ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

人外少女と人間少女は真剣なお付き合いを・・・。『デミライフ!』2巻

「デミ」と呼ばれる、超自然の力が顕現した魔獣・魔物の一種が人間社会に混じって暮らしている世界。
デミの女の子ばかりが通う学園に入学した人間の少女は、とあるデミの少女にこれまでにない感情を持ってしまいますが・・・!

人外と人間、少女同士の淡い恋を描く『デミライフ!』。
完結編2巻が9月15日より発売中です!

広大な山野に築かれた「デミ」と人間の共学校「私立上州学園」に入学した少女・東愛香(あずままなか)。

女子寮「いなり寮」に入ることになった愛香は、その寮の生徒が自分以外みんな「デミ」であることに気づきます!

犬のような耳と尻尾の生えたちまっこい狼っ子「月見麻耶」。
料理上手だし物腰も柔らかだけど、とにかく近くにいると寒い雪女「水上雪枝」。
ツンツンして人当たりは悪いけれど実は寂しがり屋の人魚「瀬戸あゆね」。
ナルシストが過ぎてかなり変な雰囲気になっている吸血鬼の先輩「浦堂栞」。
そして、寮母さんである妖狐の「万座陽子」。

みんな一癖も二癖もある女の子ばかりでしたが、もともと人当たりの良い愛香はあっさり仲良くなります。

そして・・・だいぶ学園生活にも慣れてきた頃、愛香は雪枝に単なる友情とは違う、強い感情を抱いていることに気づきますが・・・。

※ ※ ※

1巻はまだ女の子同士の緩いスキンシップといった雰囲気が強かったのですが、2巻は愛香と雪枝の間の感情が強くなったことで、他の女の子たちとの関係も大きく変化していきます。

これまで妹・・・というか愛玩動物的に見てきた人見知りな狼っ子の麻耶とも、少しドキッとするような場面が。
photo_1081












『デミライフ!』2巻P63(黄井ぴかち/一迅社)


満月の夜に人格が変化し、やたら積極的な「麻由」の人格になった麻耶。
麻由が愛香にキスする!のかと思ったら、鼻と鼻をちょんと合わせてコミュニケーションをとっただけなのでした。

最近、ケモミミ漫画で時々見かけるのがこのような「お互いの鼻と鼻を合わせる」仕草。
『群れなせ!シートン学園』でも、猫娘クルミが鼻を合わせる仕草をしていました。
photo_1085














『群れなせ!シートン学園』1巻P133(山下文吾/Cygames)


「鼻合わせ」は犬科も猫科も行うようですが、こういう描写は少なくとも2~3年前のケモミミ漫画では見られませんでした。
おそらく、実際の動物をよく観察した上でケモミミキャラを描く作者が多くなったので、こういう本物の犬猫っぽい仕草が出てくるようになったのだと思います。



萌え ブログランキングへ

馬耳&狐耳アニメの感想~『セントールの悩み』第11話/『縁結びの妖狐ちゃん』第12話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。

●『セントールの悩み』第11話
花の名前は……は人の数だけあるんだよ、ってきっと嘘!
・美しさは人の数だけあるんだよ、広義で言えばきっと本当?

今回は御魂家の三つ子がよく出てきます。
尻尾を持つ種族の服装事情がよく分かる、原作第57話のエピソードもあり。

スカートやズボンの尻尾を通す穴に「隠し布」が必要、という話は当時読んだとき「なるほどー」と唸らされた記憶があります。この話が獣耳描き界隈に少しばかりの影響を与えた感はありますね(獣耳キャラの服の構造をよく考えて描く人が増えた)。

三つ子のちーちゃんは原作でも「にゃっ」とか言ったりしてもともと猫っぽいのですが、アニメでは四つん這いで「にゃーっ」て鳴き真似をしていたりして、より猫っぽくなってます。
可愛い。

※ ※ ※





※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第12話 南国の姫

「王権篇」6話目~
ヤヤの小さい頃が出てきた。東方月初と同じ時代を生きていたんだね。
この頃はやっぱり普通に喋ってたんだなあ。
強い妖怪になるとテレパシー(?)で会話する、というのは面白い表現だと思います。

