ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

けもフレとは異なる道をゆく、もう一つの擬人化動物園!『けもっ娘ど~ぶつえん!』2巻

オスばかりに不幸が続いて、メスばかりが残ってしまった動物園。
園長さんによる謎の研究によって日が沈むと人間の姿に変身するようになった動物のメスたちは、オスを求めて人間(男)の飼育員に襲い掛かります!

動物ガールと健全に(!)コミュニケートする、かなりえっちぃケモミミ漫画『けもっ娘ど~ぶつえん!』の2巻目が5月19日より発売中です!

とある地方にある「極楽島動物園」は、オスばかりに不幸が続いて動物が激減してしまったため、お客さんも減少し、存亡の危機に陥っていました。

そんな中、園長の怪しい研究が功(?)を奏して、夜になると動物たちは人間の女の子の姿に変身できるようになりました!

当初は女の子になった動物たちが動物園にいる数少ないオス・・・飼育員の種田君を頻繁に襲っていましたが、最近は逆に種田君が女の子をたぶらかしているとして彼を敵視するけもっ娘も出始めて、なんだかんだで種田君は苦労することになるのですが・・・・。

※ ※ ※

本作の帯が『けものフレンズ』を思わせるものになっているんですが、まさかこの作品よりも『けもフレ』の方が有名になって、その宣伝効果を利用するようになるとは1巻の時点(昨年11月)には思いもよらなかった事態です、、、

もともと2015年くらいから、本作も含めた動物擬人化作品が流行り始めていたので(例:『キリングバイツ』『DNAは教えてくれない』)、その中で頭一つとびぬけたのが『けもフレ』ということなんでしょうね。

『キリングバイツ』が動物の戦闘能力、『DNAは教えてくれない』が動物のコミュニケーション方法、『けものフレンズ』が(子供向けになることも意識した)動物全般のウンチクを中心に擬人化しているところで、本作は(大人向けの)動物の恋愛や性に関わるウンチクを中心にかなりえっちぃ漫画に仕上げている点が特徴です。

登場する主なケモミミ娘は次のとおり。
●母性あふれる砂漠の女神、ラクダのファティマ。
●家族が欲しくて脱走する!フェネックのフェネ。
●メスだけどメスのハーレムを作る!ブチハイエナの女王様・ブチ。
●初めての発情期に戸惑うアナウサギのイナバ。
●超恥ずかしがり屋のトナカイのコメット。
●種田君に恋するハシブトカラスのクロ。
●動物園のために搾乳を頑張りたいホルスタインの育美。

個人的にはフェネが狐というより犬っぽくてカワユイのと、『お父さんココに穴掘ろう!穴!』という、けもフレのフェネックにはなかった穴堀りネタが出てくるのが良かったかな~

ちなみに全員、けもフレでも登場する動物なので、吉崎観音デザインと比較してみると面白いかも。

※ ※ ※

下のコマは種田君に対してかなり反発しているアナウサギのイナバが抵抗するシーンですが、彼女のウサ耳の描き方には特徴があります。両耳の根元の間隔がかなり狭い。
photo_1033







『けもっ娘ど~ぶつえん!』2巻P73(めぷちん☆/秋田書店)











このタイプのウサ耳の描き方は2010年ごろから時々見かけるようになったもので、他の漫画では『らびっとアリス』の兎アリスがこのタイプのウサ耳を持っています。



確かにこのタイプのウサ耳はウサギっ娘がより本物のウサギっぽいフォルムになるので、工夫されている感じがします。
誰が最初に描き始めたのかが気になるデザインです。



萌え ブログランキングへ

猫っぽい盗賊の系譜。『勇者のパーティで、僕だけ二軍!?』2巻

せっかく勇者パーティに入ることができたのに、二軍の「雑用係」として不本意な日々を送っている少年。
パーティの資金難で再び一軍になれるかもしれない機会が訪れ、魔王討伐もそっちのけで、パーティー内での一軍争奪戦が始まるのですが、、、

『勇者のパーティで、僕だけ二軍!?』の2巻目が5月20日より発売中です!

