ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

けっこう血の気の多い白ウサギ。『月とうさぎのフォークロア。St.3』

一見普通の現代社会だけど、本物の神の血を引く「神人」と普通の人間が入り混じって暮らす異世界。
月神の血を引く少年・朔は、パートナーである兎神少女・白や仲間たちとともに、自らの神衆組織「月夜見一家」の勢力を維持するべく、他の八百万の神々との抗争を繰り広げています。

前回、分家筋である「天月一家」の再興に手を貸した朔と白ですが、その結果として他の勢力との間に新たな争いの火種を生むこととなり、再び抗争に巻き込まれることになりますが・・・!

任侠物+日本神話の組み合わせでファンタジーの新境地を切り開く、第8回GA文庫大賞《奨励賞》受賞作の3巻目『月とうさぎのフォークロア St. 3 天てらす月、其は夜にかがやくしろうさぎ。』が10月12日より発売中です!

高天原に住む肉体を持たない「神」と、地上に住み肉体を持つ「人」。
そして肉体を持ち、神の力も宿す「神人」が人と入り混じって暮らす異世界。

そんな世界の日本にある月宮市は、月神の系譜に連なる神人の組織「月夜見一家」の勢力下にあります。

主人公の男子高校生・伊岐朔(いき さく)は、先代総長の父が襲われて絶命したため、今や月夜見一家の総長。
そして、兎耳と尻尾が生えた幼馴染・稲羽白もまた、中核二次団体である稲葉一家の実質若頭という立場となっています。

学生としての楽しい生活もほどほどに、八百万の神々が血で血を洗う修羅の世界へと足を踏み入れることになった二人。

前回、月夜見一家の勢力維持のために弱体化した分家筋「天月一家」の再興に奔走した朔ですが、今回はその結果として、元は天月一家の勢力圏だった地域(シマ)を牛耳っている「廣田組」、そしてその裏に付いている太陽神の組織「柾勝会」とぶつかることになるのでした・・・!

※ ※ ※

今回も表紙の超絶カワイイ兎耳娘・白のイラストとは裏腹に、かなり緊迫した任侠バトルが繰り広げられます。

白も若頭としての姿勢が板についてきて、部下の前では威圧的な態度を見せつつも、朔の前では甘々になるという(本来の意味通りの)「ツンデレ」なキャラクターに成長してきました。

兎キャラは『キリングバイツ』みたいにリアル動物としての能力を基準にすると弱者キャラになるんですが、「月の神話」と結びついている場合は強キャラになる傾向があり(例:《問題児シリーズ》の黒ウサギ)、本作の白も月の神ゆかりの存在であるため、なかなか血気盛んな性格となっています。

独特のつっけんどんな喋り方が、ツンデレなところにも血気盛んなところにも、あと兎っぽさという点でも巧く作用していて、ウサミミ好きにはかなりオススメの作品ですね!



萌え ブログランキングへ

2010年代的・擬人化猫漫画!『師走さんちの墨たんは猫である。』

『うさぎのーと』の師走冬子氏が2010年代の飼い猫事情を描く!
擬人化猫漫画『師走さんちの墨たんは猫である。』が10月13日より発売中です!

「墨たん」は師走先生が飼っている元・捨て猫の黒猫(♀)です。
甘えん坊で気まぐれ、構ってもらえないと怒るし、構いすぎても噛みついてくる、いたってノーマルな猫です。
他の猫とちょっと違うところは、あまり寝ない事と、水をよく飲むこと、くしゃみを怖がることなど。

そんな墨たんと師走先生の日常が、「墨たん=黒ロリ猫耳少女」という擬人化で描かれます。

※ ※ ※

2015年に発売された『墨たんですよ!』の続編にあたる作品みたいですね。
『墨たんですよ!』の時の墨たんは1歳~2歳だったのですが、本作『師走さんち~』では成長して(後半の20話では)4歳になっています。

子供の頃よりは少しは寝るようになっていたり、体重がやや増えたりと、色々変化も出てきているみたいです。

※ ※ ※

本作、『綿の国星』・・・というより『サヴァ』の方が妥当かな?・・・の頃より続く、「飼い主視点から猫を擬人化して描く」正統派の猫擬人化・猫耳漫画です。
サバの夏が来た (白泉社文庫)
大島 弓子
白泉社
2000-06-01


近年、「ペットの猫が猫耳人間になっている世界」として猫を擬人化する作品はそれなりに見かけるのですが(『にゃんこデイズ』『ぬこづけ!』など)、意外と本作のようなリアル猫を猫耳娘に擬人化して描く猫エッセイは少ないです。

ここ数年、本作以外でこの形式で描かれた作品は『ねこぐるい美奈子さん』くらいだと思う・・・(ただ、『ねこぐるい』は別の意味で違う感じがする)


『綿の国星』からの伝統で、「猫の毛並みをドレスとして表現する」という手法は本作でも使われています。
夏毛になると、漫画の墨たんの服装も半袖夏服になったり。
photo_1097
















『師走さんちの墨たんは猫である。』P57(師走冬子/ぶんか社)


1970~80年代に描かれた『綿の国星』と比較しながら読むと、けっこう猫の飼い方事情が変化していて面白いです。リアル猫好きの人、猫飼いの人にオススメの一冊ですね!



萌え ブログランキングへ

小型獣の強さを認識させてくれる作品。『キリングバイツ』8巻

地上最強の小型哺乳類ラーテルの獣人娘・瞳が闘ったあの「獣獄刹(デストロイヤル)」から二年・・・。
獣化手術が合法化され、「牙闘(キリングバイツ)」がスポーツエンターテインメントになった世界。

媚戌(ビーグル)の獣人、戌井純(いぬいぴゅあ)は牙闘のチャンピオンになることを目指して獣人特区にやってきました。

彼女は特区での最初の対戦相手、牙魔猫(タスマニアデビル)の黒居佑(くろいたすく)と妙に仲良くなり、二人で牙闘のより深い世界へと足を踏み入れることになりますが・・・。

ついに来年のアニメ化も決定した獣人バトル漫画『キリングバイツ』、最新8巻が10月5日より発売中です!

ラーテルの強さに憧れを抱く、冷静な喧嘩屋の不良娘・佑と、チャンピオンになるという一心だけで無計画に世の中を渡り歩く、天然・・・というよりある意味野生的な純。

凸凹というより凸凸な感じの嚙み合わないコンビですが、意外とまんざらでもなさそうな関係になっているのは、犬と猫の関係を模していると説明されて納得。
登場する獣人たちの色々な性質・関係を、徹底的に本物の動物の性質・関係で説明していくのは相変わらず流石です。

今回、純は狼の獣人と闘うことになりますが、犬が(戦闘力的には上位種である)狼に実際にどのように立ち向かっていくものかが丁寧に描写されていて非常に面白い。

本作、ラーテル、タスマニアデビル、ビーグル(猟犬)といった比較的小型の獣(でも攻撃力は高い)を味方側、ライオンや虎、狼といったいかにも強そうな猛獣を敵側にして、毎回、小型獣が猛獣に打ち勝つカタルシスを存分に描いているところが本当に巧みだと思いますよ。
記事検索