツンツンだったり、とにかく残念なおねーさんたちに付きまとわれるギャグマンガ『搾り取らないで、女商人さん!!』の5巻目が5月6日より発売中です!

幼馴染の冒険者マリアとの冒険の後、マリアの従者・ダニエラに捕らえられてしまったラビ。
ダニエラは「フィロの本性」を知っているといい、関係を切って代わりに自分とパートナー契約を結ぶように強引に迫ってきます。

ラビからすると、フィロは桁違いに商売が下手&思考が残念だけで、悪意を持った女性だと思ってはいませんでしたが、「裏切り者」だと非難するダニエラの言葉には意外なものを感じずにいられません。

果たしてラビのとった行動は・・・?

※ ※ ※

わりとシリアスなムードもありつつ、今回もかなりフェティッシュな感じのネタが多数盛り込まれています。
今流行り(?)のスライム化、肉ベッド、マミープレイなどなど・・・。
番外編では性別転換も描かれます。

※ ※ ※

表紙にもなっている5巻の中心人物ダニエラ。
彼女の言葉からするとフィロは狐の可能性が高くなってきました。
フィロは狼系かと思っていたのですが・・・(狐も狼も同じイヌ科ではありますが)

ダニエラは作中でラビの姉コニーに「狸」と罵られますが、たぶんアライグマ系の獣人なんですよね。
尻尾がシマシマだったりしますし、コニーに「害獣駆除」という罵られ方もしているので。
害獣駆除はたぶん狸には使わない言葉・・・。

なによりも、狸は本来、日本・朝鮮半島・中国東部にしかいない動物なので、西洋風ファンタジーには合わないはずなんですよね。
和風ファンタジーだとよく狐と狸のキャラクターを対にしますが、西洋風ファンタジーでは狸の位置にアライグマを当てはめるのもありなのか~と本作を見て思ったり。
photo_2065





























『搾り取らないで、女商人さん!!』電子版5巻P109(くつがえる/竹書房)


おまけでさりげなく載っているダニエラの身長やスリーサイズがもの凄いことになっていて、「大きなお姉さんに小さな少年が●●される」本作の真髄を見た感じがします・・・

記事検索
最新コメント
RSS