人類で唯一の「勇者」と、その仲間たち。

おっとりしたビキニアーマー剣士のサラ。
自称天才のポンコツ魔法使いルミナ。
派手な女の子だけど実は男性が苦手な僧侶アビゲイル。
不思議な性格で行動も不思議な小柄な盗賊娘ファナ。
そして、勇者に憧れてパーティーに入ったのに、戦闘には出してもらえない二軍の雑用係の少年ロキ。

ロキは魔王の眷属と戦って名声を得ることを夢見ていましたが、実のところ「勇者」がかなり酷い性格でロキの希望をかえりみないばかりか、超人的な戦闘力を持つがゆえにそもそも仲間と協力して戦う、ということ自体に価値を見出していないようでした。

パーティーのメンバーを入れ替えることにも頓着しない勇者は、酒と女と博打に無駄につぎ込んで無くなってしまったラムダ王国からの魔王討伐資金十万ゴールドを補てんするために、「先に一万ゴールドを稼いだ奴から、一軍にしてやる」と言い出します。

こうしてパーティーメンバー全員による、手段を選ばない金稼ぎレースが始まるのですが、、、

※ ※ ※

世界観はファンタジーなのですが、内容は「あんまり活動熱心でない部活モノ」といった印象を受けます。
ロキはいわばレギュラーのスター選手である「勇者」に複雑な感情を抱いていますが、なんだかんだで雑用を通してパーティー女の子たちと仲良くしていて、それはそれで良いんじゃないかとも思ったり。

※ ※ ※

盗賊のファナが猫耳フード着用の恰好で描かれています。
狭いところがやたら好きだったり、ロキが座っている膝の上にやたら乗ってきたり、言葉少ななしゃべり方も含め、性格・仕草ともにかなり猫っぽいキャラです。

過去に「泥棒猫イメージからのネコミミ盗賊」という点については『振リ返リマセン勝ツマデハ』『金色の文字使い外伝』の記事に色々書きました。
近年ときどき見かける「猫っぽい恰好をした盗賊」というのは『ディスガイア2』で原田たけひと氏がデザインした盗賊っ娘が原点ではないかと考察していますが、もっと遡ると『キャットウーマン』も候補に入ってくるかもしれませんね。

最近、猫を「泥棒」として解釈する文化は限定されているかもしれない? という知見を得たところなので、猫っぽい盗賊キャラについてはもっと追及してみたいところ。



萌え ブログランキングへ

フェンリルは氷属性らしい。『氷使いは栄光の夢を見る』

氷属性の術を極めすぎて、人ならぬ魔王として封印されてしまった氷使い。
400年後、封印から目覚めた氷使いは、世界から氷属性の術がすっかり失われてしまっている様を目にします。

紆余曲折あって少年の姿に戻った氷使いは、戦術を教える「学園」で400年間のうちに発達した魔法技術を学習・吸収する過程で、妖しい力を使う学生に因縁を付けられることになるのですが・・・。

烏丸鳥丸氏の属性シリーズ第三弾! 『氷使いは栄光の夢を見る』が5月20日より発売中です!

氷属性最強の術師・・・「氷霜の魔王アバランシュ」ことジエロ・アバランシュは400年もの長い封印からついに目覚めました。

彼の封印を解いたのは炎属性の勇者サンライトの子孫。サンライトはジエロを封印した張本人でもあります。
サンライトおよびサンライトの子孫はジエロの本質が悪ではないと考えており、ジエロをサンライトが設立した学園に招くために、封印を解きにやってきたのでした。

力を求めすぎて進む道を誤ったことを自分でも後悔していたジエロは、魔法薬をつかって少年の姿に戻り、あらためて普通の学生としての人生を歩むことになります。

学生に戻った彼が見たのは、400年の技術の発展により指輪サイズにまで小型化・簡略化された様々な魔導具(アーツ)と、世界の氷属性の術がすっかり衰退してしまっている状況。
氷属性の術は魔王となったジエロの悪名のせいで、研究が禁じられていたのでした。

この時代には珍しい氷属性を持つ狼娘フェンリル・ニブルヘイムに、どういうわけか熱い好意を寄せられるようになったジエロですが、彼女の好意はそれなりに受け流して、400年の間に生み出された新たな技術の吸収に集中します。
そんななかで、この時代のどの属性にも属さない妖しい力を使う少年・シャクヤクに因縁をつけられることになるのですが、、、

※ ※ ※

表紙にもなっているフェンリルは狼っ娘ですが、やたら騒がしかったりジエロに構ってオーラを出しているところは、なんとなく犬っぽい感じです。

彼女の名前からして北欧神話のフェンリルが由来だと思うのですが、なぜかフェンリルは(神話上氷に関係する要素は無いはずなのに)氷属性にされていることが多いです。
某大百科では『ヴァルキリープロファイル』のせいとなっているのですが、『真・女神転生』シリーズでもフェンリルは氷属性扱いなので(デビサマとペルソナは違う)、氷っぽいイメージがある魔物といえそうですね。

フェンリルの擬人化は漫画・小説・アプリゲーと最近かなり多く事例がありますので、各作者がどういう風に解釈して擬人化しているかを一度まとめてみたいところ。



萌え ブログランキングへ
記事検索