ヤヤは小さい頃と結構雰囲気が変わっている(というより、大人になって落ち着いた)けど、ロロは昔からあまり変わってない様子。

あとは前世のスース?っぽいお姉さん狐が何者かという謎に少しヒントがでてきましたが、まだまだ分からないことが多いですね。
次回予告を見る限り、小さい頃のヤヤの話がまだ続くみたいなので愉しみにしています。

※ ※ ※

ヤヤが白月初と戦うシーンにて、「出している尾の本数が、九尾狐が実力を何%発揮しているかのバロメーターになっている」表現が出てきますが、この表現を漫画・アニメで初めてやったのって何の作品なのかなあ。

近年だと『戦国妖狐』(2007~2016年)、古い所だと『真・女神転生if』(1994年)のチェフェイが思い浮かぶのですが、まだ前にありそうな気がする。



萌え ブログランキングへ

「私は尻尾を洗わないといけないもの。」(by狼娘)『狼と羊皮紙』3巻

傑作獣耳小説『狼と香辛料』の新シリーズ!

賢狼ホロの娘・ミューリと、成長した聖職者見習いコルの新たな旅を描く『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙』3巻目が9月8日より発売中です!

本格的に聖職者になることを目指して、「狼と香辛料亭」のある温泉地ニョッヒラを旅立った青年コル。
厳しい自己研鑽の旅のはずだったのですが、どういうわけかホロとロレンスの娘、齢十そこそこの半狼の娘ミューリがついてきました。
親にも言わずに勝手に家出してきたのかと思えば、どうやら母親ホロの公認の様子。

「兄様(コル)のお嫁さんになる」と本気で言い寄ってくるミューリに、聖職者志望(※妻帯できない)のコルは常々頭を抱えています。

そんなコルとミューリの小さな関係をよそに、世界は今、教会の課す「十分の一税」の是非を巡って、教皇庁と島国ウィンフィール王国が対立している真っただ中。

ウィンフィール王国の王族ハイランドの正義を信じて王国に味方することにしたコルは、前回の旅で北の島嶼地域の「海賊」たちの協力をとりつけることに成功しました。

船で帰路についたコルとミューリは、突然の嵐に巻き込まれ、予定にはなかったウィンフィール王国北部の港町デザレフに寄港します。

教皇庁から「聖務停止」の命が出されたことで教会が機能しなくなり、日々の聖別や結婚式・葬式ができなくなっている港町デザレフの現状を見たコルは、少しでも人々の役に立てばと(いわばもぐりの)聖職者行為を始めるのですが・・・。

そうやって町の事情に深入りしてしまったコルに、とある人物がアプローチしてくるのでした、、、

※ ※ ※

今回は『狼と香辛料』っぽい商売に関するトリックが中心に話が推移していきます。

そしてついに、大航海時代の始まりのような話が出てきました。
大洋の果てにある陸地まで航海する、というのは、この世界の普通の人々からするとまだ荒唐無稽な話のようですが、決して不可能ではないかもしれないところまで技術・文化が成熟しつつある世界の雰囲気が強く感じられて、これぞファンタジー!というかロマンあふれる話になっていて、本当に読んでいて面白いです。

※ ※ ※

狼娘のミューリは、相変わらずよく食べてます。
前回は魚料理ばかりだったので、今回は肉をめちゃくちゃ食べてます。本当に美味しそう。

このシリーズ、食物・飲物を美味しそうに描くのが巧いんですよね。(『狼の香辛料』のアニメ版も、そこらの料理アニメに負けないくらいに美味しそうな食べ物を見せるのにこだわっていた感があります)

それ以外では、これもこのシリーズ恒例になっている湯浴みシーンが出てきます。
ミューリが尻尾を洗いにくそうにしているのが可笑しかったり。

漫画『もののけ☆しぇありんぐ』でも、妖狐のよーこが尻尾の手入れをするのに非常にやりにくそうな姿勢になっていたりしましたが、狼や狐みたいなフサフサ尻尾をもつケモミミ娘にとって、「自分で」尻尾を手入れする、という事は永遠の課題なのかもしれません。
記事検索