ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

これは意外な内容・・・。『異世界ひとっ娘動物園 僕は絶滅危惧種の飼育員になりました』1巻

謎の異世界に召喚された動物園の飼育員!
彼が召喚された目的は、「絶滅危惧種」を目玉とした異世界の動物園の立て直しのため。
動物好き&動物に好かれる彼の性格が見込まれたのです。

さて、その絶滅危惧種とは、一体どういう動物なのか・・・?

『異世界ひとっ娘動物園』の初単行本が、11月19日より発売中です!
香坂柚希(こうさかゆずき)は動物好きの高校生。
現時点でも動物園で飼育員のアルバイトをしており、高校卒業後はそのまま動物園に就職する予定で、本人としては順風満帆な人生を送っていました。

しかし、ある日突然、彼は事故に遭って意識を失ってしまいます。

謎の女神との邂逅のあと、目が覚めたのは異世界レグルス王国。
柚希はなぜか、その王国の動物園・・・「ポラリス国立動物園」の園長にされてしまいます。

そこは歴代の園長の放漫経営がたたって完全に破綻しており、珍しい絶滅危惧種がいるにも関わらず、客は皆無で、園内の動物たちもほぼ放置されている状態でした。

当初は気の進まなかった柚希も、動物園の惨状を見て、動物のためにできる限り力を尽くしていこうと考えます。

しかし彼は、動物園の目玉である「絶滅危惧種」が何であるのか、全く知らなかったのです・・・!

※ ※ ※

タイトルのイメージから、『けもっ娘ど~ぶつえん!』のような、ケモミミ娘を飼育する動物園の管理人をする話なのかな~と思っていたのですが、全然違いました!
何を書いてもネタバレになりそうなので、まずはご一読ください!
(読後感としては、某惑星なアレと似てる)

『けもっ娘ど~ぶつえん!』と同じく、ぎりぎりえっちな感じのシーンも多いです。

※ ※ ※

ケモミミキャラとしては柚希をサポートする動物園の唯一の職員、アルドラが登場します。
何の動物であるかは明確にされていないのですが、尻尾の感じからするとイヌ科のケモミミのように見えます。(キツネではなさそう)

面白いのが、彼女、大半のシーンでは頭を覆うようなシスター風の服を着ていて、ケモミミ尻尾が見えないんですよね。
えっちなサービスシーンのみ、ケモミミ尻尾が読者に見えるようになっています。

このあたり『ねこ耳少女の量子論』と似たような「見えざるケモミミを読者に意識させる手法」が使われていて、興味深いです。




萌え ブログランキングへ

ミュウミュウを読み切った人はぜひ読んで!『東京ミュウミュウ2020 り・たーん』

伝説の猫耳少女漫画『東京ミュウミュウ』の後日譚ともいえる、『東京ミュウミュウ2020 り・たーん』が好評発売中です!

『東京ミュウミュウ あ・ら・もーど』よりもさらに後の話。
エイリアンの尖兵にされていたレッド・データアニマルの変異体「キメラアニマ」は、エイリアンが地球から撤退した後もまだ完全に活動を停止しておらず、突如出現しては東京をたびたび混乱に陥れていました。

そんなキメラアニマを地道に退治しているのが、我らがミュウミュウたち!

この『2020 り・たーん』はミュウミュウたちの後日の活躍を描くとともに・・・
恋人二人、いちごと青山の関係の中で、最後まで引っかかっていた「あること」に関する決着を見せてくれます!

※ ※ ※

本作、『東京ミュウミュウ』の最初から『あ・ら・もーど』の最後まで読んだ人のためにある!というくらい、見事な後日譚・・・というか、真・エンディングになっているので、先に本編を読んでからこちらを手に取ってほしいです。

(個人的には、シリーズ通して一番カッコいいのは侑 [あ・ら・もーどでの恋人役]ではないかと思う)

あと、征海氏の絵柄がかなり変わっている点も見どころです。
photo_1751


















『東京ミュウミュウ2020 り・たーん』P143(征海未亜/吉田玲子/講談社)


90年代風の少女漫画の画風が薄れて、線のくっきりした令和時代らしい絵柄になっていて、ここまで大胆に画風を変えられるのか~と、なかなかの驚きだったりします。

好みはそれぞれあると思うのですが、私は今の絵柄も好きですよ~



萌え ブログランキングへ

いぬいが出るよ!!『にじさんじ さんばか~にばる』1巻

バーチャルライバープロジェクト《にじさんじ》のトリオユニット「さんばか」こと、リゼ、アンジュ、戌亥の三人のこれまでの活躍を、大胆な解釈で漫画化した『にじさんじ さんばか~にばる』の初単行本が、11月13日より発売中です!

「さんばか」もとい「サンバカーニバル(自称)」の
 静岡っぽい某王国の第二皇女 リゼ・ヘルエスタ
 暴走美少女錬金術師 アンジュ・カトリーナ 
 公式つよつよケルベロス 戌亥とこ

の三人が行ってきた、これまでのさまざまなライバー活動について、
新人アイドル物語風に漫画化した作品になります。

三人のそれぞれおススメの場面が収録された
YouTube配信にすぐ飛べる2次元バーコードが付いていたり、
ファン用語、インターネットミームなども丁寧に解説されているので、
「さんばか」初見だけれど興味を持った人は、この漫画から読んでみるのも
良い選択かと思います。

漫画は『真子さんとハチスカくん。』など、コミカルなケモノ・ケモミミを描くことに定評のある221(ツツイチ)氏が手掛けており、氏の描く愛らしい戌亥とこは必見ですよ!



戌亥とこネタとしては、ホラーゲームが苦手という点をまるまる一話をつかってギャグ形式で描いているほか、「満月の夜になにかが起きる」という例の謎設定についてツッコミを入れたおまけ漫画が見所です。

※ ※ ※

戌亥とこ、喋りや歌もさることながら、ケルベロス娘としての見た目が面白いなといつも思うのですよ。

何度か話題にしていますが、ケルベロス娘に関しては元の魔物の伝承にある「三つの首を持つ」がどう表現されているかに注目しています。

一つの体に三つの人格が宿っていたり(例:『今日のケルベロス』)、三つ子にしたり(例:『大上さんとケルベロスゥ!』)というパターンがありますが・・・

戌亥はバックサイドで結んでいる二つの髪留めが獣の形になっていて、自分の頭を合わせて「三つ首」になっている点が面白いです。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント
RSS