ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

落語に賭ける青春!(狸だけど)『うちの師匠はしっぽがない』2巻

時は大正。

田舎の山里から大都会・大阪に出てきた化け狸のまめだ。
大勢の人間を化かして手玉にとる!・・・ことを夢見ていたはずが、文明の進歩に追いついていけず、散々な目にあってしまいます。

そんな折、化け狐の落語家・大黒亭文狐の噺に魅せられたまめだは、新時代の化かす術として「落語」を修得することを志しますが・・・。

『あいどるスマッシュ!』のTNSK氏が描く上方落語ファンタジー『うちの師匠はしっぽがない』の単行本2巻目が12月6日より発売中です!

あまり弟子を育てることに熱心でない文狐の元にありながらも、少しずつ落語家としての下積み経験を重ねていく化け狸娘・まめだ。

もともと無鉄砲で、かつ天然モノの愛嬌もあることから、技術はともかくとして人前で芸をするのに臆することはない・・・と思われていたまめだですが、いざ高座にあがると、端っこで太鼓を叩くだけでもガチガチに緊張してしまうことが明らかになります。

それ以降も、客の前に出ることを想像するだけで緊張でおかしくなってしまい、完全に自信を喪失してしまうまめだ。

そんな彼女にある転機が訪れますが・・・!

※ ※ ※

『あいどるスマッシュ』とは世界観も物語も全然違うんですが、根底に流れているもの――「芸事に対して真剣勝負の女の子を描く」—―は同一なんだなあと感じます。

そこが、作者のTNSK氏が創作を通じて共通して描きたいテーマなのかな、と考えたり。

本作、まめだの愛らしさもさることながら、落語の入門編としても良い作品です。
私、落語の知識は全然なくて、上方落語が他の落語どう違うのかという事も全然分からなかったのですが、本作を読んで興味がわいてきました。

物語が落語の薀蓄だけで終わらずに、妖怪や霊といった人外の存在も「落語」の要素に絡んでくる、変わり種の妖怪漫画になっているところも好みです!

※ ※ ※

今回気になった描写。
まめだの変化が解けると、狸耳だけでなくヒゲも生えてくる。
photo_1530















『うちの師匠はしっぽが無い』2巻P77(TNSK/講談社)


2015年の『魔法医猫といばら姫』の記事にて、日本の獣耳キャラはあまりヒゲが描かれないと述べたのですが、『佐藤君の魔界高校白書』の、猫に変化しつつあるサイトゥ王子のように、ケモノ度がより高い状態になっていることを表現するのに、ケモミミ&ヒゲという描写が使われる例は時折見かけます。



萌え ブログランキングへ

ケモミミアニメの感想。『旗揚!けものみち』第9話

辛辣なシグレ!

●第9話 プリンセス×パンツ
9話は原作第11話・12話と同じ内容に、アニメ版独自のネタが追加されているような感じになってますね。

原作は魔王ネタはこの回で終わりだったけど、アニメ版ではイオアナとMAOが絡んできて、話がさらに膨らむ形になっているのは巧いなあと思いました。

あと、源蔵の決め台詞「俺は勇者じゃない。・・・レスラーだ!」が意外にもカッコ良い。
ファンタジー世界でレスラーって、もともとはネタなんでしょうけど、源蔵クラスの強さだとわりと説得力がついてきて、一種の称号になっている所が素敵です。

源蔵はケモノ狂いさえなければイイ男なんですが、そういう「残念」な所が、暁なつめ作品ならではなんでしょうね。

※ ※ ※

魔王について思い悩む源蔵に対して、反応の辛辣なシグレ。

ほぼ同じ台詞なのですが、原作とアニメ版で印象が異なります。
原作は無関心といった様子ですが、アニメ版は「うんざり」感が凄いんですよね。

このあたりは関根明良さんの演技ならではといった感じです。

関根明良さんの声がシグレにぴったりすぎて、最近は原作のシグレも関根さんの声で再生されます。

※ ※ ※


サキュバス村より狼獣人の集会に行きたい・・・(個人的意見)『けものみち』6巻

人と竜と魔獣の住まう異世界に召喚されたのは、変態的なまでに獣を愛するプロレスラー・ケモナーマスク!

魔獣を倒せという召喚者の命を一切無視して、「ペット」という概念がない異世界でペットショップを開いた彼ですが・・・客よりもペットと居候ばかり増えていく状況で、全く商売は前に進みません。

それどころか、魔獣愛が強すぎる源蔵はついに「人類の敵」扱いされる事態になってしまいますが・・・!

『この素晴らしい世界に祝福を!』の暁なつめ氏と、漫画版『バカとテストと召喚獣』のまったくモー助氏&夢唄氏が送る、残念系異世界転移ストーリー『けものみち』。

アニメも好評放映中ですが、漫画原作の最新単行本6巻目も11月26日より発売中です!
異世界に召喚されたプロレスラー「ケモナ―マスク」・・・本名・柴田源蔵が開いた異世界初のペットショップ「けものみち」は今日も元気に赤字経営中!

そんな中、(いつもサボっている)カーミラが「ジュエルジャイアント出現」のニュースをけものみちにもたらします。

全身が宝石の塊でできたジュエルジャイアントを捕らえれば一攫千金!と、目を輝かせる狼娘シグレ。
一方で、単に珍しい魔獣を見てみたいだけの源蔵とは微妙に噛み合いません。

そして、ジュエルジャイアントとともに現れた小動物系魔獣・カーバンクルに完全に心を奪われてしまった源蔵は、ハンターたちから魔獣を守るため、ついに人類の敵と化してしまいますが・・・!?

※ ※ ※

いやー、もう、源蔵のハチャメチャ感が極まって素晴らしい!
源蔵は人間界でペットショップやるより、魔獣の王になって花子たちと一緒に魔獣の楽園をつくった方が絶対良いですよ~
(なんか、実際そういう結末になる可能性もありそうでアレですが・・・)

源蔵たちは紆余曲折あって、ジュエルジャイアント騒動の後にサキュバス村に行くことになりますが、そこに行きたくないシグレが源蔵を引き留めるために語った「満月の夜に行われる狼獣人の集会」。

私もサキュバス村より満月集会の方にぜひ行ってみたいのですが、オマケか何かでいつかその場面が描かれること、期待してます~!

※ ※ ※

今回気になった描写。
魔境に踏み入れたシグレが、人の気配を察知した場面。
狼耳に対して、黒ベタ切り抜きのショック表現(推理漫画とかでよくある)が使われています。
photo_1528





















『けものみち』6巻P12(まったくモー助・夢唄/原作・暁なつめ/KADOKAWA)


商業同人含めて、色々ケモミミ漫画を読んできましたが、こういう表現は初めて見ました(たぶん)。

この場面、シグレが金儲けのために気合が入っていることもあって、彼女の感覚が相当に鋭敏になっていることが伝わってきます。

記事検索
最新コメント
RSS